なぜ第二新卒は転職で失敗してしまうのか

第二新卒が転職で失敗する理由

この記事を読んでいる人は、第二新卒の転職活動で失敗した人、もしくは失敗したくなく事前に調べておきたい人でしょう。なぜ、第二新卒の転職活動で失敗してしまうのか、詳しく見ていきましょう。今後にぜひ役立ててください。

第二新卒が転職で失敗する理由

第二新卒の転職活動で失敗するのは、幾つかの理由があるのです。なぜ第二新卒の転職活動で失敗したのか、失敗しやすいのか、下記の理由を見てください。

現職・前職をやめる理由が明確でない

第二新卒が転職で失敗するのが、現職もしくは前職をやめる理由が明確でないことです。なぜ、今の仕事をやめるのか、もしくはやめたいのか冷静に考える必要があります。なんとなくやめてしまうと、次の転職に活かすことができないのです。やりたい仕事があるから、上司とそりが合わないから、勤務地が遠いから、なんでもいいので仕事をやめる理由を明確にしましょう。やめる理由を明確にすればするほど、では次にどのような仕事に就けば、それが改善できるのか、一つの指針にもなります。やめる理由はなんでもいいと思います。かっこいい理由だけでなく、人には言えない理由でもいいでしょう。これは個人の問題なので、次の就職で失敗しないためにも、明確な理由を出すことです。

採用面接でネガティブなことばかり言ってしまう

ただし、気をつけなければいけないのが、採用面接ではネガティブなことばかり言わないこと。たとえ、上司が嫌で転職活動するにしても、それを次の採用面接で伝えてしまうと、我慢ができない人間、人間関係構築が難しい人間と見られてしまう可能性があります。たとえ、自分にとってはやめる理由でも、あまりネガティブな話題を採用面接で出してしまうと、自分自身もネガティブ評価されるケースが多いのです。なので、採用面接ではしょうがないので、建前で言いましょう。「〇〇の仕事がしたいから御社を希望した」などポジティブに伝えることです。それが熱意として相手にも伝わり高評価を得られます。なので、なるべくネガティブな退職理由は口に出さないようにしましょう。

採用面接で勤務時間や休日の事ばかり聞いてしまう

また、採用面接では勤務時間や休日の事ばかり聞くのもNGです。「あまり仕事をしたくない人間」と見られます。前職がブラック企業で休日が少なく、残業が多かった場合は、ついつい聞いてみたくなる事項かもしれませんが、過度に聞きすぎないことです。あくまで会社に貢献したい、自分が会社に入ればこれだけ活躍できるという内容を伝えた方が、転職活動でプラスに運びます。ただ、どうしても勤務時間や休日など気になる場合はさりげなく聞くことです。何気なくさらっと聞けば、採用担当者も気軽に答えてくれる場合が多いです。

自分の良さを最大限アピールできていない

第二新卒の転職活動では、自分の良さを最大限アピールすることが大切です。職務経験があるならば、これまでどのような仕事をしてきたのかを明確に相手に伝えましょう。実績などもあれば伝えるべきです。実績は小さなものでもいいのです。自分の仕事の成果を伝える絶好の機会なので、少し大げさでもいいので、自分がしてきた仕事内容や成果を伝えましょう。このようなアピールを恥ずかしいと思うかもしれませんが、転職活動では、多くのライバルと少ない席を争うわけなので、いかに自分を売り込むかが大切なのです。アピール下手では、思うような転職活動はできません。第二新卒が転職活動で成功させるためには、自分の良さを最大限アピールしていきましょう。

就職活動に一貫性がない

気をつけなければいけないのが、就職活動に一貫性があるかどうかです。印刷会社の営業から医療業界の経理へと転職など、あまりに一貫性がない転職活動など、採用担当者は「何がしたい人間なのか」わかることができません。年収だけで見て、一貫性のない人間は、仕事が続かない人間と見なされ、高評価が得られないことがあるのです。なので、なるべくならば同業種、同じような仕事の方が面接も通りやすいです。ただ、どうしても異業種、違う仕事に就きたい場合は、その理由と熱意を見せることです。異業種に飛び込むのはとても大変なことです。またゼロからのスタートになります。なので相当な覚悟が必要になり、採用担当者もそれを見ているのです。また、異業種への転職でもこれまでの経験で何かいかせられそうなことがあれば、それをアピールするのも有効です。例えば営業経験ならば、どのような業種であれ、多少なりともいかせられます。そのように何か少しでも共通点のある業務経験があれば、アピールしない手はないでしょう。

