「ガールズバーで働きたいけれども、ガールズバーの面接ってどんな感じなの?」と思う方もいるでしょう。

また、既に面接を受けたけど、不採用だった方もいるかもしれません。

そこで、ガールズバーの面接や、なぜ不採用になるか、などについても、詳しく触れていきたいと思います。

ガールズバーの採用担当者は様々

ガールズバーの採用担当者は様々

ガールズバーの採用担当は、店長やオーナーが担当することが多いです。

ガールズバーは、基本的に女性スタッフだけで営業しますが、経営者や店長クラスになると、男性が多いです。

また、採用担当者の人柄は、様々です。

真面目な方もいれば、チャラそうな方もいます。

採用担当者の人柄は、様々かもしれませんが、面接の内容は基本的に、「いつから働けるか」「飲食業の経験はあるか」など、仕事に関する話題が多いと思います。

なぜガールズバーの面接で落ちるのか

ガールズバーの面接で落ちる

顔もスタイルも悪くないのに、なぜかガールズバーの面接で落ちてしまう女性がいます。

どうして、見た目の悪くない女性が、ガールズバーの面接で落ちてしまうのか。

それには、下記のような理由があるのです。

お店の意向によって採用する女の子も違う

お店の基準 - ガールズバーのアルバイト

そもそも、採用基準は、お店によって違うのです。

たとえ美人や可愛い子でも、お店の雰囲気に合っていなかったり、お店が求める人柄ではないと落ちる可能性があります。

例えば、大人しそうだったり、夜の仕事に合わなそうな女性の場合は、お店によっては不採用になることもあるでしょう。

また、勤務時間や曜日が合わなかったり、お店と住まいが遠かったりすると、お店側も「働いてもらうのは難しい」と判断するかもしれません。

ガールズバーの面接採用は、必ずしも顔やスタイルだけではなく、人柄であったり、勤務時間やお店に通う距離なども踏まえて、採用か不採用かを判断しています。

面接の態度が悪いと不採用になりやすい

面接の態度が悪いと不採用になりやすい

また、どんなに見た目が良くても、面接の態度が悪いと、不採用になる可能性が高いです。

面接で横柄な態度を取ったり、返事をきちんとしなかったりすると、不採用になる可能性が高いです。

ガールズバーの仕事は、接客業なので、応対力も問われるのです。

態度が悪い、横柄といったひとだと、お店側としても、そのひとに良い接客を期待することは、難しいでしょう。

面接後に1週間以上たっても連絡がこない場合は、不採用の可能性が高い

面接後に1週間以上たっても連絡がこない場合は、不採用の可能性が高い

もし、ガールズバーのばいと面接を受けて、「合格の場合は後日ご連絡します」と言われて、一週間以上経っても連絡がない場合は、不採用の可能性が高いです。

本当に採用したい女性ならば、即採用を出すお店もあります。

連絡がない場合は、縁がなかったと思って、気持ちを切り替えて、次の仕事先を探した方が良いでしょう。

ガールズバーの採用面接で受かるためには

ガールズバーの採用面接で受かるためには

では、ガールズバーの採用面接で、受かるためにはどうすれば良いのか。

次のポイントに注意してみることです。

お店の雰囲気に合わせること

ガールズバーの雰囲気を掴む

働きたいガールズバーがあったら、サイトがないか調べて、お店の雰囲気を知ることです。

そして、お店に合うような服装や応対を心がけると、受かる可能性が高いです。

若くて元気な感じのガールズバーならば、若めの服装や対応も元気に行い、大人な雰囲気のガールズバーならば、やや大人な感じの服装で面接に挑む。

他にも、ガールズバーのお店によっては、下記のような女性が採用されやすいです。

  • 高級なガールズバー : 清楚系の服装や、綺麗な言葉使いが良い
  • 普通のガールズバー : 清潔感のある服装で、ノリが大切
  • エロ系ガールズバー : 体のラインがわかる露出が多い服装が良い、胸が大きいと採用される可能性大

