キャバクラやガールズバーで働く女性は、どうすれば男性客に好かれるトークができるか、悩んでいる方も少なくないでしょう。

男性客と話すのが苦手だったり、なんとなく話せるけれども、固定客につながらない、初回だけで終わってしまう、どうすれば継続客に持っていけるのかわからない、と思う女性も少なくないはずです。

そこで今回は、キャバクラやガールズバーなどの接客で使えるトーク術(話術)を紹介していきましょう。

これからの接客にぜひとも役立ててみると良いでしょう。

トークは無理やり、こちらからしなくても良い

トークは無理やりしなくても良い

まず、女性スタッフは無理やり盛り上げたり、トークするのは、必ずしも必要あります。

無理に、男性客を盛り上げようとトークをすればするほど、空回りしてしまいます。

無理に盛り上げようとしなくても、酔っ払いの男性客が盛り上げてくれるので、こちらが頑張る必要はないのです。

無理をすればするほど、逆に気まずい空気になってしまう可能性があります。

やはり自然体で接する方が、相手もリラックスできるので、なるべく力を入れずに、相手の流れに任せるくらいでいると良いです。

だいたい、酔っ払いの男性客が勝手に話し始めるので、こちらは相手の会話に合わせるだけで全く問題ないです。

話を聞くというスタンスも、とても大事です。

こちらが無理に盛り上げようとしても、男性客が楽しめるわけではありません。

無理にこちらから話すのでなく、聞いてあげることが大事

男性客に楽しんでもらうには、こちらから無理に盛り上げようとするのではなく、男性客の話を聞いてあげることが大事なのです。

キャバクラやガールズバーに来る男性客は、女性と話がしたい、もしくは女性に話を聞いてもらいたくて来ている男性も多いです。

世の中を見ても、相手の話をしっかり聞いてあげられるほど、精神的にも余裕のあるひとは、なかなかいません。

だからこそ、相手の話を親身になって聞いてあげるだけで、喜んでもらえたりするのです。

なので、あなたが強引に盛り上げようとはせず、ただ男性の話を聞いてあげることに意識を傾けることです。

お店で良いトークができる女性は、総じて聞き上手であるひとが多いです。

お客さんと良好な関係を築くには、「相手が何を話したいのか」注意深く耳を傾けてみることです。

相手の自慢話も喜んで聞いてあげる

酔っ払いの男性客は、たわいもない自慢話をしたがるかもしれません。

しかし、大したことない自慢話だからといって、煙たがるのではなく、喜んで聞いてあげることです。

普段は、なかなか自慢話ができないひとほど、女性相手に自慢話ができることが嬉しいのです。

大したことない自慢話でも、聞いてあげることで、相手の自尊心も保たれます。

すると、相手の男性客も楽しい気分になって、どんどんお酒が進んだりするので、たわいもない自慢話も聞いてあげることです。

適度に相槌を打つことも大事

適度に相槌を打つことも大事

男性客が気持ち良く話せるようになるためには、適度に相槌を打ってあげることも大事です。

男性客が気持ち良く話していても、あなたが無表情でいると、男性客も楽しくないでしょう。

相手を盛り上げるためにも、相手が話している内容に合わせて、適度に相槌を打ってあげることです。

相槌のタイミングも大切

また、相槌に関しても、何でもかんでも適当に相槌していれば良いわけではありません。

いい加減に相槌しても、男性客は「あなたに話を聞いてもらえていない」と思うかもしれません。

相槌のタイミング次第で、会話にもリズムが生まれるので、程よいタイミングが大切です。

適度にリアクションをする

適度にリアクションをする

また、適度にリアクションをしてあげることも大事です。

男性客が気持ち良く自慢話をしているときは、ときには大袈裟に驚いてあげる、または褒めてあげると、男性客も喜びます。

あまり大袈裟過ぎるとわざとらしいので、怪しく見えない程度にリアクションをすることです。

相手が喜ぶようなリアクションを取ってあげるのも、楽しませるコツです。

男性客が言うことに対して、あまり否定をしない

また、男性客が意にそぐわないことを言ったとしても、あまり否定しないことです。

あなたが、男性客の考えを否定してしまうと、男性客は怒ってしまう可能性もあります。

男性客に楽しんでもらうためにも、たとえ考えが合わないようなことを言われても、過度に否定しないことです。

話題は男性客に任せる

お店に来る男性客は、酔っ払って大抵男性から話し始めるので、話す話題は男性客に任せておけば良いでしょう。

なので、あまりこちらが話題を決める必要はなく、男性客に楽しくお話をさせておけば良いです。

お酒が回ると、大抵の男性客は楽しそうに話し始めます。

ひとは、酔っぱらうと饒舌になるものです。

男性客は単に自分の話を聞いて欲しいだけかもしれません。

どれだけ仕事で頑張ったか、どれだけ自分は偉いのか、特別な人間なのかを、男性は誇りたがります。

そういうとりとめのない話しでも、うなずき聞いてあげるだけで、男性客に喜んでもらえます。

お店に来る男性客の多くは、もめられたいので、ちょっとしたことでも、褒めてあげると喜びます。

たとえ、褒めるようなところが無さそうなひとでも、なるべく良い面を見て、褒めてあげると良いでしょう、

浅く広く知識をつけておく

男性客の中には、政治やビジネスの話が好きなひともいれば、スポーツの話が好きだったり、趣味の話をしたいひともいます。

様々なお客さんがやってくるので、ある程度接客対応できるように、浅く広く知識を身につけておくことです。

銀座のクラブで働く女性は、毎日経済新聞など読んで、知識を頭に入れているひとがいるほどです。

