自己破産すると家・マイホームは処分されるのか、処分されない方法はないのか、詳しく見ていきましょう。

自己破産には管財事件と同時廃止事件の2つがある

借金・キャッシング - 自己破産で家処分

まず、自己破産には、「管財事件」と「同時廃止事件」の2種類があるのです。

  • 管財事件 : 債務者が一定以上の資産・財産を持っており、換価処分が必要な自己破産
  • 同時廃止事件 : 債務者に資産・財産がなく、換価処分が必要ない自己破産

つまり、お金に換えられる資産・財産があるかどうかの違いになります。

この場合でいうと、戸建てやマンションなど持ち家の場合は、お金に換えられる資産や財産にあたり、換価処分の対象となってしまうのです。ただ、住宅ローンが家の価値を上回っている場合は、資産として見られないかもしれませんが、住宅ローンの債権者が抵当権を行使して家を競売にかけることで、債権回収を行うのです。

ですから、住宅ローンが価値を上回っていようとも、自己破産をすると家は処分されてしまうのです。

自己破産すると家は売りに出される

借金・キャッシング - 自己破産で家が売却される

原則として、自己破産手続きを開始すると、戸建てやマンションなどの持ち家は売りに出されることになります。自己破産することで借金は全て免除されますが、家や車など経済的価値のあるものは、全て処分し債権者に配分されるのです。

自己破産は、ただ借金が帳消しになるのではなく、返済可能な分だけ返済したうえで、借金が帳消し(チャラ) になる手続きなのです。

また、持ち家は下記のいずれかで換価処分され、債権者に配分されます。

  • 任意売却される
  • 競売にかけられる

持ち家を換価処分する際は、任意売却もしくは競売で、家が売られることになるでしょう。

自己破産しても家を守る・住み続ける方法

借金・キャッシング - 自己破産家競売

自己破産すると、持ち家が売られてしまうのが常ですが、それでも家に住み続ける方法はないのか、下記で見ていきましょう。

親族に買い取ってもらうのは至難の技

まず、差押された家を親族に買い取ってもらう方法を考えるかもしれません。しかし、親族に買い取ってもらうには、現金一括もしくは住宅ローンを組むことになるでしょう。ただ、銀行は親族間の売買ではあまり融資をしてくれない可能性が高いです。そうなるとある程度の購入資金が必要になり、現実的に親族に買い取ってもらうのは厳しいものがあるでしょう。

他人名義に変更することはできない

持ち家を他人名義に変更することで、財産処分の回避を行おうとするかもしれません。しかし、破産手続き前に、大きな財産の名義変更をすることは「財産隠し」として違法行為になります。持ち家を守りたいからといって、安易に名義変更してはいけないのです。

夫婦連名の住宅ローンでも家は残せない

夫婦連帯債務の住宅ローンの場合でも、抵当権は各自の持分ではなく、不動産全体に設定されます。つまり、夫婦のどちらかが破産手続きをすると、家を残すことはできないのです。夫婦連名の住宅ローンであっても、夫婦の一方が破産した時点で、家全体が競売にかけられてしまいます。

買受人に交渉してリースバックする

借金・キャッシング - リースバックで家を利用する

自己破産しても今の家に住み続ける方法が一つあるとすれば、リースバックを利用することです。リースバックとは、財産である家を売却して、そのまま使用しながら買い主に賃料を支払う方法です。

この方法を用いれば、現在の家に住み続けられる可能性があります。ただし、買受人(買い主)との交渉が必要になります。ただ、リースバックが利用できれば、引っ越し不要で家を売ったことが近所に知られにくいです。ただ、家は自分名義ではなくなります。もし、自分名義にしたい場合は将来的に買取を検討することでしょう。

現在の家に住み続けるかは要検討

借金・キャッシング - 自己破産後も家に住み続けるか

以上のようにリースバックを利用すれば、自己破産しても、現在の家に住み続けられる可能性があります。ただし、現在の家に住み続けるということは、元債権者にも住所を知られているということでもあります。自己破産を行えば、債権者との関係も解消されますが、精神的なわだかまりや不安はあるかもしれません。そのようなリスクを背負ってでも、今の家に住み続けるかは、よく検討する必要があるでしょう。

心機一転、家を売り払い、新たな家に賃貸で住むという方法もあります。そこは家族ともよく話し合って検討すべきことでしょう。

持ち家に住み続けるならば、任意整理や個人再生という選択肢もある

借金・キャッシング - 自己破産ではなく任意整理や個人再生

また、持ち家を守りたいならば、任意整理や個人再生という方法もあります。こちらを行えば、家を守れる可能性が高いでしょう。ただし、自己破産のように借金を帳消しにするのは難しいです。それでも、返済できる金額まで借金を減らせられる可能性もあります。自己破産ではなく、任意整理や個人再生の手続きが取れないか専門家に相談してみると良いでしょう。

自己破産後に住宅ローンを組み、家を購入するには

借金・キャッシング - 自己破産後に住宅ローンで家を購入する

自己破産後に戸建てや家を購入するには、信用情報機関に自己破産したという事故情報が載っているため、住宅ローンを組むには事故情報が消えるまで待つしかありません。その期間はおよそ10年とも言われています。ですから、原則的には破産者は10年を経過しないと、住宅ローンが組めないと思った方が良いでしょう。

なので、破産者が家を購入するには、住宅ローンが組めるように事故情報が消えるまで待つか、現金一括で購入するかになるでしょう。家となると大きな金額となるので、家を購入検討する多くの破産者は10年を経過してから、住宅ローンを組み、家を購入することになるでしょう。

まずは弁護士に相談してみよう

借金・キャッシング - まずは弁護士へ相談する

自己破産するかについては、まず弁護士など専門家に相談してみることです。家を失いたくないのであれば、先にも説明した任意整理や個人再生を利用する方法もあります。しかし、これらを利用することで、借入できない期間が、自己破産した場合よりも長くなる可能性もあります。

ですから、家を持ち続けることが良いか、なるべく早くローンが組めるようになるのが良いのか、よく検討することが大事でしょう。何れにしても、手続きは複雑なので、まずは弁護士など専門家に相談するようにしましょう。下記でも債務整理に詳しい弁護士など紹介しているので、ぜひ参考にしてみると良いでしょう。