フリーターを続けるとやばい理由

フリーターを続けるのはやばい!

フリーターを続けるとやばいことはなんでしょうか。そんなにフリーターを続けるのがやばいとは思っていない人もいると思います。フリーターを続けるとどうやばいのか考えてみましょう。

フリーターは給料が低いまま

まず、フリーターだと収入が上がりません。むしろ、休んだ分、収入が下がることがあります。なので、フリーターで居続けると昇給することもなく、むしろ給料が下がる可能性もあるのです。アルバイト人員は探せばいくらでもいます。いつ仕事先が奪われてしまうかもわかりません。

急に解雇されても保証がない

歳を重ねるに連れて解雇されやすくもなりますが、急に解雇されても失業保険などもらえないのです。だから、アルバイトで首になったら、突然無職になってしまいます。正社員の場合は会社都合で解雇になると、すぐに失業保険がもらえますが、アルバイトにはそれがないので、いきなり無一文になる危険性があり、フリーターの解雇はやばい状況に陥るのです。

転職活動時に職歴にアルバイトしかかけない

また、もし転職活動をしようとしたときに、職業履歴書にアルバイトのことしか書けません。そうなると、人事側はあまり責任のある仕事を任せられないと感じてしまうのです。なので、書類選考で落とされることもあります。フリーターはアルバイト歴しかないのは当然なのですが、それを正当には評価してもらえないのです。

同年代との年収差がどんどん離れていく

また、正社員とフリーターでは、収入の格差が年齢とともにどんどん広がっていきます。なので、普通に正社員として働く友人とは、収入差が生じて、疎遠になることもあるのです。人と比べなければいいのですが、どうしてもお金の話にはなりやすく、比較対象になってしまいます。高給取りの友人を目の前にすると、かなりやばいくらい年収の差が生じることもあるでしょう。

一人で生活するのがフリーターではやっと

フリーターがやばいのは日々の日常生活です。頑張って働いても一人で生活するのがやっとでしょう。もし、家族を養う立場になると、かなり生活していくのはやばく大変だと思います。20万を超えることすらフリーターでは難しいので、なかなか大変でしょう。

フリーターでいることがやばいと思う前に行動する

このように、フリーターが生活していく上でやばいことは多々あるのです。それでも、一人でずっとなんとか生きて行くならいいでしょう。しかし、家族を持ったり、将来のことを考えるならば、正社員になることの方がいいでしょう。フリーターでいることがやばいと思う前に、まずは行動に移していきましょう。

フリーターから正社員になるならこちらのサイトがオススメです!