USBやSD・microSDカードは、突然データトラブルに見舞われることがあります。

データ故障した際に、どのように対処すれば良いのか、詳しく見ていきましょう。

テキトーにやりくりすると大切なデータを飛ばしてしまう可能性がある

テキトーにやりくりすると大切なデータを飛ばしてしまう可能性がある

やはり注意しなければいけないのは、なんとかしてデータを取り出したくても、乱暴に扱っていたりすると、大切なデータを飛ばしてしまう可能性があることです。

USBやSDカードは、耐久性が弱いので、粗末に扱っているとデータを飛ばしてしまう可能性も高くなります。

なので、データ復旧を自分で行う際も慎重に対処する必要があるでしょう。

様々な症状が出ることも

また、USBやSDカードが壊れていると、様々な症状が出ることがあります。

例えば、うまく読み込めなかったり、データを消しても消えなかったり、初期化もできないということもあります。

このような場合でも、時間を置いたり、差込口を変えたりするとうまく読み込むこともあるのですが、故障している場合も多いです。

USBやSDカードは故障してしまうと自分で復旧するのは困難

USBやSDカードは、特に密封されているので、下手にこじあげたりすると、データを失ってしまう原因にもなります。

ですから、自分で解決しようとせずに、専門家に相談した方が良いでしょう。

個人的におすすめなのは、株式会社ピーシーキッドです。

ここはあらゆる媒体のデータ復旧を専門にしている会社で、無料で初期診断もしてくれます。

USBやSDカードの故障で困っている方は、ぜひ一度相談してみると良いでしょう。