個人的は、30歳を過ぎてからこそ、本当の意味で仕事と向き合う時期だと思う。30代の仕事との向き合い方とは何か、詳しく伝えていきたいと思います。

ただ仕事をさせられていた20代よ、さようなら

20代の仕事との向き合い方の違い

今この記事を読んでいる方は、20代の頃の働き方に後悔しているかもしれない。新卒入社や20代の頃って、経験もスキルもないから、ただ言われた通りに仕事をすることが多かったと思います。上司の指示を必死に聞いて、怒られないように、ビクビクしながら仕事をする。でも、そういう環境は、仕事をしているのではなく、仕事をさせられているもの。

本意ではないけれども、お金のため、世間体のため、またなんとなく流れで、コキ使われる20代の社会人人生を歩んできたかもしれません。

30歳になると将来を考えなおす

けれども、30歳前後で人は将来について考え直します。20代の働き方を見つめ直し、本当にこのままで自分は良いのか、もっとやりたいことがあるのではないか、と考える人が多いのです。なので、30歳を超えてから大きくキャリアチェンジする人も少なくありません。

好評につき売切れです

たとえ20代でやりたいことがあっても、まだ若いから大丈夫と考えたり、人生経験も浅いので、世間体が気になったりもします。でも、30歳を超えると、人はそれぞれの生き方があることに気づき始めます。学生時代は、同じような授業を受けて、同じような勉強をして、みんなが足並みを揃えて、勉強やら部活やらに励みます。

でも、社会人になると、様々な人間に出会い、これまでには考えなかったような価値観と出会うこともあります。そして、それまで同じような学生生活を過ごしてきた友人たちも、キャリアを積んでいったり、独立したりと、様々な道を歩むのです。年齢を重ねるうちに、それぞれがどんどん違う人間になっていきます。学生時代なら、あまり自分と人生が変わらないだろうと思っていた友人、知人でされも、遠くの世界に生きるような人になっていくことに気づきます。

自分が本当にやりたいことはなんだろう

自分が本当にしたい仕事

それまでは、なんとなく周りに合わせて、受験勉強して、就職活動して、同期と働いたり飲んだりしているのが、当たり前だったのが、本当に自分がしたいことはなんなのか、30歳を過ぎると考え始めるのです。勘が良い人や、人生を変えたい気持ちが強い人は、自分がやりたいことを探し始めます。もちろん、今ある仕事がやりたい仕事ならば、今のまま進んでいけば良いでしょう。

しかし、この記事を読んでいるということは、何かしらの迷いがあるはずです。30歳を過ぎると、ちょうど人生を考え直す時期であり、将来のことも考える時期なのです。

人により大きく状況が変わる30代

30代の仕事

ただ、30代になると状況も人により大きく変わります。例えば、結婚して子持ちの30代だと、自分だけのことを考えることはできないでしょう。家族のことを考え、養わなければいけない立場かもしれません。本当にやりたい仕事、家族を養わなければいけない状況とが、せめぎ合い、自分を苦しめることがあります。

家族持ちの人にとっては、今が一番辛い時期かもしれません。一人だけの生活ではないので、苦労すること、耐えることも多いのです。ただ、家族がいる分、頑張れる気持ちが出てくるのも確かです。自分が家族を養わなければいけない、という大変な状況にはありますが、別の面で見ると、頑張れる力が湧いてきます。一人だけの生活だと、適当に生きていたのが、家族ができるとそうはいかず、仕事を頑張り出す人が多いです。

よく、世帯を持つと働き方が変わると言われるように、家族を持つと、さらに仕事に精を出すようになります。

独り身の30代が一番悩む時期

ある意味、家族持ちならば、頑張るだけなので、悩むことはそれほど多くないかもしれません。一番悩むのは、独身の30代だと思います。一人身なので、どうにでも転れます。その分、人生をどう生きようか迷うのです。このまま人生を終えていいのか、自分は家族を持つことができるのか、今の人生に満足しているのか、考えられる時間も独身者の方が多いため、人生に迷います。

また、30代になると、ある意味で吹っ切れる心境にもなります。20代は世間体を気にしていたのが、もはや世間体など気にしていられない、自分がやりたいことをするのが一番良いと、考え始める時期でもあるのです。だから、30歳を超えて本当にやりたい仕事を探したり、見つけたりする人は少なくないのです。

一人になる時間はとても大切

一人になる時間はとても大切

人生について考えるならば、一人の時間をたくさん持つことです。友達と一緒にいると、楽しさばかりが先行して、自分の中で深く考えることができません。これから、どういう人生をいきたいのか、どういう仕事をすべきなのか、真剣に考えるならば、静かな場所で一人で考えることが大切なのです。

一人で思いを巡らせると、だんだんと道筋が見えてきます。自分のことを一番よく知るのは自分でしかありません。家族に答えを求めても、自分がどう感じているのか、本当にわかるのは自分でしかないのです。だからこそ、自分のなかでよく考えることが大切です。

20代の頃は、ついつい友達と遊ぶことばかり考えていたかもしれません。しかし、本当に将来について考えるならば、一人になる時間、一人で考える時間をもっと増やすべきです。自分と向き合えば、道は見えてきます。また、決意も強くなってくるでしょう。孤独になることは悪いことではありません。自分と向き合う貴重な時間となるのです。

30代を真剣に生きないと40代で困る

30代を真剣に生きる

充実した人生を歩みたいならば、30代こそ真剣に生きることです。遊びほうけていると、40代で困ることになるでしょう。20代を適当に過ごして、30代で困っているように、30代もなんとなく生活していたら、きっと40代でも困ることになります。

自分はどうすれば良いのか、40代で路頭に迷わないためにも、今を真剣に考え、真剣に生きることです。世間体だけを考えずに、必死に苦しみながらも、自分が目指す道を模索して、前へ進むことが何よりも大切になるでしょう。30代は遊んでばかりいないで、仕事や人生について真剣に考えるべきです。

周りに合わせることはもうやめよう

20代のころは、仕事を覚えるためにも、周りの目や評価に合わせていたかもしれません。しかし、本当の意味で自分らしく、充実した人生を送りたいならば、もう周りに合わせることはやめましょう。いい人になる必要はありません。人からよく見られることばかり考えるよりも、多少とっつきにくくとも、自分らしく生きている人の方が、輝いて見えますし、のびのび生きられます。犯罪を犯すのでなければ、自分の思うまま、自分がしたいように生きていいのです。

これまで、世間体に苦しめられていた人こそ、本当にやりがいある仕事、人生を見つけるべきでしょう。今まだ見つかっていない方は、どれだけ時間をかけてもいいと思います。いつまでも、適当に流されて、あとで後悔するよりもずっとマシです。今こそ、自分らしく生きるために、真剣に仕事や人生に取り組むべきなのです。

どんな仕事が自分に合うのか、わからなかったり、迷ったりしているならば、転職力診断を試してみると良いでしょう。いろいろ考え、動くことが大切です。あとで後悔しないためにも、悩みながらでも良いので、今を精一杯生きるべきです。