手染めの革製品はあまり売られていないので、どこのお店がいいのか迷うかもしれませんが、手染めの革製品ならば、YUHAKU(ユハク)がオススメです。

フォスキーア技法による手染めの革製品

YUHAKU(ユハク)の手染め革製品

YUHAKU(ユハク)の手染め革製品は見るとわかるのですが、味があるのです。独自のフォスキーア技法を使い、わざと靄(もや)がかったグラデーションを作り出しているのです。これが非常に革製品の奥行きを感じて、高級感があるのです。YUHAKU(ユハク)のサイトはオシャレなので、YUHAKU(ユハク)の長財布サイトからもセンスの良さを感じさせます。こういうのは、非常に大切だと思います。

YUHAKU(ユハク)の色を出す職人

YUHAKU(ユハク)もデザイナー・革職人たちはとにかく色を出すのが素晴らしく美味いです。様々な色を何層にも塗って、独特な色合い・表現を出しています。新品なのに、まるで長く使われているような感じが表現できているのです。熟練の技術のもと、何層にも色を重ねて、芸術性の高いカラーを表現しています。下記の動画は、YUHAKU(ユハク)のフォスキーア技法なのですが、素晴らしく美しい革の色を表現しているので、一見の価値ありです。

しなやかさと柔らかさを持つ素材

しなやか柔らか革製品

YUHAKU(ユハク)の革製品は、イタリア産成牛を使用しているのですが、繊維密度が濃く、しなやかでありながら、柔らかさも持ち軽いのです。なので、革製品なのですが、変にボリュームがなく、細身のスタイルを維持することができているのです。YUHAKU(ユハク)の手染め革製品は、見た目にもこだわり、素材の良い革製品なのです。

YUHAKU(ユハク)の革製品

YUHAKU(ユハク)の製品は、どれもデザイン性が素晴らしく、センスの良さを感じさせかっこいいのです。また、デザイン面だけでなく、内部設計もしっかりされており、スマートでありながら、収納性にも優れており、機能面も良いのです。

こだわりのYUHAKU(ユハク)革素材

YUHAKU(ユハク)の革素材

おそらくYUHAKU(ユハク)の染色技法は、世界でも随一の高いレベルだと思います。高いモノづくり意識を持ち作られており、また革に対してのこだわりも持っています。

YUHAKU(ユハク)品質管理

YUHAKU(ユハク)の品質管理は徹底されていて、ミリ単位の傷も見逃しません。イタリアを中心し世界各国から最高レベルの革を取り寄せ、さらに良い部分のみを使用して革製品を作っているのです。

YUHAKU(ユハク)の手染めチェック

YUHAKU(ユハク)は、手染めした後も、上記のようにわずかな傷も見逃さず、傷をさけて良い部分だけ銀ペンでマーキングして製品を作ってきます。これほど、これほどこだわり持ち作られる革製品は他にないでしょう。なので、半裁からとれるのは、長財布わずか17本分程です。高いクオリティを保つために、徹底した品質管理がされているのです。

このように、YUHAKU(ユハク)の革製品は非常に品質が高いので、手染めの革製品を探している場合はぜひオススメします。サイトもすごくオシャレなのでぜひ見てみるといいと思います。YUHAKU(ユハク)の長財布