お金がないけどボランティアに興味がある

お金がないけれどもボランティアすることはできる

お金がないけれどもボランティアをしたい人は少なくないです。自分の生活が大変なのに、なぜかそれでもボランティアを考える人が絶えません。なぜ、お金がないのにそのような人たちはボランティアをしたがるのでしょうか。

ボランティアで自分の存在意義を確認できる

それは、ボランティアをすることで自分の存在意義を確かめられるからです。普通に生活していたら、それほど人に必要とはされません。せいぜい仕事先でこき使われるくらいでしょう。でも、ボランティアを行えば、現地の人に必要とされる人材になれます。そして、多くの被災者や難民から感謝されるのです。ボランティアをすることで、必要とされる自分を認識できるのです。だから、お金がなくてもボランティアしたいのです。

ボランティアでは様々な人と出会える

また、ボランティアをすると様々な人と出会うことができます。普段は交流することがない人と出会えるのもボランティアの良さです。お金がないけれども人との出会いやふれあいを実感できるのです。

ボランティアで真の現場を見ることができる

ボランティアをすることで、テレビには映らない真の現場を見ることができます。カメラの外の見なければいけない世界を体験できるのもボランティアの良さなのです。お金がなくても、現場を見ることができるのが、ボランティアという活動です。

ボランティアで傍聴人ではない当事者意識が持てる

ボランティアを行うことで、傍聴人ではない当事者としての意識が芽生えます。それまでは、他人事のように感じていたことも、ボランティアを行うことでより身近に感じることができるのです。それがボランティアの良さと言えるでしょう。お金がなくてもボランティアを行うことで当事者意識が芽生えるのです。

お金がない人も借り入れできる金融機関とは