キャバクラやスナックなどで働いたひとが転職を考えるとき、水商売で働いたことが不利になるのではないかと思うかもしれません。

水商売からの転職は本当に不利なのか、難しいのか、詳しく見ていきたいと思います。

水商売の経験者は、転職が難しいのか

水商売からの転職は不利なのか

キャバクラ、スナック、クラブなどで働いた経験のある女性は転職が難しいのでしょうか。

仮に水商売の経験が長く、正社員歴が極端に少ない場合、確かに水商売で働くひとを敬遠する企業もあるかもしれません。

しかし、そのような企業ばかりではありません。

今は、企業も様々な経歴を持つ人材を欲しがる傾向にあるので、水商売の経験があるひとでも、十分に転職することは可能です。

水商売の経験が活かせる職業

水商売経験者が活かせられる仕事

水商売という仕事は、肉体的にも精神的にもハードな仕事です。

ですから、普通のひとよりも忍耐力もあり、適応力の高いひとも多いのです。

特に接客経験のある方は、接客業や営業職にも向いていると言われています。

水商売を経験している方が、下記のような職業は、これまでのスキルを活かしやすいとも言われています。

保険などの営業職

水商売から保険営業に転職

営業職は高いコミュニケーション能力がないとできません。

様々なお客さんを相手にする水商売の女性は、高いコミュニケーション能力の持ち主です。

普通の女性よりもはるかに対応力があり、ひとが何を考えているのか、何を思っているのかの察知力がものすごく高いです。

そのようなひとは、相手の立場にたってサービスができる営業職が向いているのです。

たとえば、保険の営業職で良い成績を上げるひとは、水商売出身の人が少なくありません。

現役の水商売で働く女性が保険の営業で稼ぐこともあります。

水商売で売り上げを上げるように、保険でも売り上げを上げるだけなので、営業の対象が変わるだけなので、水商売の経験が活かせやすいのです。

もし、水商売経験のなかで、自分の営業スタイルが確立されているならば、保険会社でも活かせられます。

また、保険会社では人脈があるひとを優遇します。

水商売時代に築き上げた人脈があるならば、きっと保険などの営業にも活かすことができるでしょう。

もし、水商売時代の同僚や顧客に信頼されていれば、そういったひとと契約して紹介を増やしていく営業法もあるのです。

美容関係

水商売から美容関係に転職

水商売経験者ならば、美容関係でも活躍できるでしょう。

たとえば、化粧品・健康食品やサプリメント・美顔器など、こだわりが強い通好みなものこそ売れると思います。

海外のごく一部のマニアで流行っているものをいち早く日本で売るなんていうのもいいでしょう。

元水商売のひとなら、人一倍美容に気を使っているひとが多いので、こだわりある商品が営業しやすく、売れやすいのです。

こだわりある方がセールスポイントにもなります。

たとえば、店頭に並ぶようなものではなく、美容に気を使っているひとにしか売らない、こだわりの美容商品(美顔器など)を扱えば、売りやすいでしょう。

それには、流行の先駆けを行くことになるので、知識だけでなく、見極める目も必要ですが、水商売時代に培ったひとやものを見る目が活かせられるはずです。

エステティシャン・カウンセラー

水商売経験者は美容関係やカウンセラーに向いている

水商売の経験では、お客様の話を聞く能力が養われたはずです。そのような経験はカウンセラーにも向いています。

結婚カウンセラーなど、水商売経験者が多く、仕事的にも合っているのです。

水商売を経験しているひとは、人の話を聞くのがとてもうまいひとが多いです。

そのような能力はカウンセラーとして相談者の声をしっかり聞けるひとなのです。

また、水商売経験者は美に対してのこだわりが強いひとも多く、そのようなこだわりがエステティシャンとしての才能も開花させる場合があります。

やはり、健康関係や美容関係は向いている傾向にあるでしょう。

チャットレディ

チャットレディ

実は、水商売経験者が、チャットレディの仕事で、バリバリ稼ぐケースも少なくありません。

