個人事業主やフリーランスになり、独立起業する際は、これまでの健康保険がどうなるのか、詳しく見ていきましょう。

退職日の翌日に健康保険は喪失する

健康保険は喪失する

まず、会社員時代に雇用先から発行されていた健康保険は、退職日の翌日に喪失します。退職してしまうと、もう雇用先の人間ではなくなるので、健康保険も退職日までに返還しなければいけません。そして、今度は国民健康保険を、現住所を管轄している市役所に行き、申請する必要があります。

ちなみに、公的医療保険は強制加入になります。保険費用を払いたくないからといって、未加入にすることはできないのです。退職したら速やかに、管轄の市役所へ申し出るようにしてください。

国民健康保険か任意継続か

ただし、大学職員など共済組合に入っていた場合は、退職しても2年ほど共済組合に加入し続けることができます。これは任意なので、継続してもいいですし、国民健康保険に切り替えても構いません。ちなみに、個人的な経験から言うと、費用的には国民健康保険に加入した方が、毎月千円近くは安くなるような感じがします。任意継続の場合は、会社員時代と変わらない保険料がかかるので、ある程度費用が高いのです。

少しでも費用を抑えたいならば、国民健康保険をお勧めします。ただし、任意継続すれば、共済組合の福利厚生(宿泊施設や娯楽施設などの割引)を引き続き受けることができます。福利厚生を利用したい方は、任意継続もありかもしれません。いずれにせよ、どちらを取るかはよく考えた方が良いでしょう。ただし、決定期限は長くないので、早めにどちらを選ぶか決めなければいけません。

独立開業は保証がないからこそ生命保険も考えよう

独立開業・生命保険

また、独立開業するならば、生命保険の加入も検討すべきでしょう。会社員時代のように、病気や怪我をしても、会社から保証されるわけではありません。今度は、自分の身は自分で守らないといけないので、万が一のためにも、生命保険の加入を検討しておくと良いでしょう。現在、すでに加入している人も、独立開業すると会社員のときとは状況が違うと思うので、保険の見直しを図ることも大切です。