夫のいびきがうるさ過ぎて堪えられない、いびきを止めさせたい!と悩む奥様も少なくありません。夫のいびきは夫婦・家族で生活する上で大きな問題です。命にも関わってくるので、早急に対応するようにしましょう。夫のいびき対策など細かく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

夫のいびきがうるさい!もう耐えられない

夫のいびきがうるさ過ぎて堪えられない

夫のいびきは本当にうるさい。結婚当初からいびきに悩まされる女性は少なくありません。気を使い、夫に言わないでいても、治る気配は一向にありません。むしろ、睡眠妨害が続くので、こちらの体が悪くなってくるほどです。言わないと一生いびきは続くでしょう。一生我慢することになります。いびきは深刻な問題なので、きちんと話し合わないといけないのです。

夫のいびきがうるさくて寝れない

夫のいびきがうるさくて寝れない

夫のいびきがうるさくて寝れない妻は、睡眠薬を常用しているひともいます。いびきで睡眠薬を使うなんて、と考えるひともいるかもしれませんが、関わっている人間からすると、頭が禿げそうなほど深刻な問題なので、睡眠薬を飲まないと寝ることができないのです。また、いびきで困っている女性も、「いびきくらいだから、そんなに深く考えるべきではないか。」と軽く見てしまいがちなのですが、いびきは放っておくと、お互いよくなく、健康にも害を及ぼしてしまうため、真剣に向き合わないといけないのです。

夫のいびきがうるさいので別室で寝る

夫のいびきがうるさいので別室で寝る

夫のいびきがうるさいために、別室で寝るということもあります。同じ部屋よりも、寝室を別にした方がまだマシです。でも、それでもいびきは聞こえてきます。壁を隔てても聞こえてくるので、近くで寝ていたら相当なものです。また、狭い部屋に住んでいるひとだと、別室にすることもできないので、同じ部屋でいびきによる騒音に苦しむしかありません。

夫のいびきは赤ちゃんの睡眠に影響する

夫のいびきは赤ちゃんにも影響がある

自分だけではなく、夫のいびきは赤ちゃんにも影響を及ぼすことも考えられます。かなりのうるささなので、赤ちゃんが夫のいびきで起きてしまうことも考えられます。赤ちゃんは睡眠がとても大切なので、しっかり睡眠が取れないと発育障害にもつながる可能性があるのです。自分たちの問題だけでなく、自分の子供にも関わってくるので、真剣にいびきについて考える必要があります。

夫のいびきに殺意が芽生える

夫のいびきに殺意が芽生える

夫のいびきがあまりにもうるさいので、殺意「殺したい(激しい怒り)」が芽生える妻も少なくありません。いびきの難しいところは、いびきをかく本人が深刻さを理解していないことです。当の本人は寝てしまっているので、どれだけ妻が苦しめられているのかわかっていません。仮に、いびきの音を聞かせても、「うるさいね〜」と他人事くらいにしか思っていないのです。こちらはものすごくいびきで苦しめられているのに、当事者はわかっていないことに怒りを覚えることがあります。

歯軋りもする夫のいびき

いびきだけでなく歯ぎしりもある

また、いびきだけでなく、歯ぎしりもする夫もいます。いびきでもうるさいのに、歯ぎしりまでするとさらに苦しめられます。また、歯ぎしりは、歯を痛めることにもなるので、もちろん止めた方がいい行為です。

逆ギレする夫

逆ギレするいびき夫

さらに達が悪いのは、いびきをしている夫に注意をすると逆ギレされることです。夫は、文句を言われているとしか思っていないので、逆ギレしてきます。「自分にはどうすることもできない」と何も努力していないくせに、逆ギレしだして、拗ねるので厄介です。このような逆ギレ行為に手を焼かされ、なかなかいびきと向き合うことができない夫婦は非常に多いのです。

セックスレスになる

いびきが原因でセックスレスになる

いびきが原因で一緒に寝ることができないので、当然、セックスレスになる夫婦もいます。新婚でこうなると、子作りにも影響が出てきます。新婚から数年で、いびきが原因で、セックスレスになる夫婦も少なくないのです。いびきが原因で、子作りがしづらい夫婦もいます。

鬱になる

いびきが原因で鬱になる

いびきにより睡眠時間が減らされる妻・主婦は、昼間に眠くなってしまい、罪悪感を感じて、鬱になる女性も少なくありません。いびきは、健康面だけでなく、夫婦の精神面も蝕むことになります。いびきに相当悩まされると鬱まで発症することになるのです。

夫のいびきが原因で離婚

いびきが原因で離婚することもある

最悪の場合は夫のいびきが原因で、実際に離婚する夫婦もいます。いびきだけが原因ではないかもしれませんが、いびきが間接的な原因となり、積もり積もって怒りや不満が爆発して、離婚になることもあるのです。いびきだからと、放っておくと、精神的にもやられて、最悪の場合は離婚することになります。