チャットレディは、あくまでネット上で、男性会員の接客をするだけなので、対面での煩わしさもなく、かつ自分の都合に合わせて、自宅で仕事をすることができます。

水商売の仕事を経験している方ならば、接客技術も長けているひとが多いので、チャットレディの仕事でも、稼ぐことが可能なのです。

自分の都合に合わせて、自宅で仕事をしたい方は、チャットレディの仕事にも、注目してみると良いでしょう。

水商売からの転職は早い方がいいのか

水商売からの転職は早い方が良いのか

このように、水商売から転職することは可能であり、十分活かせられる業界はあります。

また、もし転職するならば、なるべく早い方がいいと思います。

転職しようか迷っている時が、転職するチャンスです。

新しい業界に行くならば、なおさら早く転職して経験を積んでいった方がいいでしょう。

働きながらでも転職活動ができる

水商売で働きながらでも転職できる

また、転職活動は働きながらでも可能です。

実際に精力的に動くひとだと、働きながら転職活動をするひともいます。

この方が失業期間を作らなくてよく、すぐに収入源を確保できるのでオススメでもあります。

ただ、体力的に大変なので、自分の状況と照らし合わせてみると良いでしょう。

夜仕事をしながら、昼間に転職活動を行うのは、精神的にも体力的にもきついことはあります。

ただ、水商売のお仕事は、昼間は比較的空いてるので、転職活動しやすいこともあるでしょう。

水商売経験は、職歴に書かない方が良いか

水商売経験を職務経歴に書かない方が良いのか

水商売の経験は、採用担当者によって、マイナスイメージにとられることもあるので、履歴書や職務経歴書に書くかは、難しいところです。

隠すのであれば、ただの接客業や飲食業として書く手もあるでしょう。

あまり言いたくないのであれば、隠すのもありかもしれません。

ただ、水商売の経験者も積極的に採用する企業ならば、あえて隠す必要はないかもしれません。

これについては、応募する業界や会社によって違うでしょう。

また、採用面接のときに、話せそうならば話すという選択もあります。

水商売経験が、次の仕事にも役立つ

水商売経験の方は、接客を経験している方なので、相手の立場で考えられるひとも多いと思います。

いかなる仕事に於いても、相手の立場で考えることは、とても大切なことです。

相手が何を求めているのか、わかることができれば、商売につなげることができます。

なので、水商売の経験は、決してマイナスではなく、次の仕事にも生かすことは、十分可能なのです。

ですから、水商売の仕事をしていたからといって、引け目を感じる必要は全くないでしょう。

水商売の経験者は、接客スキルが高い傾向にある

水商売を経験しているひとは、少なからず、男性客相手に接客をしてきたと思うので、どういう対応をすれば、相手に喜んでもらえるかも熟知しているので、接客スキルが高い傾向あります。

なので、そのスキルがあれば、他業界の接客業やサービス業でも、活かすことができるでしょう。

やはり、接客スキルを欲しがる企業が多いので、転職活動でも有利に働く場合は十分にありえます。

水商売の経験は、決してマイナスではなく、これからの仕事にも十分活かすことができます。

水商売経験を不利に思う必要なし

水商売からの転職を不利に思う必要はない

以上のように水商売からの転職についてお話ししてきました。

水商売という世界は過酷な世界であり、決してマイナスなことばかりではありません。

人を見る目があるひとが多いので、必ずや他の業界でも活かせられることでしょう。

ぜひ前向きに挑戦してほしいものです。

ちなみに、今は水商売経験者に特化した転職サイトもあります。元夜職大歓迎!な会社さんの求人のみをご紹介 :)【昼ジョブ.com】

水商売からの転職に熟知しているので、このようなサイトを使えば、さらに転職しやすくなるでしょうから、ぜひ登録しておくと良いでしょう。

これからさらに良い出会いがあると思うので、自分の経験を活かし、ぜひ頑張ってみると良いです。

元夜職大歓迎!な会社さんの求人のみをご紹介 :)【昼ジョブ.com】元夜職大歓迎!な会社さんの求人のみをご紹介 :)【昼ジョブ.com】