新型コロナウィルスの影響もあり、お客が減り、飲食業界も大きな打撃を受けています。

それは、ガールズバーも同じことで、経営が苦しくなってきているお店もあるでしょう。

新型コロナウィルスに対するガールズバーの対策方法とは?

新型コロナウィルスに対するガールズバーの対策方法とは?

そこで、新型コロナウィルス問題で売り上げが減り、頭を抱えているガールズバー経営者が、今どうすべきなのか、下記で触れて行きます。

除菌・消毒を徹底する

まず、新型コロナウィルス問題があっても、それでも来店してくれるお客さんのためにも、店内の除菌・消毒は徹底することです。

今は、特に衛生面で神経質になっているので、衛生管理は徹底する必要があるでしょう。

たとえ外出禁止でも、お店の存在は求められている

そして、たとえ不要不急の外出は避けるよう言われていたとしても、それでもお店の存在を求める声もあるはずです。

家にいるだけでは、何かと辛いものです。

不安な世の中だからこそ、誰かとお酒を交えて話したくて、お店にやってくるお客さんもいます。

そういうお客さんのためにも、くつろげる・リラックスできる空間を提供することは、地域活性化のためにも、大切なことなのです。

価格だけのお店は頓挫されていく

そして、このような世界的な問題に直面したとき、価格だけで勝負するお店は頓挫されやすいです。

例えば、旅行業でも外国人観光客目当てのお店・宿が閉鎖に追い込まれやすいように、観光客向けや安いだけのお店は、国内の人々が利用しなくなるので、閉鎖に追い込まれやすいのです。

ファンがつくお店は強い

一方で、たとえ規模は小さくとも、ファンがつくお店は強いのです。

なぜならば、そのようなお店は、価格では無い部分で魅力を感じてお店に来るので、新型コロナウィルスのような問題が起きても、生き延びることができます。

逆に、ファンのお客さんが、お店を応援してくれるため、生き残ることができるのです。

ガールズバーも同じように、価格ではなく、いかにファンがつくかが生き残るためにも、重要なポイントなのです。

あなたのお店にコンセプトはあるか、魅力はあるか

そして、お店にファンがつくためには、あなたのお店のコンセプトがしっかりあるかどうかです。

他のお店にはない良さがあるのか、魅力を感じてくれているかどうかです。

もし、お店や従業員にファンがつけば、このような大きな問題に直面したときでも、生き残ることはできるでしょう。

ゆえに、どれだけお客さんに愛されるお店経営ができるかどうかです。

こういう問題や時代になったときは、もろにその結果が出るので、今後のガールズバー経営でも意識することです。