暑くなる季節になると、脇下の汗やニオイが気になり、制汗スプレーを使う方も多いと思います。

しかし、脇にかける制汗スプレーや脇に塗る(ロールオン)タイプのものは、脇の下が荒れたり、かゆくなったりする原因にもなります。

敏感肌の方は特にデオドラント商品の使用は注意が必要!

敏感肌の方はとくにデオドラント商品の使用は、脇下の肌荒れ原因にもなるので、注意しなければなりません。

デオドラントスプレー(制汗スプレー)には、アルミニウム・カリウム・マンガン・イリジウム・亜鉛・水銀・鉄などが含まれています。このような成分によるアレルギー反応(例えば金属アレルギーなど)を起こしている可能性もあります。

特にアレルギー反応をお持ちの方や、敏感肌の方は、デオドラント商品の利用は注意が必要でしょう。

ロールオンタイプ・スティックタイプも炎症を起こす可能性がある

また、制汗スプレー以外にも、ロールオン・スティックオンタイプを使用する方もいるかもしれませんが、このようなデオドラント商品も汗腺に蓋して汗を抑える効果が期待できるかもしれませんが、逆に老廃物がたまり、炎症やかゆみ、肌の黒ずみの原因をもたらす可能性もあります。

パウダー系のデオドラントは肌を乾燥させてしまうことも

また、パウダー系のデオドラント商品は、パウダーが成分に含まれているので、汗を吸収してくれる効果が期待できますが、逆に肌に必要な水分や油分を失い、肌の乾燥や荒れの原因にもなります。

脇汗が気になり、1日に何度も制汗剤を使用することもあるでしょうが、あまり頻度が多いと肌荒れの原因にもなってしまうのです。

そうは言っても脇汗やニオイ対策をしないわけにはいかない

しかし、デオドラント商品が脇の肌荒れやかゆみの原因になるからといって、何もしないでおくと、脇汗や脇の二オイを放っておくことになってしまいます。

そこで、肌荒れしないためにも、従来のデオドラント商品以外で、何か対策を打つ必要があるでしょう。

脇汗パットを使うのはどうか?

脇の汗が気になる方は、デオドラント商品を使用する代わりに、脇汗パットを使用する方法もあります。

これならば、従来のデオドラント商品よりも、肌荒れしにくいことが考えられます。

しかし、脇汗パットの逆転は、毎回脇汗パットを交換しなければならないことです。また、脇汗パットに汗が染み込むだけで、ニオイを防ぐことはできません。

脇のニオイが気になる方は、脇汗パットの使用だけでは、不十分である可能性が考えられるでしょう。

カミソリで脇毛処理をしている方は、とくに荒れた肌に気をつけたい

カミソリで脇毛処理をしている方は、とくに荒れた肌に気をつけたい

女性の方は、脇毛処理を行うために、カミソリを使用している方もいるでしょう。ただ、カミソリを使用すると、どうしても肌が荒れやすくなります。

荒れている肌にデオドラント商品を使用すると、毛詰まりや痛みを生じさせる原因にもなるので、十分注意しなければなりません。

だからといって保湿クリームは、脇汗にあまり効果がない

しかし、肌荒れが気になるからといって、保湿クリームを塗っても、脇汗や脇臭に効果があるとは思えません。

やはり、単なるクリームではなく、脇汗などに対応した商品が必要になるでしょう。

肌荒れが気になる方は「デオプラスラボプラチナム」がおすすめ!

肌荒れが気になる方は「デオプラスラボプラチナム」がおすすめ!「デオプラスラボプラチナム」

そこで、もしデオドラント商品で肌荒れが気になるならば、「デオプラスラボプラチナム」がオススメです。

「デオプラスラボプラチナム」は、脇の他に、体臭・加齢臭などにも使える商品になります。

「デオプラスラボプラチナム」は、無添加・無着色のデオ・パフュームクリームと言われるもので、肌にも優しく、敏感肌の方でも使える、オールインワンデオドラント商品なのです。

消臭成分「柿タンニン」が40倍配

「デオプラスラボプラチナム」は、消臭成分「柿タンニン」が40倍配合され、海藻/シルク/緑茶エキス/紅茶エキスの力で、ニオイを元からカットしてくれるのです。

「デオプラスラボプラチナム」は、単なる肌に優しいクリームではなく、脇汗消臭効果も期待でき、5種類の天然収れん成分配合で脇汗/脇臭を抑える効果も期待できるのです。

「デオプラスラボプラチナム」は、高品質の日本製なので、安心して使用できます。気になる方は、ぜひチェックしてみるといいでしょう。

「デオプラスラボプラチナム」の公式サイトはこちらになります。「デオプラスラボプラチナム」

「デオプラスラボプラチナム」「デオプラスラボプラチナム」

食生活や健康面もとても大切

また、脇汗や脇臭については、食生活もとても大切です。栄養に偏りがあると、ニオイを発する原因にもなります。なので、バランスの良い食事を心がけましょう。

また、睡眠もしっかりとることが大切です。脇汗をとめることばかりに気をとられるのではなく、日々の生活も健康的に送ることがとても大切です。