副業大時代到来!

スキルもカネもコネもないなら、ライターで稼ぐのがオススメです。

そこで今回は、副業ライターにオススメの稼げるサイトをご紹介します!

副業でお金を稼ぐならばライターの仕事がいい!

副業ライターとして稼ぐ

ライターは、決められたテーマに沿う記事を書いて、報酬を稼ぎます。

決して難しい仕事ではなく、普通の主婦でもライターでお金を稼いでいます。

例えば、料理や育児、旅行など、普通のひとでも書きやすいテーマの記事も多いのです。

無職ニートでも月40万円稼げる!

ライター業は、仕事をこなせばこなすほど、稼げます。

実際に、ひきこもり無職のニートでも、ライティングで月40万円以上稼ぐこともあるのです!

ライター業は、誰でも未経験からでも、稼ぐことができる。

ライティングは、資格も経験も年齢も関係ありません。

誰でも仕事を始めれば、稼ぐことができるのです。

初心者でも稼げるオススメサイト!

初心者でも稼げるオススメサイト!

世の中には、ライター向けのサイトがあります。

このようなサイトでは、無名の個人でも、企業からライティングの仕事をもらい、稼ぐことができるのです。

では、どのようなサイトが稼げるのか?

下記では、これからライティング業を始める方でも簡単に稼げるオススメのサイトをご紹介します!

クラウドワークス

「クラウドワークス」

まずご紹介したいのが、クラウドワークスです。

クラウドワークスには、かなり多くのライティング案件がある、日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイトです。

登録社数は110,000社を超え、お仕事依頼は総額400億円超えており、ライティング案件だけでも2,000件以上あるので、稼ぎたいライターにオススメのサイトです。

さらに、月間報酬額や満足度など、一定の条件を満たせば「プロクラウドワーカー」に認定され、さらに高単価の仕事を請け負うことも可能です。

「クラウドワークス」の公式サイトはこちらになります。クラウドワークス

「クラウドワークス」「クラウドワークス」

ランサーズ

ランサーズ

ランサーズも、クラウドワークス並みにライティング案件のある、国内トップクラスの大手サイトになります。

ランサーズにも、多くの企業が集まっており、案件によっては、複数人のライターを募集しているものもあります。

なので、これからライティングで稼ぎたい初心者の方にも、稼ぎやすいサイトなのです。


「ランサーズ」の公式サイトはこちらになります。


クラウドソーシング「ランサーズ」

Craudia(クラウディア)

Craudia(クラウディア)

Craudia(クラウディア)は、登録ID数25万人を超える、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。

このサイトは、受注者(ワーカー)・発注者(クライアント)共にシステム手数料は業界最安値なので、こちらも注目してみるといいでしょう。

「Craudiaクラウディア」の公式サイトはこちらになります。

「Craudiaクラウディア」「Craudiaクラウディア」

Another works

Another works

Another worksの大きな特徴は、企業と個人との直接契約で、仲介サービスへのマージンがないので、報酬の目減りがなく、自由に条件面を企業と調整できます。

手数料がなく、稼ぎたい方は、ぜひAnother worksで案件を探して見ましょう!

Another worksの公式サイトはこちらになります。Another works

ココナラ

「ココナラ」

ココナラは、あなたの様々な知識やスキルを売り買いできるオンラインマーケットになります。

会員数70万人以上、取引件数200万件突破、価格は500円~700,000円まで、と「ココナラ」でも多くの仕事が得られ、稼げるチャンスがあります。

ココナラは、企業以外にも個人の方が仕事を依頼することも多いです。

なので、個人間でのよりフレキシブルな契約、案件がもらえるのも、ココナラの大きな特徴です。

「ココナラ」の公式サイトはこちらになります。「ココナラ」

「ココナラ」「ココナラ」

ライティング業は自宅でも稼げる!

ライティング業は自宅でも稼げる!

以上のように、副業ライター向けの初心者でも稼げるオススメのサイトを紹介しました。

ライティングで稼ぎたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

そして、ライターの仕事の良いところは、パソコンさえあれば、自宅で仕事ができるため、本業で忙しい方でも最適な副業なのでうs。

しかも、スキルも経験も一切不要で、全くのゼロからでも稼ぐことができます。

ライティング業は、誰にでも稼ぐチャンスがある。

つまり、誰にでもチャンスがあるわけです。

弁護士もライティング業で稼いでいる!

