「Webデザイナーは給料が低いのではないか」と思うかもしれませんが、それは会社によって違います。

今現在、給料が安いと感じているWebデザイナーの方も、転職すれば、年収が上がる可能性は、十分にあるのです。

未経験者は年収が低い傾向にある

未経験者は年収が低い傾向にある

Webデザイナーとして働くにしても、やはり未経験者の方が、年収は低い傾向にあります。

まだ、経験を積んでいないので、仕事を覚えていかなければならず、どうしても給料は低めです。

ですから、未経験者のひとは、最初はあまり高い年収は見込めないかもしれません。

逆に、未経験者の方が、高収入のWebデザイナーの仕事を探そうとすると、かなりハードルが高く、なかなか採用されないでしょう。

もし、採用されたとしても、会社が求めるレベルが高く、入社してから苦労することが予想されます。

一度仕事を経験すると、年収も上がりやすい

ただし、一度でもWebデザイナーの仕事を経験すると、次の転職する際は、年収が上がりやすいです。

職務を経験しているので、経験者として見なされ、未経験者のときよりも、年収は上がる傾向にあります。

もちろん、求められるスキルも上がってくるでしょうが、仕事を経験しているので、スキルも自然と上がっているはずです。

今現在、年収が低いと感じているWebデザイナーの方は、転職活動をしてみると、年収がいきなり上がることが少なくありません。

なので、今の会社だけではなく、周りの会社や仕事にも目を向けてみると良いでしょう。

また、これからWebデザイナーの道へ進みたい方は、年収を上げたいならば、まずは未経験から入り、仕事を経験し、その後に転職活動を行ってみることです。

web未経験者でもデザイナーになれるIT業界未経験からwebデザイナーに

ディレクターの方が年収は高め

ディレクターの方が年収は高め

また、年収的には、Webデザイナーよりもディレクターの方が高めです。

制作と顧客のかけ渡しとなるディレクターは、やはり気を配ることも多く、Webデザイナーより収入は高い傾向にあります。

Webデザイナーからディレクターになるひとも多いです。

だいたいディレクターになると、Webデザイナーよりも年収は100万円以上上がることもあります。

ただし、ディレクターになると、Webデザイナーのときよりも、制作する時間はないと思います。

営業的な立場で、お客さんと商談することが多くなるでしょう。

海外のWebデザイナーは、年収高め?

また、Webデザイナーでも、海外の場合は、年収が高いことがあります。

特に欧米だと、年収500万円以上になることもあります。

日本だと年収400万円もいかないWebデザイナーがいるなかで、これはだいぶ高収入と言えるでしょう。

未経験からITg町会で働く未経験からIT業界で働く若者

これからのWebデザイナーは、ただデザインできるだけではダメ?

Webデザイナーは、決して年収は高くないかもしれませんが、やはり自分のアイディアでデザインができることに魅力を感じ、Webデザイナーになりたいひとも少なくありません。

昔よりもWebデザイナーの仕事をするひとは、増えているでしょう。

なので、これからの時代は、Webデザイナーの方は、ただデザインするだけでは、周りのWebデザイナーに埋もれてしまうでしょう。

他のWebデザイナーとの違いを出し、需要を得るには、デザインするだけではなく、集客できるサイト制作が必要になります。

今は、Webデザイナーに頼まなくても、無料テンプレートで簡単キレイなサイトは作れます。

Webデザイナーの活躍できる場は、狭まっているかもしれません。

そのような中で、Webデザイナーが活躍するためには、デザインもキレイでありつつ、ユーザーを集められるサイト制作力が求められるでしょう。

いくらデザインがキレイでも、誰かに見てもらわなければ、顧客も喜んではくれないはずです。

デザインだけを追求するのではなく、マーケティングやSEO分野にも力を入れた方が、Webデザイナーとして活躍できる場面は広がっていくでしょう。

Webデザイナーとして生き残りたいのであれば、デザイン以外にも目を向けてみることです。

未経験からITエンジニア無料でITエンジニア研修

フリーランスという道もあるが、なかなか険しい

フリーランスという道もあるが、なかなか険しい

また、Webデザイナーの方は、フリーランスで仕事をする道もあります。

フリーランスとなれば、仕事も選べて、ある程度はあなたのペースで仕事をすることもできるでしょう。

フリーランスの方によっては、年収1千万円以上稼ぐ方もいます。

ただ、フリーランスで生活していくのは、なかなか厳しいこともあります。

なぜならば、仕事がいつまでももらえる保証はなく、また営業や経理なども、すべて自分で行わなければならないため、やることも多く大変です。

基本一人での仕事となるため、モチベーションを維持するのも難しく、ひとによっては大変苦労することもあるでしょう。

フリーランスでやっていくのは、相当な覚悟が必要となるでしょう。

年収を上げるならば、転職がオススメ!

やはり、給料を上げたいならば、Webデザイナーは転職をオススメします。

Webデザイナーの需要はまだまだあるはずです。

他の会社に目を向ければ、良い給料で魅力的な仕事が見つかるかもしれません。

また、これからWebデザイナーを目指すひとも、まず経験を積むことです。

経験を積んでいけば、年収の高い会社に入ることも、不可能ではないはずです。

特に、Webデザイナーの方は、デザイン力を高めるためにも、一つの会社で働き続けるのではなく、様々な会社で仕事をして、いろいろなデザインスキルを身につけていく方が、スキルアップにもつながりますし、年収も上がっていく可能性があります。

Web業界は転職は当たり前なので、今の年収や仕事に物足りなさを感じている方は、他の会社にも目を向けてみると良いでしょう!