このご時世、少しでも自分の車を高く売ろうと、個人売買をしようとするひとも増えています。

少しでも車を高く売ろうと個人売買も増えてる

車買い替え時に下取りに出すと損をする

やはり、ディーラーや買取業者だと、手数料を取られたりして、高く売れないことがあるので、アプリやサイトで、車の個人売買を行うひとも増えてきているのです。

素人が下手に個人売買するのは危険

しかし、車の個人売買は、素人が下手に手をだすのは危険です。

仮に、個人売買をして車がすぐ故障したり、何かあったときは、クレームの原因になります。

特に車は、ひとの命にも関わるものなので、下手に個人間で車の売買をして、トラブルになり、損害賠償を請求されないとは、必ずしも言えません。

何か問題が起きた時に、トラブルの対応ができないのです。

個人情報が相手に知られるので不安

また、個人間の売買では、相手にあなたの個人情報が知られてしまいます。

そのようなことに、不安を感じるひともいるでしょう。

たとえ、車を売りたいからといって、あまり自分の住所などは、知られたくないものです。

相手が見つからないかもしれない

また、車の個人売買をしても、相手が見つかるとは限りません。

個人売買は、相手に取っても不安があるものです。

特に、場所が遠いと、それだけ見に行くのも大変ですし、交通費も手間もかかるので、なかなか個人売買だからといって、車が売れるわけではないのです。

個人売買しても高く売れるわけではない

また、素人が車を売ろうとしても、どこを点検すれば良いのか、点検ポイントもわからず、車の状態を明確に説明できないので、思うような値段で売れないのです。

車を買いたいひとは、車の状態が気になるわけですから、できるだけ詳細を知った上で、車の購入検討をします。

しっかり点検をしてくれる代行業者を頼む

このように、素人が車の個人売買を行っても、なかなか売れません。

なので、しっかり点検をしてくれる、個人間売買の代行業者に依頼するのが一番です。

そこで、中古車の個人間売買マーケットプレイスの「Ancar」がオススメです。

「Ancar」ならば、全国的に提携している整備工場にて、購入前の無料点検、面倒な名義変更や決済等も、すべて代行で任せることができるので、個人売買の不安を解消することができます。

また、車両と引き換えに保証金が支払われ、販売成功時に追加金を受け取ることができるので、すぐにお金が欲しい方にも最適です。

手数料は売買成約に至った場合のみにしか、発生しません。

個人間売買の煩わしい作業はすべて任せつつ、マージンを抑えて、なるべく高く車を売ることができるので、個人間での車の売買を検討している方は、ぜひ「Ancar」を利用してみると良いでしょう。

「Ancar」の公式サイトは、こちらになります。

「Ancar」「Ancar」