筆記試験の準備も行うこと

第二新卒でも採用試験で筆記試験を設けている会社も少なくありません。なので、筆記試験の準備もしておいた方がいいでしょう。やはり、採用面接の方が重要度は高いのですが、筆記試験で落ちないためにも、万全の学習体制を整えておきましょう。筆記試験で落とされては意味がありません。しっかり対策して勉強していけば、高い確率で通ることができます。

すごく狭い世界で転職活動している

第二新卒の転職活動で苦戦している、失敗している人の傾向として挙げられるのが、すごい狭い世界で転職活動していることにあります。とにかく大手ばかり狙っていたり、外資ばかり狙っている人は苦戦することが多いです。それに合うスキルを持っているならばまだしも、業界も未経験でスキルも持っていないとなると、レベルの高い人材が集まる採用試験は相当苦戦することが考えられるでしょう。なので、第二新卒の転職活動でうまくいっていない人は、自分がかなり狭い世界だけしか見ていないのではないかと今一度考えてみましょう。業界を見渡せば、もっとチャンスはあるものです。実は需要がある会社もたくさんあることに気づきましょう。あまりこだわり過ぎずに広範囲の視野で転職活動することも大切です。

やたらめったら試験を受けまくっている

ただし注意したいのがやたらめったら採用試験を受けまくる行為です。なんとなくで多くの試験を受けても、受かるとは限りません。なぜなら、採用試験や面接はある程度の準備が必要なのです。何も準備をせずに採用試験を受けても失敗するだけです。なので、ある程度の狙いを絞り、しっかり準備をして採用試験に挑むことが大切です。数打てば当たるかもしれませんが、自分が希望する会社に就職できるとは限らないのです。ある程度は照準を絞って採用試験に挑む必要があるでしょう。

自分の話しかしていない第二新卒

第二新卒の転職活動で失敗するパターンとして挙げられるのが、自分の話しかしない人です。転職エージェントや採用担当者にも自分の話しかしない人は、人の話を聞けない人間と見られてしまいます。これは採用試験で悪い評価を得てしまう原因にもなるのです。なので、第二新卒の採用試験では、相手の話も聞くことを重要に考えましょう。その上で、自分の良さをアピールすることです。採用面接では特に応対力が非常に大切になります。会社はあなたの協調性も見ているのです。自分語りだけせず、相手の話も聞く姿勢で挑みましょう。

在職中でないと転職できないと思い込んでいる

よく第二新卒の転職活動は、在職中に採用されないと転職活動は成功しないと言われています。ただ、必ずしもそうとは限りません。なぜなら、在職中だと転職活動に割ける時間も限られており、なかなか自由に転職活動が行えないのです。また、仮に離職中だからといって、採用担当者から悪い評価があるわけではありません。むしろ、離職中の方が自由に動けて、転職活動もしやすい傾向にあります。なので、第二新卒者は在職中の転職活動に縛られることなく、本腰入れて転職活動をしたいならば、一度会社を辞めてしまってもいいでしょう。それで、転職活動が成功している人を、何人も知っています。ですから、あまり在職中じゃなきゃ、と縛られる必要はないです。

採用試験に恐怖を感じている

また、第二新卒の転職活動で採用試験に恐怖を感じている人も少なくないでしょう。きついことを言われたらどうしよう、変なことを言ってしまったらどうしよう、など不安や恐怖に感じることもあるでしょう。確かに緊張感は大切ですが、恐怖感など持ちすぎないことです。むしろ、自分の良さを伝えられる良い機会だと思いましょう。採用試験は会社の上層部や社長が相手をする場面が多いです。そのように、会社の上層部や社長と話す機会はなかなかありません。実は、採用面接では会社の考えを聞ける絶好のチャンスなのです。なかなか聞けない話も聞くことができるので、いい機会だと思って、採用試験に挑みましょう。たとえ、採用されなくても、経営者の考えを聞けるわけです。これは非常に良い体験なので、そこで働くか検討材料にもなりますし、今後にもいかせられるでしょう。

第二新卒と新卒の採用試験が同じだと思っている

気をつけてほしいのが、第二新卒と新卒では採用試験が違うということです。新卒試験と同じだと思わないでください。第二新卒はある程度の経験があるので、スキルを求められることがあります。なので、新卒採用面接のような勢いだけでは通じないことも多々有ります。なので、今までした仕事を振り返り、またいかせられる経験がないか、よく考えてみましょう。第二新卒の採用試験では、自分のこれまでの経験を伝えて、最大限売り込むことが大切です。新卒の採用試験とは違うことを肝に銘じてしっかり準備していきましょう。

