世の中には、人の話を聞かない上司が多すぎます。権力や肩書に任せて、自分の意見を通そうとする上司の下で働いても意味はありません。

上司は結局自分の出世しか考えていない

上司は自分の出世しか考えていない

人の意見を聞かない上司は、結局自分の出世しか考えていないことが多いです。部下の面倒を見ず、煩わし仕事は部下に押し付けます。部下がせっかく提案しても、聞こうともしません。

そのような職場では、部下も提案することをやめ、ただ上司のいいなりとなり働かざるおえなくなるのです。

良い上司は部下の能力を上手に引き出せる

人格的にも優れて、良い上司というのは、部下の能力を引き出すのがうまい人です。どのような立場の人間にも分け隔てなく接することができ、部下の意見も柔軟に耳を傾け、活躍するチャンスを与えます。

一方、ダメな上司は部下の意見を聞こうともせず、ただ頭ごなしに叱り、部下の能力を潰しにかかる人間です。自分の意見を曲げず、自分が正しいと思い込み、社内育成が乏しい環境を作り上げてしまうのです。

ダメな上司の下で働くのは正しいことなのか

上司の下で働くのが正しいのか

人は生きるためにもお金を稼がないといけません。そうすると、人の意見を聞かないダメな上司の下で働くこともやむおえないと思ってしまうのです。

ただ、ダメな上司の下で働くのが本当に正しいことなのか、よく考えないといけません。なぜなら、自分の意見も聞き入れられず、ただ無理に働かされることが、自分の成長に繋がるわけではないからです。

転職すれば、もっと風通しの良い、自分の意見も主張できる会社に巡り合える可能性があります。これからさらに活躍した、自己成長したいならば、そのような会社に転職するのもありなのです。

今のまま働いても状況が変わらない可能性が高い

転職してみる

今耐えて働き続ければ状況が変わるかもしれないと思うかもしれませんが、人はそう簡単に変わることはありません。今のまま権力にひれ伏し働いたとしても、状況が変わることはそれほど見込めないわけです。

ならば、もっと自分の能力を生かすことができる、自己成長できる会社に転職することを選んだ方が良いでしょう。せっかくある才能を呼び覚ますことなく、ダメな上司の下で働くことは、もったいないことなのです。