副業を会社員でありながらする

お金がないので眠れない

そもそも副業は会社員でもありなの?ということについて考えたいと思います。まず、てっとり早いのは就業規則を確認することです。そこに副業禁止とあれば、副業を行うことは難しいでしょう。しかし、もし副業に関して特に触れていないのであれば、上層部に確認する、またはこっそり副業をやってみるのも手だと思います。

要は会社はあなたを辞めさせたくないわけです。それなのに、副業で変な収入を得て独立されたら優秀な人材を失うので困るわけですね。もしくは、将来の独立を歓迎する会社もあります。ベンチャー企業が多く存在する今では、そういう会社も少なくないです。会社としては社員が育って欲しいし、自分で稼げるくらいの力をつけて欲しいとも思っています。問題なのは就業規則で禁止している会社ですね。こうなると副業するのは中々厳しいです。しかし、方法がないわけではありません。

副業禁止の会社で副業する方法

官公庁などは特に副業禁止のところが多いでしょう。税金で運営しているため、表立っては中々難しいところもあるかもしれません。ただし、副業してもバレないラインがあります。それが20万円です。この20万円は何かというと、年間20万円以内の収入ならば確定申告をしなくてよいのです。つまり税金として持ってかれる記録がなく、会社にはバレない可能性がかなり高いです。

なので会社にばれないように副業したい会社員は、20万円をラインに副業してみるのもアリだと思います。もっとも20万円まででは大きく稼ぐことはできませんが、それでも稼ぐ力がつくはずです。また、年間20万円稼げるだけでも会社員にしてみたら大きな額ではないでしょうか。大切なのは金額ではなく、稼ぐ力を身につけるということです。力がついてくれば金額は後から大きくなっていきます。

もし副業がしにくい会社員の方は、この20万円をボーダーラインに考えてみましょう。もし稼ぎすぎそうならば、独立するかまた考えればいいわけです。まずは稼ぐことも難しいのでとりあえずはやってみましょう。手始めにポイントサイトでもいいですし、賢威などのアフィリエイトサイトを立ち上げてもいいでしょう。方法はいくらでもあります。まずは会社員として副業をやってみましょう!