志望動機が明確でない

痛恨の失敗が、志望動機が明確でないことです。第二新卒の転職活動では、新卒の時よりさらに明確な志望動機が必要になります。一度会社を辞めている人が、長く在職できるのか採用担当者は見ています。なので、志望動機を明確に持つことが必要なのです。曖昧な志望動機だと、うちで働く意思がないのでは、と見られてしまいます。また、志望動機は結構突っ込まれます。「その仕事ならば他でもできるのでは?」と平気で返されます。なぜ、その仕事をその会社じゃないとできないのか、または仕事がしたいのか、よく考えることが大切です。結構、会社によっては厳しいことを言われたりもします。なので、万全な準備が必要です。たとえ、厳しいことを言われてもめげないことです。いい勉強になったと思って次に活かせばいいのです。とにかく第二新卒の転職活動では失敗しないためにも、よーーく志望動機を練っておきましょう。

どのような仕事に就きたいか明確でない

また、どのような仕事をしたいのか明確に述べる必要があります。単に、「御社で働きたい」ではなく、その会社のどのような仕事をしたいのか明確に使えることです。また、なぜその仕事に興味があるのかも聞いてきますので、きちんと答えられるようにしましょう。特に異業種からの転職の場合は、必ず突っ込まれます。相手が納得するような理由付けを無理やりにでも考えてください。志望動機と希望の仕事について伝えることはかなり重要です。

これを使えると「その他の仕事も率先してできるか?」と高い確率で聞いてきます。その仕事に対して熱意があるのはいいのですが、では他の仕事でも嫌な顔せずこなせるかを採用担当者は見てきます。この時、馬鹿正直に「できません!」と答えないでください(笑)。せっかくの高評価が一気にマイナスになります。その時は建前でも、「他の仕事も率先してできる!」と伝えましょう。この答えの方が無難でもあり、採用される可能性があります。また、ここまで聞かれていたら、相手から見ても好印象である場合が高いです。

第二新卒の転職活動は常に行動あるのみ!

以上のように、第二新卒の転職活動で失敗しやすい理由を挙げてきました。これらのことに気をつければ、第二新卒での転職活動も成功する可能性が高くなるでしょう。あとは、転職サイトで積極的に転職活動を行うことです。転職専門のエージェントを活用すれば、さらに有力な情報を得られるでしょう。下記にオススメな転職サイトを掲載するので、ぜひ参考にしてみてください。

新卒・既卒の未経験にもオススメの第二新卒ナビ!

既卒・フリーターの就職内定は第二新卒ナビ

第二新卒ナビは、まさに第二新卒の転職者向けのサイトになります。業界未経験者でも積極的に採用している企業も多数掲載されているので、第二新卒で転職活動するならば、第二新卒ナビはぜひ登録しておいた方が良いでしょう!優良企業も多数掲載しています。

書類通過率87%以上。面接対策無料【第二新卒ナビ】はこちら!既卒フリーターの転職こそ第二新卒ナビ!

大手なので扱う求人件数も多数のマイナビエージェント

マイナビエージェント転職年収アップを目指すならば!

マイナビエージェントは第二新卒者、若者向けの転職サイトです。IT業界だけでなく、様々な業種の求人案内を掲載しています。またリクルートエージェントが的確なアドバイスをくれるので、転職を考えている人は、マイナビエージェントには登録しておいた方が良いでしょう。

転職サイト「typeの人材紹介」無料転職サポートが受けられる!

転職サイト「typeの人材紹介」で年収アップできる転職を行う

転職サイト「typeの人材紹介」も転職サイトとしてかなり有名です。転職サイト「typeの人材紹介」にのみ掲載されている求人案内もあるほどなので、必ずこちらのサイトにも第二新卒者は登録しておいた方がいいでしょう。転職活動でのノウハウも学べるので、転職活動するときに、ためになるサイトです。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ!

マイナビジョブも第二新卒者向けの転職サイトになります。もし自分がどのような仕事が合うのかわからない人も、マイナビジョブでは客観的に自己分析できるツールがあるので、試してみると良いでしょう。また、専門スタッフが転職カウンセリングもしているので、詳しい履歴書や職務経歴書の書き方、また効果的な転職活動方法を伝授してくれます。マイナビジョブもせひ有効活用するといいでしょう。

20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’S!!20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ

20代専門第二新卒の転職20代専門第二新卒の転職

異業種の求人案内も得られるはたらいく

はたらいくでお仕事先を見つける!転職年収アップ

はたらいくは、異業種で働きたい第二新卒者にもオススメな転職サイトです。積極採用している求人も多数あるので、これから様々な業界での転職を希望している第二新卒者の方は、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。