この記事を読んでいる方は、これから東京に上京して仕事や生活を送る方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、東京に上京する際に気をつけるべきことをお伝えしたいと思います。実際に東京に住んでみて思ったことを記載しているので、ぜひ参考にしてみるといいでしょう。

目次

東京に上京する際に気をつけるべきこと・知っておくべきこと

東京に上京する際に気をつけるべきこと・知っておくべきこと

これから上京を控えている方のために、東京に上京する際に気をつけるべきこと、知っておくべきことについて、下記であげていきますので、早速見てみましょう。

東京はとにかく人が多い

東京はとにかく人が多い

まず、東京はとにかく人が多いです。

地方から上京する人から見たら、「毎日お祭りしてるの?」と思うくらい、東京にはかなりの人が集まります。東京在住の方の他に、地方から遊びに来る方、また海外から東京に旅行しにくる方もいたりするので、かなりの人が東京に集まるのです。

最初は、その人の多さに圧倒されることがあると思います。人混みを見るだけでも、人酔いするかもしれません。

でも、東京で生活するうちに、人の多さも慣れてくるでしょう。むしろ、東京の生活に慣れてしまうと、地元に帰ったときに、人の少なさに寂しさを感じるかもしれません。

満員電車は覚悟しておいた方がいい

満員電車は覚悟しておいた方がいい

東京は人が多いゆえに、電車内もかなり混みます。

特に通勤時間の電車は、車内はかなり込み合います。電車通勤・通学する際は、朝や帰宅時の電車の混み具合は、ある程度覚悟しておいた方がいいでしょう。

車内では読書ができないほど混み合うので、殺伐とした雰囲気もあり、近年では乗客同士のトラブルも出てきています。また、痴漢にあったり、痴漢に間違われたりもするので、満員電車は疲れることが多いです。

車内のドア付近に立っていると、誰かが降りるときに押し出される

電車内が混雑している時に、ドア付近に立っていると、次の駅でドアが開いたときに誰かに押し出されることがあります。

なので、ドア付近に立たないようにするか、もしくは停車したら一度車両から降りて、降りる人に車内から出られるようにスペースを開けてあげると、押し出されることがないでしょう。

駅の出口や改札口、路線がいくつもあり分かりづらい

駅の出口や路線がいくつもあり分かりづらい

また、東京の駅は出口や改札口、路線がいくつもあるので分かりづらいのです。

駅で待ち合わせしようにも、どの改札口に出ればいいのか分からないときがあります。また、乗り換えをしようにも、ホームが大きいとどこへ行けば乗り換えができるのかも、分かりづらいのです。

慣れない大きな駅へ行くと、改札口や乗り換えなどで迷うことが予想されます。

東京の地下鉄の複雑さ

東京の地下鉄の複雑さ

また、東京の地下鉄は、かなり複雑で入り組んでいるため、初めて東京の地下鉄に乗る方は、戸惑う方も少なくないでしょう。

特に23区内の地下鉄は複雑に張り巡らされているので、乗り換えをするにも苦労することがあるでしょう。

エスカレーターは右側を空けておく

エスカレーターは右側を空けておく

関西ではエスカレーターは左側を空けるのが普通かもしれませんが、東京の場合はエスカレーターは右側を空けておきます。関西と関東で逆なので、戸惑う方も少なくないでしょう。

