この記事を読んでいる方の中には、今現在、転職を考えているWebデザイナーの方も少なくないでしょう。

転職は時間も労力もかかるので、失敗したくないはずです。

そこで、Webデザイナーとして働く際の、会社の選び方についてお伝えしたいと思います。

会社によって仕事内容は全然違う

会社によって仕事内容は全然違う

Webデザイナーの仕事といっても、会社によって仕事内容は全然違います。

「下請けメインの会社」と「自社メディアを主に扱う会社」

まず、会社によって、「下請けメインの会社」と「自社メディアを主に扱う会社」があります。

「下請けメインの会社」は、とにかく納期がきつい傾向にあり、常に時間に追われることがあります。

また、制作費用も抑えられているため、多くの案件をこなさなければ、なかなか収入が得られません。

なので、どうしても数多くの案件をこなすことになり、どうしても忙しくなるのです。

一方で、「自社メディアを主に扱う会社」は、自社メディアを主に扱うため、ある程度納期にも余裕があります。

また、コスト削減されるわけではなく、ある程度こちらのペースで仕事をすることができるため、下請けよりも余裕を持って仕事ができます。

なので、定時に帰れることもあるのです。

下請けメインか自社メディアメインかで、労働環境は全く違います。

もし、ある程度余裕を持って仕事をしたいならば、自社メディアをメインに扱う会社が良いかもしれません。

どこの会社で働くかでスキルアップも違う

ただし、自社メディアを主に扱う会社だと、どうしても余裕があるため、スピード感は下請けメインの方が、早いように思います。

下請けメインの会社は、とにかく多くの案件をこなすため、スピードも早く、また多岐にわたる仕事をこなせば、スキルアップにもつながります。

なので、一般的には、バリバリ仕事をこなす下請けメインの会社の方が、スキルアップの速度は早いとも言われています。

ただし、その分労働時間も長く、大変なので、どちらを選ぶかは、ひとそれぞれでしょう。

Webデザイナーを欲しがる会社は少なくない

やはり、これだけネットも普及しているので、ネット展開していきたい企業も多く、Webデザイナーの人材を求める企業も多いのです。

なので、Webデザイナーの需要はまだまだあると思います。

特に、デザインスキルが高いWebデザイナーは、多くの会社が欲しがることでしょう。

また、たとえ未経験であっても、ある程度勉強して知識やスキルがあれば、ひとを育てていくという意味でも、採用される可能性は十分にあります。

Webデザイナーは転職すれば給料が上がる可能性は十分にある

Webデザイナーは、実際転職すれば、給料が上がる可能性は十分にあります。

特に、Webデザイナーの仕事を経験しているひとならば、経験者として採用され、年収が上がることも予想されます。

現に、転職して年収アップ成功しているWebデザイナーも少なくないのです。

なので、今現在年収にあまり満足していないWebデザイナーの方は、転職すれば年収が上がる可能性は十分にあります。

Webデザイナーは、仕事のやりがいが大切

Webデザイナーは、仕事のやりがいが大切

ただし、年収の高さだけで転職するのは、注意が必要です。

なぜならば、Webデザイナーにとっては、仕事のやりがいも大事だからです。

年収が高くとも、仕事にやりがいを感じなければ、次の会社も長続きはしないでしょう。

年収も大事かもしれませんが、その会社で仕事をしたいのかも、とても大事なことです。

一緒に働くチーム、会社の雰囲気も大事

そして、仕事内容だけではなく、一緒に働くチーム、会社の雰囲気も重要です。

会社内の雰囲気が悪いと、仕事をするのもきついものです。

逆に、多少給料は安くとも、チームや会社内の雰囲気が良ければ、仕事に対してのモチベーションも維持することができるでしょう。

もっとも、チームの雰囲気は実際に働いてみないとわかりませんが、採用担当者と話すことで、会社の雰囲気や仕事について、多少なりともイメージすることができるでしょう。

Webデザイナーとして働く際は、チームや会社の雰囲気についても考慮することが大事です。

Webデザイナーは転職することがプラスに働く

普通の仕事であれば、一つの会社で働き続けた方が、その会社での仕事を覚えられることも多いので、良いと考えられることもありますが、Webデザイナーの場合は少し違います。

デザイナーという特殊な仕事なので、常に新しいデザイン・アイディアが求められます。

そういうときに、同じ会社で働き続けるとどうしても考えが固執しがちになってしまうのです。

考えが偏ってしまうと、デザインもワンパターンになりがちです。

それを避けるためにも、デザイナーによっては、3年未満で転職していくひとも少なくありません。

転職することで、自分自身に新たな知識や経験を取り入れ、良いデザインやアイディアが生まれることもあるのです。

なので、Webデザイナーにとって、転職は必ずしもデメリットではないのです。

ネガティブな意見は気にしない

ただ、転職のことについて周りに言うと、会社や同僚などから、いろいろ言われることがあります。

「転職はまだ早い」「そのスキルでは他の会社では通用しない」など、言われることもあります。

しかし、これらの言葉は、あまり気にしないことです。

こういう言葉は、ただの身勝手な言葉でしかないこともあります。

単にあなたを引き止めるためだけに言っていることもあるのです。

転職できるかどうかは、行動してみないことにはわかりません。

あまりネガティブな意見は、気にしないようにすると良いでしょう。

あなたの人生を決めるのは、あなたです。

転職活動は大変なので、エージェントに相談してみるのも良い

ただ、転職活動は時間も労力もかかり大変です。

数多くある企業の中から、自分に合う企業を見つけるのは、なかなか難しいでしょう。

なので、アドバイスを受けるためにも、一度業界に詳しいエージェントに相談してみるのも良いと思います。

今の現状を客観的に見つめて、どういうスキルがあるのか、どのような会社が合いそうかを見てくれるでしょう。

あなただけで探すよりも、こういうサポートを受けた方が、いち早く転職できる可能性もあるので、オススメです。

下記でも、Web業界の転職にオススメなサイトを紹介しているので、転職を成功させたい方は、ぜひチェックしてみると良いでしょう。