レザーブランドYUHAKU(ユハク)の長財布があまりにもオシャレでかっこいいので、思わずご紹介させていただきます。これ男性に挙げたら絶対に喜ぶ財布です。

YUHAKU(ユハク)の長財布がとってもオシャレ

YUHAKU(ユハク)のオシャレな長財布

いろいろなサイトを見ているとわかるのですが、センスの良い商品を売っている会社のサイトはどこもオシャレです。それは、YUHAKU(ユハク)にも当てはまります。YUHAKU(ユハク)のサイトを一目見ただけで、そのハイセンスな感じが伝わってきます。YUHAKU(ユハク)の長財布「あ、このサイトの商品良さそう」っていうのが、見た瞬間に感じるはずです。その感覚は大抵ハズレがなく、YUHAKU(ユハク)も素晴らしい革製の長財布が売られているのがわかります。

スタイリッシュでエレガントな長財布

YUHAKU(ユハク)の財布がかっこいい

もう、この写真からわかると思いますが、YUHAKU(ユハク)の長財布カッコよすぎます。まず、写真の撮り方が良すぎ。相当なカメラマンを使って撮っているのでしょう。バックのコントラストが、なんとも渋さがあり、感性を刺激されまくります。普通ならば、商品がダーク系の色なので、バックの色はホワイト系で明るくしがちですが、背景もダーク色で合わせることで、渋さが増す。

画像に敏感なため、話が逸れてしまいましたが、とにかくセンスを感じさせる商品画像で、多くのひとが惹かれる商品でしょう。パッと見で感じるはずです。

ビスポークで鍛えた感性と技術

YUHAKU(ユハク)注文製品

なぜ、写真からも感じるほど、YUHAKU(ユハク)の長財布に感性を感じるかというと、YUHAKU(ユハク)は、ピスポークで鍛えられ技術が磨かれていたのですね。ビスポークとは、「注文の〜」という意味になります。”been spoken for”から派生されたと言われており、つまり顧客がテーラーとして話をしながら注文を受けていくスタイルで、YUHAKU(ユハク)も顧客から注文を受けるなかで、独自のデザインを確立していったのですね。様々な要望や意見を通して、デザイン面でも機能面でも品質の高い商品ができたのです。

YUHAKUのフォスキーア技法

YUHAKUのフォスキーア技法

YUHAKU(ユハク)の長財布はフォスキーア技法による手染めの長財布なのです。つまり、靄(もや)がかったように見えるように、わざわざ手で染めて色調変化を生ませ、高級感ある風合いを実現しているのです。YUHAKU(ユハク)の長財布は、単なる革財布ではなく、革の見た目・表現にもこだわりを持っているのです。

YUHAKU(ユハク)の長財布は、ラウンドファスナーとも呼ばれる、ファスナー付きの長財布になります。ラウンドファスナーといえば、厚みのある長財布が主流なのですが、YUHAKU(ユハク)の長財布は、ラウンドファスナーでありながら、細身のスタイリッシュなデザインなのです。YUHAKU(ユハク)の長財布は、内部構造から設計されているので、収納性にも優れた細身のシルエットなのです。だから、持ち運びもしやすく、あらゆるシーンで使える長財布になります。

紙幣は50枚ほどは入り、小銭やカード、領収書なども容量があるのでもちろん入ります。金属のYUHAKU(ユハク)ロゴがまた高級感あります。

レディメイドレザーブランド「YUHAKU」

YUHAKU(ユハク)色違いの財布

YUHAKU(ユハク)には色違いの財布があるので、好きな色を選ぶことが可能です。ちなみに、YUHAKU(ユハク)は、2009年に立ち上げた新しいブランドですが、品質がとても良いので人気で評判が高いのです。YUHAKU(ユハク)の革は、イタリア産成牛の肩部分の革を使い、しなやかさと堅牢さを併せ持つ素材で、手染めをすることで深みのある独特な色合いを生み出しているのです。また、繊維が細かく柔らかく、軽いので持ち運びもしやすいのです。YUHAKU(ユハク)の長財布は使い込むほど味わいも出てきます。

このように、YUHAKU(ユハク)の長財布は素材にもこだわり、そのデザイン性、機能性も非常に素晴らしいので、長く使う長財布を探しているならば、YUHAKU(ユハク)の長財布はぜひお勧めします。とにかく商品もサイトもオシャレなので、ぜひ見てみてください。かなり一押しです。YUHAKU(ユハク)の長財布