車の買い替えを考えているときに、今の車を下取りに出して売れたお金を新車の購入に充てようと考えている人もいるでしょう。しかし、車の乗り換え時に愛車を下取りに出すかはよく考えた方がいいでしょう。

車の買い替え時に愛車を下取りに出すと損する?

車買い替え時に下取りに出すと損をする

実は車を下取りに出すことは、必ずしも得策とは限らないのです。下取りに出すくらいならば、車を単純に中古車販売店に売ってしまった方がよいケースもあります。

販売ルートが少ないので下取り評価額は低い

なぜかというと、大手自動車メーカーに下取りに出したところで、自動車メーカーはもともと販売ルートが少ないために、売れ残ることも考えられ、下取り評価額は低いのです。例えば、トヨタに日産の自動車を下取りに出しても、日産の中古車がトヨタの中古車店で売れるとは限りません。むしろ、売れない可能性の方が高いでしょう。トヨタの販売店に日産の車を求める人は限りなく少ないのです。なので、下取りに車を出すことは必ずしも得するとは言えないのです。特に、他の自動車メーカーに車を売るときは、さらに下取り評価額も低くなるでしょう。第一、自動車メーカーは新車を買わせたいわけで、そんなに中古車販売に力を入れていない傾向にあります。だから、下取り評価というのは、あくまで自社の新車を買わせたいがための誘き餌にしか過ぎないのです。ユーザーは過度に下取り評価額を当てにしないようにしましょう。

中古車買取をユーカーで依頼中古車買取をユーカーで

下取りを検討するなら評価額を知っておく

もし、下取り価格を検討するならば、あらかじめ自社の評価額を知っておくことです。下取り評価額だけを見てはいけません。実際の中古車市場での自分の車の評価額を知りましょう。今はネットで簡単に査定をしてもらうことが可能です。下取りを検討するならば、時価額を知っておくことが大切です。でないと、ディーラーに良いように言いくるめられます。年数が経過しているとか、モデルが古いとか言われて、安く下取りに出されてしまうのです。何も知らないドライバーはもっと高く売れるのに、かなり安く自分の愛する車を売っている場合があるので注意しましょう。

やはり一番良いのは中古車買取業社に売ること

やはり自分の車が一番高く売れるのは、中古車買取業者に売ることです。中古車を専門に扱う販売店であれば、販売ルートも多く持っています。また中古車の価値も十分わかっているので、最大限の評価額を出してくれる可能性も高いのです。なので、なるべく多くの中古車販売店に見積もり依頼してみることが大切です。そうすれば少しでも高く自分の車を売るチャンスがあるでしょう。これから車の買い替えで下取りに出そうとしているドライバーは、ぜひ中古車販売業者に査定してもらってください。自動車メーカーよりも高く売れる可能性があります。損しないためにも、下取りと買取両方検討することが大切です。

ガリバー無料見積もり依頼ガリバーで中古車無料見積もり依頼