すべてのジャンルを網羅するのは大変なので、浅く広く知識を得ると良いでしょう。

トークが苦手な男性客には質問してあげよう

トークが苦手な男性客には質問してあげよう

男性客の中には、トークするのが下手なひとや、シャイなひともいます。

そのような男性客に対しては、こちらから質問してあげることです。

仕事は何をしているのか、好きな女性のタイプはどんな女性か、休日は何をしているのか、など口下手な男性でも話したくなるような話題を、提供してあげると良いです。

そうすると、自然と男性客から話を始めることがあります。

無理に盛り上げるのではなく、どうすれば男性客が話しやすくなるかを考えて、話題を提供してあげると良いです。

なかなか話し始めないときは、話題を提供してあげると、男性客から話を始めるものです。

第一、女性と何も話したくない男性が、わざわざお店には来ないはずです。

何かしら女性とお酒を交えて、話しをしたいからこそ、お店に来るものです。

会話が苦手な男性は、どんなことが好きか、どんな内容が話しやすいのか、よく見て接客してみることです。

男性客が乗ってきたら、興味を引いている会話で展開していくと、喜んで話し始めたりします。

どのような男性客にもツボというものが、あるものです。

その男性客の会話のツボがどこにあるのか、よく観察してみることです。

また、会話が苦手な男性客は、一度楽しい時間を過ごすと、話題を振ってくれたあなたに好意を抱き、また来店してくれる可能性が高いのです。

水商売でトーク術に長けている女性は、相手のツボを押さえるのがうまいひとが多いです。

それはよく観察していないと、なかなかできないことです。

お酒を交えつつ、どうしたら相手の男性客が喜ぶのか、よく観察することが大事です。

こちらから話すのではなく、相手に喋らせる

こちらから話すのではなく、相手に喋らせる

水商売での接客トーク術は、まさにするのでなく、させるものです。

こちらから一方的に話すのでなく、男性客が話し始めるように、仕向けることが大切です。

大切なことは、こちらから好き勝手に話すのでなく、男性に喋らせることです。

自分の話ができる、話を聞いてくれる環境は、話し手にとって心地よいものです。

接客がうまいひとは、お客さんの話しを引き出すのがうまいひとが多いです。

こちらから無理して話しかける必要はなく、相手が話しやすいと思える環境作りが大切なのです。

相手が楽しくなる雰囲気作りが、なにより大切です。

男性客に興味を持つことが大切

男性客に興味を持つことが大切

来店してくるお客さんの中には、生理的に受け付けない、プライベートだったら話したくないような男性が来ることもあるかもしれません。

しかし、接客の仕事である以上は、お店に来てくれる以上は、どのような男性客でも接客する必要があります。

たとえ、苦手そうな男性でも、その男性に興味を持ってみることです。

相手の良いところを探してみることで、どのような相手に対しても接客できるはずです。

また、どうしても対応が難しい場合は、お店にヘルプしてもらうのも一つの方法ですが、様々なお客に対応することで、あなたの売り上げにもつながるのです。

それに、女性から好意を持たれることを嫌がる男性は、ほとんどいないはずです。

あなたが相手に好意を示すことで、相手の男性客も喜んでくれます。

相手の良さを見つけて、会話を広げていくことは、男性客に楽しい時間を提供するためにも、大切なことです。

男性客の立場で考えられているか

あなたは、男性客のことを、「ただの金づる」と考えていないでしょうか。

そういう気持ちで接していると、男性客にも気づかれるものです。

良いサービスというのは、本当に相手の立場で考えて接客することです。

自分本位に考えては、なかなかあなたに固定客はつかないでしょう。

ひとは、自分にとってメリットや喜びなどが得られないと、なかなか相手にしてくれないものです。

男性客に喜んでもらえるためにも、相手の立場で考えて、接客することが大事です。

男性客に「特別感」を与える

人気な女性スタッフは、男性客に疑似恋愛を体験させるテクニックを使うことがあります。

男性客は、数多くいる他の男性客とは違う、自分だけの「特別感」を味わいたいのです。

数多くいるお客の中でも、「自分のことを特別に扱ってくれている」と男性客が感じたら、きっとまた指名してくれるはずです。

これは「肉体関係を持て」というわけではありません。

男性客に喜ばれるような接客、あなたに好意を抱くような接客を心がけるということです。

男性は、優越感に浸るのが好きだったりします。

「特別な存在である」というような接客が出来れば、男性客も喜び、また来てくれる可能性は十分にあります。

水商売の接客は、トーク力ことが大切!

水商売の接客は、トーク力ことが大切!

以上のように、水商売で仕事をする際は、トーク力がとても重要です。

また、トーク力とは、自ら好き勝手に話すのではなく、相手に話させる雰囲気を作ることです。

自然と相手があなたと話したくなる雰囲気を作れるようになれば、あなたにはトーク力が身に付き始めた頃かもしれません。

何度も言うように、大切なのは、相手の立場で考えた接客です。

トーク力を磨くために参考となる教材

上記の教材は、水商売の接客でも役立つと思います。

「お客さんと何を話せば良いかわからない」という方にもおすすめなので、興味あればぜひチェックしてみると良いです。

接客では、いかに相手に楽しんでもらうか、喜んでもらうかこそが大切です。

相手のことを考えながら仕事をすれば、きっと良い接客ができるはずです。