今現在、営業職で働いている人も、プログラマーになることは、不可能ではありません。周りは、営業経験しかない人が、プログラマーになるのは難しいとか言ったりしますが、そのようなことは全くないということを覚えておいた方が良いでしょう。

営業職からプログラマーに転職するケースはある

プログラマーに転職するケース

確かに多くはありませんが、営業職からプログラマーに転職するケースはなくはないのです。本気でプログラマーになる気持ちがあるのであれば、転職することは十分に可能です。本人にその意志があるのかないのかで、大きく将来は違ってくるでしょう。結局のところ、周りからあーだこーだ言われて、それに従ってしまう人は、それまでの気持ちしかなかったと言えます。

周りに何を言われようと、気にすることなく、本気でプログラマーを目指すならば、未経験であっても全く関係ないのです。第一、今活躍するどのプログラマーも、最初は未経験から始めたわけです。なので、本気でプログラマーになる気持ちがあるならば、経験があろうとなかろうと気にすることなく、真剣に努力することこそが大切になるでしょう。

営業職を経験したからこそ生きてくるもの

営業職を経験したからこそ生きてくるものがあります。それはコミュニケーション能力だったり、内外問わずの関係構築だったり、気遣いだったりです。これは、内勤で働くプログラマーにも必要な要素です。求められるのは、スキルだけでなく、人間性にもあるのです。プログラミングは一人で行うわけではありません。周りとの協力が必要になる作業です。

なので、プログラマーにも協調性が必要になるわけです。そういう意味でも、営業経験はプログラマーとして活躍する際にも、きっと生きてくることでしょう。これからプログラマーを目指すならば、スクールに通った方が、より早く知識を吸収できると思います。自己投資は惜しむことなく、使った方がいいでしょう。将来、何倍にもなって帰ってきます。

特に異業種から転職するのであれば、やる気がどれだけあるかが肝心です。誰に何を言われようとも、臆することなく、全力で努力することが大切になるでしょう。前を向きながら、頑張っていきましょう!