東京の人は歩くスピードが速い

東京の人は歩くスピードが速い

また、東京の人は歩くスピードが速い傾向にあります。

東京の生活がせわしないからか、歩くスピードも速くなるのかもしれません。地方から上京してくるひとは、東京の人の歩く速さに驚かされることでしょう。

人は多いけれども有名人や芸能人に必ずしも会えるわけではない

人は多いけれども有名人や芸能人に必ずしも会えるわけではない

東京は人が多いですが、かといって芸能人や有名人に頻繁に会えるわけではありません。

芸能人や有名人が行く場所は、人目を気にするため限られた場所しかいかず、たとえ東京に住んでいても、一般人はなかなか出会うことがないでしょう。

ただし、ライブやテレビ観覧などは、東京で頻繁に行っているので、そういう場所に行けば、芸能人や有名人に会える可能性も高くなるでしょう。

東京は綺麗な女性が多い

東京は綺麗な女性が多い

やはり、東京は人が多く集まる分、綺麗な女性も多いと思います。

地方にいるよりも、綺麗な女性に出会える確率は高いかもしれません。飲み屋などに行くと、お客さんでも従業員でも綺麗な女性がいることがあります。

東京は土地価格・家賃が高い

東京は土地価格・家賃が高い

そして、東京はとにかく土地代・家賃が高いです。

1Kでも、都心部だと7万以上することもありますし、都心部でちょっとお洒落なワンルームに住もうと思うと、10万円近くすることもあります。

とにかく東京は地価が高いので、地方ではありえないほど、土地代や家賃が高いのです。なので、東京で戸建を持つのは、なかなか大変なことなのです。

駐車場代が地方の家賃レベル

駐車場代が地方の家賃レベル

また、驚くべきことは、東京の駐車場代の高さです。

都心部だと、月極駐車場代が4万円近くすることもあります。地方ならば、家賃代に匹敵するほどの金額が、駐車場代にかかるのです。

なので、東京では車を持たない人が少なくなく、車を維持するのもなかなか大変なのです。

東京は高層ビルが多い

東京は高層ビルが多い

東京はとにかく高層ビルが多いです。

あまりの高層ビルの多さに圧倒されることもあるでしょう。地方では考えられないほど高いビルが立ち並びます。

東京の道は入り組んでいるので運転するのも大変

東京の道は入り組んでいるので運転するのも大変

東京の道は、複雑で入り組んでいるので、運転するのも大変です。

東京の道は狭いところも多く、また一方通行の道も多いです。また、繁華街などでは駐車禁止場所も多くあり、東京の人は車もスピードも出す傾向にあるので、慣れないと危ない思いをすることもあるでしょう。

首都高だと、出口が左右にあるのでわかりずらく、事故も起きやすい高速道路なのです。

東京はバスは前払いが多い・運転区間は短い

東京はバスは前払いが多い

東京でバス利用する際は、前払いが多いです。

また、地方のように何十キロも運転区間があるわけではなく、狭い東京を行き来するので、運転区間は短いです。その分、様々なバス路線があるため、乗り換えを行えば、バスだけでも色々な場所へ行けます。

また、1日乗り放題券などもあるため、観光で東京内を移動したい方にも便利な交通機関なのです。

東京の小学生や中学生は徒歩や電車通学がほとんど

地方だと、小学生中学生でも遠くに学校がある場合は、ヘルメットをかぶり自転車通学するかもしれませんが、東京の場合は近くに学校があるため、歩いて通学することが可能なのです。

高校生でようやく自転車通学する学生も出てきますが、ヘルメット着用義務がないため、地方のようにヘルメットを着けて通学する生徒はほとんど見かけないでしょう。

待ち合わせ場所は、ハチ公やアルタ前ばかりではない

また、地方の方だと「東京の待ち合わせはハチ公前やアルタ前」を想像するかもしれませんが、逆に東京のひとにとっては、そういう定番の待ち合わせ場所は混むので、嫌がる東京人も少なくありません。

なので東京の人は、あえて定番の待ち合わせを避けた場所を指定してくる場合もあります。どこどこのスタバの前やマックの前など、地理感覚がある東京の人は、様々な場所を指定してくるので、様々な待ち合わせ場所に対応できるためにも、東京の地理感覚を持っておいたほうがいいでしょう。

最初は友達がいないことで孤独に感じることも

最初は友達がいないことで孤独に感じることも

地方から上京してきたばかりのころは、友達がいなく孤独に感じることもあるかもしれません。

でも、職場で仲間ができたり、誰かの紹介で飲み仲間ができたり、ネットで何かのイベントに参加してみることで、友達ができると思います。友達がいなく寂しいと感じている方は、アクティブに行動して、友達を探すといいでしょう。

方言を話すのが恥ずかしい

地方の方だと、東京では標準語で話す人が多いため、方言で話すのが恥ずかしいと感じるかもしれません。

人によっては、無理やり方言を隠したり直そうとするかもしれませんが、そうするとますます会話がぎこちなくなってしまいます。方言があったとしても、あまり気にする必要はないと思います。

逆に東京の人からしたら、方言が新鮮に聞こえて、興味を抱いてくれることもあります。方言も一種の個性だと思えば、キャラが際立ち、友達も増えるかもしれません。

また、東京の生活に慣れてくると、標準語での会話も苦なくできるようになると思います。そうなったときに、逆に地方に帰って標準語で話すと、地元の人から怪訝な目で見られる可能性もあるので、注意しましょう。

