残念ながら世の中にはパワハラが横行しています。どこかの会社でパワハラが起こっているのです。パワハラは小さいなり大きいなり、苦しめられている人が多いのです。

パワハラをパワハラだと思わない卑劣上司

パワハラ上司の扱い

パワハラ上司の中には、自分の行為がパワハラだと自覚していない人があまりに多いのです。自分の行為は教育だと思い込み、部下を平気で罵倒したり、時には暴力を振るったりします。

そのようなパワハラ上司は、自分の行為に問題があると思っていません。逆に、パワハラと思っていない行為をしても、改善しない部下が悪いと思っているのです。

真面目な部下ほど自分が悪いと思ってしまう

そして、真面目な部下ほど、自分が悪いと思ってしまい、パワハラ上司のいいなりになってしまうのです。パワハラ上司の言いなりとなる部下は、無理がたたり、精神的にも肉体的にも病む状況に追い込まれます。

真面目な部下ほど、パワハラ上司に逆らえず、従うしかなく、パワハラ上司もそれにつけ込み、部下を攻撃してくるのです。

いつまでもパワハラに耐えても意味はない

パワハラにいつまでも耐えてはいけない

真面目な人ほど、パワハラに耐えることを選ぶかもしれません。しかし、いつまでもパワハラに耐えても意味はありません。逆に自分の体を壊してしまうだけなのです。

自分の体を壊してまで仕事をする必要はないのです。仕事を変えれば、もっと働きやすい環境が得られるかもしれません。

働き続ければ環境が改善されると勘違いするかもしれませんが、それほど簡単に状況は変わらないのです。ならば、いち早く転職をして、状況を改善させた方が良いでしょう。自分の体を壊してからでは遅いのです。