キャバ嬢やホステスの方は、水商売の将来に対して、不安を感じているひともいるでしょう。

水商売の将来に対する漠然とした不安

水商売の将来に対する漠然とした不安

水商売で働く多くのひとが、「いつまでも働けるわけではない」と思いながら、仕事をしていたりします。

どんなに水商売でお金を稼ごうとも、将来に対する不安は、なかなか拭うことができません。

健康面の不安

たとえば、水商売だとお酒が入ることも多くあります。

毎晩アルコールが入ると、どうしても体調面でも気になることはあるでしょう。

実際に、水商売の仕事で体を壊してまうひともいます。

また、どうしても夜の仕事なので、生活リズムも狂い、昼夜逆転してしまうこともあります。

年齢的な不安

また、年齢的な不安もあるでしょう。

若いうちならばまだしも、年齢を重ねていくと、体力的にも気力的にも難しいことがあるかもしれません。

若い同僚に対して、気後れや嫉妬を感じることもあるかもしれません。

転職に対する不安

また、それだけではありません。

たとえ、昼間の仕事に転職したくても、転職できるかどうか、不安に思うこともあるでしょう。

特に、水商売の経験がある女性は、「水商売経験があることで、落とされるのではないか」と思うひともいると思います。

ただ、実際はそうとは限りません。

例えば、水商売の仕事から、美容関係の仕事へ転職した女性もいます。

水商売の経験が、むしろ他の仕事にも生かせられることがあるのです。

世間からの視線

あとは、世間からの目を気にするひともいるかもしれません。

家族に内緒で仕事をしているひともいるでしょうし、彼氏がいる場合は、彼氏の親に説明しずらいこともあるでしょう。

水商売も仕事であるにも関わらず、なかなか良くは見られないこともあります。

周囲からの冷たい視線や偏見に、辛い思いをしているひとも少なくないでしょう。

経済的な不安

また、水商売の将来で不安なのは、経済的な部分も大きいでしょう。

水商売の仕事をしているひとは、普通の仕事よりも稼げている女性も多いと思います。

なので、もし昼間の仕事に転職するとなると、収入が一気に減る可能性があるので、生活できるか不安に思うひともいるでしょう。

ただ、これもどうにかなると思います。

もちろん、収入に応じて生活を変えていかなければいけないこともありますが、昼間の仕事でも生活していくことはできるはずです。

ただ、それまで贅沢をしていたひとほど、なかなか普通の暮らしに戻れないこともあるでしょう。

個人的な意見としては、収入がある今のうちに、資産運用などを行い、資産を増やしていくのがオススメです。

昼間の仕事に転職すると、水商売の仕事よりも収入が落ちる可能性があるので、経済的な余裕がなくなることもあります。

なので、今のうちから資産を大切に活用することで、将来に対する備えもできるでしょう。

お店を経営する

あとは、従業員として働くのではなく、経営者としての立場で、仕事をする方法もあります。

実際に、ある程度の経験を積んだ女性は、お店を開き経営者として働くこともあります。

ただ、これをするには、マネジメント能力や人脈も必要なことがあり、誰しもができるわけではありません。

水商売の仕事はなくなるわけではない

水商売の仕事はなくなるわけではない

個人的には、水商売の仕事はなくならないと思います。

業界自体が衰退していったとしても、完全になくなることはないでしょう。

なぜならば、やはり女性とお酒を飲みたい男性は少なくないからです。

いくらネットで誰かと知り合うことができても、対面で誰かと会うのでは、雰囲気や感じ方も全然違います。

また、「自分のことをよく思われたい」「たとえお金を払ってでも、女性からモテたい」男性も少なくないので、水商売の需要は一定数あるので、業界自体が絶滅することはないでしょう。

ただし、その業界で働き続けられるかは、本人の努力や考え方次第にはなってくると思います。

いくらでも可能性はあるので、自分で狭めない方がいい

水商売の将来については、いろいろ話しましたが、あえて自分で狭める必要はないかと思います。

もちろん、いろいろな不安があるでしょうが、行動に起こせばチャンスはあります。

悲観的になるよりも、行きたい方向があるのであれば、そちらに全力で進んでみるのもいいでしょう。

仕事をしていく上では、相手のニーズを読むことも大事です。

何も考えずにこのまま過ごしていると、あとで苦労することになるでしょう。