実家から離れると栄養が偏る場合が多い

実家から離れると栄養が偏る場合が多い

あとは、実家から離れて、東京で一人暮らしをすると、カップラーメンやジャンクフードを食べることが多くなり、栄養が偏りがちです。

なので、食生活には十分注意しながら生活を送るようにしましょう。やはり、体が資本なので、栄養管理や運動不足には十分注意しなければなりません。

風邪など病気になったときに誰も頼りにできない

風邪など病気になったときに誰も頼りにできない

親が近くにいないと、風邪など病気にかかったときに、誰にも頼ることができません。一人で耐えるしかない状態になることもあるでしょう。

ただ、東京の場合は近くに病院や診療所があると思うので、具合が悪くなったら、すぐに診察してもらうことが可能です。

東京はそんなに怖いところではない

東京はそんなに怖いところではない

地方の人からしてみたら、東京は賑やかでなんとなく怖いイメージがあるかもしれませんが、実際には怖いことはありません。

警察署も多く、街を歩いていても、多くの警察官を眼にするため、治安は悪くないと思います。東京に住んでいても、事件に遭遇することはほとんどないでしょう。

むしろ、地方の方が人が少ないために、犯罪リスクもあるのではないかと思います。東京では、人も多いため、何か悪さをすればすぐに捕まる可能性が高いです。

東京だからといって、そんなに治安も悪くなく、怖いところではないのです。

普通に暮らしていれば、騙されることもそうそうない

また、「東京に暮らしていると、悪い人に騙されるのではないか」と思うかもしれませんが、普通に暮らしていれば、そのような悪い人と出会うことはほぼないと思います。

たまに変な宗教やセミナーの勧誘に遭遇するかもしれませんが、そういう勧誘は断ればいいだけです。なので、それほど心配する必要もないでしょう。

東京には数多くのイベントが開催されている

東京には数多くのイベントが開催されている

東京の魅力のひとつに、やはりイベントの多さが挙げられるでしょう。

都内のいたるところで、毎日のようにライブやイベントが行われています。有名アーティストのライブの他にも、異業種交流会、婚活、趣味つながりのオフ会など、様々なイベントが行われているので、東京に住めば、様々なイベントに参加することができるでしょう。

東京は美味しいお店がたくさんある

東京は美味しいお店がたくさんある

また、都内には美味しいお店や、お洒落なお店がたくさんあります。

今は、インスタ映えなどでSNSで評判のお店も多く、休日にそういうお店で気分をリフレッシュさせることもできます。美味しい食べ物やお洒落なお店が好きな方は、東京に住むと色々なお店があるので楽しいと思います。

東京は交通機関が非常に便利

電車が混むことはありますが、東京は交通機関が充実しているので、車を持たずとも都内を簡単に移動することができます。

都内には、バス・電車・地下鉄・タクシーなどがあるため、移動に不自由を感じることがないのです。また、運賃も安いので、交通費を抑えて都内を移動することが可能です。

様々な価値観を持った人たちと出会える

様々な価値観を持った人たちと出会える

東京にいると国籍問わず様々な人が集まるので、様々な価値観を持った人と出会うことができます。

地方だとどうしても閉鎖的な面もあるため、様々な考えを持った人たちとは出会いにくいかもしれませんが、東京ならば色々な人種や考えを持った人たちと出会えるので、良い刺激にもなり、自分の人生観に影響を与えてくれるような出会いをすることもあるのです。

保育園が少なく待機児童問題が起きている

保育園が少なく待機児童問題が起きている

現在、東京は保育園の少なさが問題に上がっています。

今は共働きする夫婦も増えているので、保育園児童も多くなり、保育園の数が足りないのです。なかなか保育園に入れず、待機児童が出ているケースもあります。

今後は保育園も増えて行くでしょうが、人口が多いため、このような問題が起こりやすいのも東京ならではです。

医療施設は充実しているため高齢者には住みやすい面もある

医療施設は充実しているため高齢者には住みやすい面もある

ただ、都内は数多くの病院や診療所など、医療施設は充実しているため、体の不自由な方や高齢者の方にとっては、住みやすい面もあると思います。

都心部ならば、歩いていける病院もあるはずです。健康に何かあったときのことを考えると、東京での生活の方が安心できる面もあるかもしれません。

東京の冬は寒い

東京の冬は寒い

あとは、東京の冬は結構寒いです。

冬場は雪が降ることもあり、またコンクリートジャングルのため、東京の冬は芯から冷えます。実際に、東北の方も東京の冬の方が寒いと言うくらいで、コンクリートから伝わる冷えが、結構堪えるのです。

