梅雨など雨が多い時期に本当に困るのが、靴が濡れることです。

普通のシューズを履いていると、雨の日に外を歩くと、ほぼ確実に濡れます。そこで今回は、雨の日でもあまり足を濡らすことなく歩ける靴を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

雨の日に靴から浸透する雨水で足を冷やし、気分が悪く、風邪を引くこともある

雨の日に靴から浸透する雨水で足を冷やし、気分が悪く、風邪を引くこともある

雨の日に、雨水がシューズ内に侵入して、足がグチュグチュする感覚ってなんだか嫌ですよね。

足も冷えますので、風邪を引く原因にもなります。また、雨水による湿気で菌も蔓延しますし、靴がさらに臭くなる可能性もあります。

やはり、雨の日でもなるべく足が濡れないようなシューズを履きたいものです。

抜群に雨水を通す、よくあるシューズ

例えば、上記のような布製のシューズは、雨の日に歩くと抜群に雨水を吸い込みます。こういうカジュアルシューズで、雨の日に出かけてしまうと、シューズの中まで雨水が浸透して、足を濡らしてしまうので注意しましょう。

また、普通のビジネスシューズは、防水加工されていない場合が多いので、なかなか雨水を防ぎ切れず、足まで濡れてしまうことが多いのです。

また、蒸れ防止のために、通気性のあるビジネスシューズを愛用している方もいると思いますが、雨の日に履くと簡単に底面から雨水が侵入して濡れることになります。

一番雨水を避けられるのは長靴だけれども、ビジネスシューズには向かない

やはり、一番雨水を避けられるのは、長靴だと思います。長靴は防水性が高いです。

ただし、ビジネス用に使用するとなると、スーツには合いませんし、女性もオフィス内でシューズをはき替える必要があるでしょう。

また、長靴はゴム製のものが多いので、あまりデザイン性は優れていないのが多いのです。

登山などの防水用シューズならば、ゴアテックス

ただ、登山などアウトドアで使う防水シューズを探しているならば、ゴアテックスシューズがオススメです。

値段は高いですが、防水性は高くトレイルランなどでも使われているので、人気が高い防水用シューズです。

防水用に何気にブーツもオススメ

もし、私服での出勤が可能な方は、雨の日はブーツ着用もオススメです。

実は、ブーツの種類によっては、防水性が優れているブーツもあるのです。

上記のような、ハイカット(足首まで覆われている)で厚底のブーツだと、ある程度雨水をしのぐことができます。

私服出勤が可能な方ならば、こういうブーツならば社内でも履き替えることなく仕事ができるかと思います。

ただし、ブーツを履いても万全なわけではありません。やはり大雨のときなどは、足がやや濡れることもあります。

しかし、普通のシューズに比べたら、ブーツの方が防水性があると思います。長靴以外で防水性の高いシューズを探すならば、ブーツという選択肢もありだと思います。

ブーツでもファスナー付きのは避けた方がいいかも

ただし、ブーツでも内側にファスナーがあるものは、ファスナーから雨水が侵入してくる可能性があるので、ファスナー付きブーツは避けた方がいいかもしれません。

防水用スプレーは万全ではないけれども、使わないよりはいいかも

また、シューズが濡れないように、防水用スプレーを使う方法もあります。

防水用スプレーで水を弾いてくれる効果は期待できますが、絶対に雨水の侵入を防いでくれるわけではありません。防水用スプレーを使っても限界はあります。

ただし、使わないよりも、防水用スプレーを使った方が雨水の侵入を防げる可能性は高くなるでしょう。

ビジネスで使うならば、防水可能のビジネスシューズ

ビジネスで使うならば、上記のような防水加工がされたビジネスシューズを選ぶといいでしょう。

普通のビジネスシューズよりも、防水効果が期待できますし、さらに防水用スプレーを使用すれば、より雨水の侵入を防ぐことができます。

また、よっぽど気になる方は、社内で履き替えるようのビジネスシューズを別に用意するという方法もあります。

傘だけでは雨水を防げない

傘だけでは雨水を防げない

雨が強い日などは、傘だけではなかなか雨水を防ぐことはできません。

特に足元は濡れやすいので、足を雨水から守るためにも、上記のような防水加工がされたシューズを利用するといいでしょう。

足が濡れないか濡れるかだけで、その日の気分や体調も違ってきますので、万全な状態を保つためにも、雨の日の靴選びはとても重要です。