今回は、マッケイ製法のおすすめな革靴を紹介します。また、マッケイ製法で作られたシューズの特徴についても詳しく見ていきたいと思います。

マッケイ製法とは

マッケイ製法ビジネスシューズ

マッケイ製法(mckayprocess)とは、甲革と中底と表底を一緒に通し縫いする製法になります。比較的簡単なつくりで、スマートな形状かつ軽量なのが、マッケイ製法の特徴です。マッケイ製法で作られた靴のなかを覗くと、中底まわりに縫い糸が見えるので、これによりマッケイ製法で作られたことが確認できます。

グッドイヤーウェルト製法とマッケイ製法の見分け方

マッケイ製法のメリット

マッケイ製法の革靴メリット

マッケイ製法で作られた靴には以下のようなメリットがあります。

ソストな足入れで軽い

マッケイ製法で作られた靴は、靴内部の底から甲にかけて、足を包み込むように仕上げられているため、まるで靴下のような感覚でフィットする靴なのです。また、中物が少ないため、靴の重さも軽いです。

ソールの返りがよく歩きやすい

また、マッケイ製法の靴は、ソールの返りがよく、歩きやすいのです。ソール部分が堅くないので、フィット感があり歩きやすいのです。

スマートな形状でデザインの制約が少ない

マッケイ製法の靴は、他の製法に比べるとシンプルな製法なので、デザイン上の制約がなく、スマートな形状なので、ビジネスでもプライベートでもオシャレに履きこなすことができるのです。セクシーな靴に、マッケイ製法で作られているのが多いです。

マッケイ製法のデメリット

マッケイ製法のデメリット

マッケイ製法にはメリットもありますが、デメリットももちろんあります。

他の製法に比べると耐久性が低い

マッケイ製法は、他の製法に比べると構造上薄く、耐久性が低いのです。そのため、固い地面など長時間歩くのには適していないでしょう。

水に弱く、雨が染み込みやすい

マッケイ製法の縫い方から、雨が染み込みやすいのが難点です。マッケイ製法の靴で、雨の日に歩いていると、雨水が染み込んでくることがよくあります。

ソール交換がしにくい

マッケイ製法では柔らかいインソールを直接縫っているため、ソール交換の回数に制限があるのです。

グッドイヤーウェルト製法との違い

グッドイヤーウェルト製法デメリット

このように、マッケイ製法はデザイン性に優れているのですが、一方で耐久面ではやや難があります。また、マッケイ製法は、よくグッドイヤーウェルト製法と比較されることがあります。

グッドイヤーウェルト製法は、各部位がしっかり縫い合わせられているため、堅牢や安定感があります。また、履き続けることで馴染みが出て、何度でもソール交換が可能です。ただ、グッドイヤーウェルト製法は、マッケイ製法に比べると重く、馴染むまで時間がかかり、値段も高めです。

ですから、頑丈さを取るならグッドイヤーウェルト製法で、デザイン性を重視するならマッケイ製法だと思います。それぞれの使用用途で選ぶと良いでしょう。

マッケイ製法のおすすめな革靴・ビジネスシューズ

YUHAKUマッケイ製法革靴

もし、マッケイ製法の革靴を探しているならば、YUHAKUのマッケイ製法の革靴がオススメです。YUHAKU(ユハク)の長財布

YUHAKU(ユハク)のマッケイ製法革靴

YUHAKU(ユハク)の革靴は、世界各国から最高レベルの牛革を取り寄せていて、そこからYUHAKU(ユハク)の職人が染料を何層にも重ねて、独特な色合いを出しているのです。この靄がかったグラデーションが最大の特徴で、抜群のセンスの良さを表現しています。

YUHAKU(ユハク)のビジネスシューズ

YUHAKU(ユハク)のサイトを見るとわかるのですが、どれもセンスを感じさせる革靴ばかりです。非常にこだわりのある靴ばかりなので、ぜひ一度YUHAKU(ユハク)のサイトを覗いてみてください。YUHAKU(ユハク)の長財布