弁護士もライティング業で稼いでいる!

ライティング業は頑張り次第で結構稼げるので、実はライターとして稼いでいる弁護士も少なくありません。

特に、法律関連の記事作成依頼は案件多く、文字単価10円以上稼げることもある(1,000文字で1万円)ので、高収入の弁護士でさえもライティング業に力を入れるほどなのです。

実際、ライター業を専業にする元弁護士もいます。

実績を積めば、文字単価は上がっていく

ライター業を始めたばかりの頃は、実績も経験もないので、どうしても文字単価は低くなりがちです。

しかし、仕事をこなし、実績と信頼関係を築いていけば、高単価の案件も獲得できるようになります。

ですから、最初は単価の低い案件でも、真面目に取り組み、経験を積み上げていくことです。

意外と安い仕事でも淡々とこなせるひとは多くありません。

納期を守り、正確な仕事をしていくことで、ライター業で稼げるようになっていきます。

ある程度関係が築けた上で価格交渉しよう!

ライター業で稼ぐには、クライアントとの価格交渉も有効です。

文字単価が1円上がるだけでも、1,000文字書いたら、1,000円も違います。

ただし、何も実績もなく、クライアントとの関係も間もない頃に値上げ交渉をしても、相手から拒否され、信頼も仕事もなくなってしまうだけです。

もし、値段交渉をするならば、まず実績を積み、信頼と関係性を構築してからです。

高単価欲しさに、安易に価格交渉するのはやめましょう。

良い記事とは何か?

ライティング - 良い記事とは

ライティング業で稼ぐには、良い記事を書き、実績を上げる必要があります。

なぜならば、適当な記事を書いているだけでは、仕事がもらえず、稼げないからです。

あなたが良い記事を書くからこそ、仕事の依頼が増えていき、稼げるのです。

では、良い記事とは何を指すのかですが、極論を言えば、ユーザーに役立つ記事を書くことです。

これは当たり前の話ではありますが、できていないひとが多いのです。

多くのひとは、文字数を稼ぐ(目先のお金を稼ぐ)ことばかりで、中身のない記事を書きがちです。

本当に大切なことは、ユーザー(記事を見るひと)にとって本当に役立つ情報を書くことなのです。

個人の人生経験.考えがライティングに生きる

そう言うと、「そんな役立つ知識は自分にはない」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

なぜなら、人それぞれ様々な経験をしており、その経験が記事作成に活かせるからです。

あなたの経験が良質な記事となる。

世の中のひとは、あなたと全く同じ人生を歩んでいるわけではありません。

あなたが当たり前のように知っていることでも、そのことについて、全く知らないひともたくさんいます。

それが有益な情報にもなり、記事作成にもいかせるのです。

記事作成においては、あなたの経験をうまくアウトプットしていくことが大事なのです。

ライティングは書き続ければ、確実に力がつく

ライティングは続けること

以上のように、ライティングの仕事の紹介をしてきました。

ライティングで大切なことは、書き続けることです。

単価の安い案件でもこなしていけば、確実にライティングスキルも高くなります。

ライティングの力をつけるためにも、継続して仕事を続けていくことです。

そうして、安い単価でも仕事を続けていけば、着実に実績と信頼が得られ、高単価への仕事にも繋がっていきます。

ライティングスキルを上げるためにも勉強が不可欠

そして、ライティングスキルを上げていくためにも、勉強が不可欠です。

何も勉強しないと、いつまでたっても、同じような記事しかかけません。

それでは、本当にニーズに合う記事が書けるわけではありません。

良質な記事を書くためにも、常にライティングスキルを磨き上げていく必要があります。

独立も夢ではない

本当にライティングスキルが身につくと、それこそあなたの記事一つで集客ができ、ものが売れるので、独立も不可能ではありません。

実際、ライターとして独立しているひとはたくさんいます。

ライティングスキルを身につけることで、それこそ人生を変えることも可能です。

なので、ライティングで稼ぎたい方は、ぜひ本気で取り組んでみましょう!