今の会社にいても、自分のデザインスキルを高められないと感じているならば、早急に転職を考えた方が良いかもしれません。いつまでもマンネリしたなかで働いても、新鮮なアイディアやデザインは生まれてきません。

一つの会社にいるとデザインは凝り固まる

一つの会社にいるとデザインがこり固まる

残念なことに一つの会社に居続けることは、デザイナーにとって良いことではありません。なぜなら、一つの会社に居続けてしまうと、自分が持つデザイン感は凝り固まるからです。同じクライアントからの同じような仕事により、どうしても斬新さや新鮮さがなくなり、自分の中でのデザインがパターン化してしまうのです。クライアントが納得するように、いつしか可もなく不可もないデザインを量産させることになります。

楽することが自分を衰退させる

楽することで、人は衰退していきます。車や電車を使うことで足腰が弱くなるように、同じ会社でぬるま湯につかることで、いつしかハングリー精神や創造性が薄れていくのです。いろいろな会社、様々な仕事をこなすほど、多くのことを吸収し、引き出し多く、様々なデザインができるのです。

今の会社にいることがそれほど苦痛ではない、転職するのが何となく面倒、自分のスキルが通用するかわからない、様々な思いから、転職する気持ちを失ってしまうのです。しかし、状況に甘んじるほど、自分のデザインスキルは廃れていくと思った方が良いです。

10年先も自分のデザインを高めるためには挑戦あるのみ

デザイン力を高められないWeb制作会社なら転職を!

デザインに終わりはありません。ファッションが日々変わっていくように、デザインのトレンドも変化していきます。10年先も自分のデザインが通用するようにするには、日々勉強していくしかありません。様々なものを学び、多種多様な案件をこなしていく必要があります。それには、今の会社にどっぷりつかることが、必ずしも良い選択ではないのです。今後も活躍できるデザイナーになるためには、受け身ではなく攻めの姿勢を貫くべきです。環境の変化を恐れずに、様々な仕事・会社で働ける人こそが、向上心あり、成長できるデザイナーと言えるでしょう。