自分の人生なんてこんなものだ、自分の人生を変えることなんてできない、自分は一生このまま貧乏に生きるしかない、と自分の人生を諦めてしまう人はあまりにも多いです。自分の人生は、どうにでも変化させることができます。自分の人生を諦めるべきではありません。

諦めない限り状況は好転する

絶対に諦めてはいけない

自分の人生を諦めてしまっている人は、もう自分の人生が好転しないと思い込んでいます。しかし、人生はいくらでも好転します。人生が改善されないのは、自分が努力していないからです。努力しているつもりでも、本当の意味で努力していないのです。努力して成果を得ている人から見たら、何も成し遂げていないのに努力したと偽ることは、おかしなことなのです。

多くの人は本気になる前に諦める

世の中の多くの人は、物事に対して本気になる前に諦めます。本気で努力しても、願いはかなわないと勝手に思い込んでしまうので、本気で努力しようとしないのです。本気で努力すれば、目標に到達する可能性は高いです。また、たとえ到達できなくとも、それまで頑張ったことは、自分の人生を輝かせます。そして、目標に到達するまで、頑張り続けることが、人生をより豊かにしてくれるのです。

壁にぶち当たっても良い

何度壁にぶち当たっても良い

本気で頑張っていても、壁にぶち当たることは当然あります。でも、壁に当たっても良いのです。壁があり、懸命に頑張るからこそ、自分が成長していきます。挫折を経験することで、さらなる闘争心が芽生えるのです。自分を高めていくためには、壁はなくてはならないものです。難しいことでも、挑戦し続ければ、いつか超えることができます。

困難を感じたときこそチャンス

人生は困難を感じた時こそがチャンスなのです。困難に感じるということは、自分ができないことが見つかったことでもあり、クリアできれば、自己成長させるチャンスです。自分の人生をより良いものにするためには、困難から逃げずに挑戦することが大切なのです。