車が故障した、車を使わなくなったなどで、廃車手続きを行う方もいるでしょう。そこで、今回は廃車費用(料金)の相場についてお伝えしたいと思います。廃車費用はいくらかかるのか、詳しく見ていきましょう。

廃車費用(料金) – 相場価格はいくらなのか?

廃車費用 - 相場料金

自分の車を廃車にする場合に、発生する費用について詳しく見ていきましょう。廃車手続きを行う場合には、いろいろと諸経費がかかるものなのです。

車のリサイクル料金

車種 リサイクル料金
軽自動車 約8,000円~16,000円
普通車 約10,000円~15,000円
外国車 約15,000円~20,000円
大型車 約15,000円~20,000円
バス 約45,000円~65,000円

リサイクル料金を支払っていない場合は、上記のようなリサイクル料金が発生します。車の大きさによりリサイクル料金は変わり、リサイクル料を支払わないと車を処分することはできません。

車の運搬料

また、車の引き取りをしてもらう際に運搬が必要な場合は、運搬料が発生します。相場は約15,000~20,000円程度だと思います。また、距離により運搬料は多少変わってくるでしょう。

車の解体費用

その他には、車の解体費用がおよそ約15,000円前後かかると思います。これも車種により、値段は若干変わります。

廃車手続きの手数料

あとは、廃車にする場合の手数料が、およそ約10,000円ほど発生します。解体を依頼する業者によっても、手数料は多少違いがあるでしょう。

廃車にするにも5~6万円かかる

このように、車を廃車にするにも、平均して5~6万円程度かかることがあるのです。ですから、廃車にするにしても、無料で廃車にできるわけではなく、ある程度の出費を計算に入れなければいけません。

車を持っていると、廃車にするにしてもお金がかかるのです。

廃車で費用を払うくらいなら、売ってお金に換えた方がお得だよ!

廃車ではなく売ろう

このように廃車にすることで、ある程度の費用が発生するならば、いっそのこそ売ってお金に換えた方がお得です。年数がかなり経過している車などは売れないと思うかもしれませんが、実は故障車でも事故車でも廃車当然の車でも、売ることができるのです。

実は、中古車買取店の中には、事故車や故障車を専門に扱う中古買取店があります。そういうお店に査定依頼をすれば、高価買取してもらえる可能性があります。

たとえば、事故車の専門買取を行う「タウ」「タウ」や、廃車買取を専門に行う「廃車本舗」「廃車本舗」に査定依頼をすれば、他では値段がつかなかった場合でも、買取が期待できることがあるので、一度そのような専門店に査定依頼をしてみると良いでしょう。