ガールズバーの面接を受ける前に、お店のことをよく調べておくことです。

お店により、求める女性のタイプが違うかもしれません。

可能ならば、実際にお客さんとして、お店に行ってみるのも良いでしょう。

ただ、女性一人で行くのは気後れするかもしれないので、男性友達など誘って、お店に行くと良いかもしれません。

そこまでしなくとも、ネットでお店の情報を調べるくらいはしてみた方が、面接対策のためにも良いと思います。

明るいポジティブな受け答えをする

ガールズバーの面接

ガールズバーの面接では、第一印象がとても大切です。

第一印象は、見た目だけではなく、雰囲気も大切なのです。

やはり、暗い雰囲気よりも、明るい雰囲気の方が、相手からのウケも良いでしょう。

ガールズバーのバイト面接で採用されるためには、明るい印象を持たせることも大事です。

もちろん緊張もするかもしれませんが、なるべく楽しい気持ちで、面接に励むと良いでしょう。

時折、笑顔を見せれると、自分に対しての印象もよくなるはずです。

頻繁に働けるひとは、採用されやすい

頻繁に働けるひとは、採用されやすい

お店側も、シフトに入って欲しいと思うものなので、なるべく多く働けるひとだと、採用されやすい傾向にあります。

無理やり多く働く必要はありませんが、ある程度シフトにも融通をきかせられるようなら、その旨を伝えると、お店側にも好印象を与えることができるでしょう。

ガールズバーは履歴書がいらないことも

ガールズバーは履歴書がいらないことも

また、ガールズバーの採用面接は、履歴書がいらないお店もあります。

そのようなお店は、身分証明書さえ持っていけば、すぐに面接を受けることができます。

お店が知りたいのは、住まい・飲食店のバイト歴・何時まで働けるか・週どれくらい入れるか・お酒は飲めるか、といったことです。

これらのことについて、その場で受け答えできれば、履歴書は不要なお店もあるのです。

ガールズバーで働いた経験があると有利

また、過去にガールズバーで働いた経験があると、即戦力として見られるので、採用される可能性が高いです。

経験者の方は、どのようなお店で働いたか、在籍期間や給料はどれくらいだったか、詳しく聞かれることがあります。

また、もしお店に呼べるお客さんがいれば、売上を取れるということなので、採用される可能性はかなり高いでしょう。

もちろん未経験者であっても、採用される可能性はあります。

だいたい、ガールズバーで仕事をひとは、最初はみんな未経験者から始めていきます。

ガールズバーはキャバクラより働きやすい

ガールズバーとキャバクラの違い

ガールズバーはキャバクラよりも働きやすいというひともいます。

理由の一つに厳しいノルマがないことが挙げられるでしょう。

キャバクラだと厳しいノルマ設定がされることが多いですが、ガールズバーにはノルマ自体がないお店もあります。

ノルマがあるとランク付けされたりして、キャバ嬢同士で争いなど起きやすいですが、ガールズバーは、みんなで協力し合いながら、お店運営していく雰囲気があるので、仲良く楽しく仕事ができるのです。

また、キャバクラと違って、男性客の隣に座る必要がなく、不快なお触りもありません。

あくまで、男性客のお酒を用意したり、カウンター越しで話し相手になることが多いので、キャバクラよりも、安心して働くことができるのです。

ガールズバーはお酒が飲めなくても働ける

ガールズバーはお酒が飲めなくても働ける

ガールズバーのバイトは、お酒が飲めなくても働けます。

お酒が飲めない女性従業員には、カクテルに似せたソフトドリンクを用意してくれます。

なので、無理にお酒を飲む必要はありません。

面倒なお客さんがいたとしても、お店側がフォローしてくるます。

ガールズバーの女性スタッフは、実はお酒が飲めないひとも少なくないのです。

採用されるまで面接を受け続けること

採用されるまで面接を受け続けること

ガールズバーのバイト面接で不採用になったとしても、態度も悪くなく、普通に面接を受けていたのならば、それは単にお店との相性が悪かっただけかもしれません。

なので、たとえ不採用を受けても、あまり落ち込む必要はないでしょう。

また、採用されるためには、とにかく面接を受け続けることです。

あとは、ガールズバーのお店や仕事について、よく知れるサイトを選ぶのも一つの方法です。

こちらのサイトは、ナイトワーク求人に特化しているサイトなのでおすすめです。体験!ガールズバイト

採用担当者に不快な思いをさせることなく、きちんと面接で応対していれば、いつかは採用されるチャンスがあります。

無理してお酒を飲んだり、学業や本業に支障をきたすほど、シフトに入る必要もありません。

採用されるためにも、大切なことは、仕事に対するやる気です。

接客がしたい、そのお店で働きたい、という気持ちを持ち、面接に取り組めば、お店側もあなたのことを好印象で見てくれるでしょう。

前向きに取り組む姿勢があり、応募を続けるだけで、いつかは採用されるはずです。