夫のいびきが心配

夫のいびきが心配

ただ、そうは言っても、夫のいびきが心配になることもあるでしょう。地鳴りのような音でいびきをして、健康面に害がないかというと、そんなことはありません。いびきをかくことで、様々なリスクがあるので、夫の健康のためにも、いびきとは真剣に向き合った方が良いのです。

いびきの途中に呼吸が止まっている

呼吸が止まっている

いびきをする男性は、いびきの途中で呼吸が止まっていることがあります。完全に息をしていない状態になるので、命の危険性もあるのです。また、酸素が行き渡らないので、脳に後遺症が残るリスクもあります。いびきにより呼吸が止まることは、夫に取ってもリスクがあります。

いびきが原因で糖尿病になるリスクも

いびきによる糖尿病のリスク

また、いびきにより糖尿病にリスクがあるとも言われています。酸素不足により糖尿病を引き起こす可能性もあるのです。実は、いびきは大病を患うリスクもあります。

無呼吸症候群が原因で保険に入れないことも

無呼吸症候群で保険に入れない可能性も

いびきによるリスクはそれだけではありません。実は、いびきで無呼吸症候群となった場合、生命保険や住宅ローンが組めないことがあるのです。無呼吸症候群はそれほど重い病気を患うリスクがあるため、保険に入りにくいのです。この事実をあまり知らないひとが多いと思いますが、それほど、いびきはリスクが高いことを知っておいてください。それくらいマズイ症状とわかれば、より積極的に夫もいびきと向き合う可能性があります。

夫のいびきを治すためには

どうすれば夫のいびきを治すことができるのか

では、どうすれば夫のいびきを治すことができるのか、お伝えしていきたいと思います。まず、夫のいびきを治すためには、夫の協力、自発的な行動が不可欠なのです。どんなに注意躍起しても、本人の意思がなければ、いびきを治すことはできません。

殴ってもいびきは治らない

怒ったり殴ってもいびきは治らない

ですから、どんなに妻が怒っても、殴りかかっても、本人がやる気にならないといびきは治りません。泣きつけば、少しは治す意思を持ってくれるかもしれませんが、それも一時です。ほとぼりが覚めれば、またいびきをかく日が続きます。なので、コツとしては、こちらが「心配している素振りを見せる」ことです。本当にあなたのことを思って心配しているように見せれば、相手も心を開き、いびきを治す意識を持ち始めます。ですから、本当にあなたのことが心配でいびきについて考えて欲しいと、夫に伝えてみましょう。

手術していびきを治す

手術していびきを治す

いびきを治すには、手術していびきを治すやり方があります。レーザーを口蓋垂周辺に当てて、空気の通りをよくします。ただ、手術となると後遺症の心配もあるので、きちんとした専門医を探さないといけません。また、手術費用は10万円くらいするので、なかなか手が出しにくいところです。

サプリメントでいびきを解消する

サプリメントでいびきを改善させる

そこで、サプリメントでいびきを改善させる方法があります。いまは、いびきを解消するサプリメントがあります。夫の爆音いびきに悩まされていた女性は、「いぶきの実」というサプリメントを夫に飲ませたら、いびきが解消した「いぶきの実」いびき対策サプリメントと言います。サプリメントならば、手術よりも安くお手軽に始められるので、まだ試したことがない家族は試してみるといいでしょう。

お茶で鼻通りをよくしていびきを解消する

鼻通りをよくするお茶

また、鼻通りをよくするお茶もあります。「えぞ式 すーすー茶」は、夫のいびき解消が期待できます。えぞ式 すーすー茶でいびき解消手術やサプリメントが嫌なら、いびき解消に効果的な「えぞ式 すーすー茶」を試してみるのもいいでしょう。

横向き枕でいびきを解消する

気道が確保しやすい枕を使う

いびきは気道が確保できていないために、いびきが起きていることが考えられます。なので、横向きで寝ることで、気道が確保され、いびきがしにくくなるのです。そこで、横向き寝専用の枕がオススメです。横向き寝専用の枕ならば、横向きになっても首や肩に負担をかけることがなく寝やすく、寝返りもしやすいので、安心して眠ることができます。実際に、睡眠外来に行って効果が出なかったひとが、横向き寝専用枕の「YOKONE(ヨコネ)」を使用して、いびきが解消されたケースもあるのです。YOKONEいびき解消これまで、いびきをかいていたひとは、枕が合わなかった可能性もあります。

いびきケア専用枕の「天使の寝息」も、いびき対策として評価の高い枕です。

枕は毎日使うものですし、良質な睡眠を得るためにも、欠かせないものなので、いびき対策にまずは枕選びから始めてみるのもいいと思います。

とにかく夫のいびきを放っておくと精神的にも肉体的にも相当なストレスがかかります。できることは全部試して、家族の健康のためにも、いびきを改善させていきましょう。