東京はイルミネーションが綺麗

東京はイルミネーションが綺麗

地方でもイルミネーションは盛んに行われていると思いますが、東京だと至るところでイルミネーションが行われているので、綺麗な夜景をいつでも見ることができます。

特に冬場は、都内各地でイルミネーションが行われているので、イルミネーション巡りをするのも楽しいと思います。

東京の夏は蒸し暑い

東京の夏は蒸し暑い

逆に、東京の夏は、太平洋からの南風で湿気が多く、むしむしした暑さになります。

東京の夏の暑さは、だるくてジメジメしているので、嫌気がさすこともあるでしょう。やはり、東京で過ごしやすい季節は、春と秋だと思います。

世間体の気にする必要のない、程よい距離感がある

世間体の気にする必要のない、程よい距離感がある

地方から上京する方で、東京の良さとしてたまに聞くのが、世間体を気にしなくて良いことです。

地方の場合は、ご近所さんとの関係を大切にすることから、知られたくないことまで近所に知られてしまうこともありますが、東京での生活なら、隣に誰が住んでいるかすら知らないことが多い為、ご近所などへの世間体を気にする必要がありません。

地方暮らしの方は、娘の離婚などが世間体に影響すると考える節がありますが、都内ならば離婚する人はそこら中にいますし、いちいちそのようなことを気にする近所もいないでしょう。

孤独に感じることもあるかもしれませんが、この程よい距離間が心地よいと感じることもあるのです。

なので、ご近所付き合いや世間体に疲れてしまった地方の方こそ、東京の生活が合っているかもしれません。

東京の人は冷たいわけではなく、みんな忙しいだけ

よく「東京の人は冷たい」と揶揄されることがあります。

でも、他人に対して冷たいわけではなく、日々めまぐるしく仕事や生活環境が変わるため、忙しくて自分のことで精一杯なのです。決して、故意に冷たくしているわけではありません。

これだけ東京に人がいると、一人一人と親身になって付き合うのは、不可能に近いことです。なので、どうしてもある程度の距離間を持って接するのは、致し方ないことでしょう。

また、一度仲良くなれば、親しく接してくれるはずです。東京の人だからといって、決して冷たいわけではないですし、東京の人でも元々は地方出身の人もいるわけです。

東京の人が冷たいのではなく、東京では人口が多いため、すべての人と友達になれるわけではないので、一人でいるときはどうしても冷たく感じるのかもしれません。

仲良くなりたいと思ったら、ぜひ自分から話しかけてみましょう!きっとすぐに友達ができるでしょう。

人気の街は家賃が高い

人気の街は家賃が高い

例えば、住みたい街としてあげられる吉祥寺や自由が丘などは、人気のためどうしても家賃が高くなります。

なので、人気の街に住みたい場合は、その街ではなく隣駅の街が狙い目です。例えば、吉祥寺ならば、隣駅の三鷹、西荻窪、井の頭公園あたりの駅が、吉祥寺よりも安く借りれる場合があります。

ですから、人気の街ばかりではなく、その周辺の街にも目を向けてみましょう。

東京には静かな場所もある

また、東京はどこも騒音でうるさいわけではありません。

繁華街は賑やかなので、騒がしいこともあるかもしれませんが、郊外ならば静かなところもあります。騒音が気になるようであれば、都心から少し離れた場所を選ぶといいでしょう。

また、オフィス街でも深夜や土日は人が少なく、静かである場合もあります。

あとは、近所の騒音が心配な方は、木造アパートではなくRC構造のマンションなどを選ぶのもいいでしょう。

物価は何でもかんでも高いわけではなく、安いお店もある

東京だと、物価は何でもかんでも高いと思うかもしれませんが、そういうわけではありません。

東京にも、安いお店はたくさんあります。ですから、お金持ちしか住めない場所ではありません。100均ショップもありますし、地域密着の激安スーパーもあります。

そういう場所を利用すれば、それほどお金がなくても食べることには困らないでしょう。食材を買うときなどは、曜日ごとにセールがあったりするので、地域のスーパーを上手に利用するといいでしょう。

最先端の流行・トレンドを学ぶならば東京が良い

最先端の流行・トレンドを学ぶならば東京が良い

やはり、東京は多くのファッションや情報が集まるので、ファッション以外でも最新の流行やトレンドをいち早くキャッチしやすくなります。

なので、最先端の技術や流行を学びたいならば、東京が環境としてふさわしいでしょう。

東京は高収入を稼げるチャンスがある

東京は高収入を稼げるチャンスがある

また、東京には地方よりも多くの会社があるため、仕事は見つけやすいです。

さらに、大手企業も集まっていて、様々な業界の仕事があるので、地方よりも高収入を稼ぎやすい場合があります。ビジネスチャンスを得たい、お金を稼ぎたいならば、東京でチャレンジしてみるのもいいと思います。

適度に地元に残っている親や兄弟へ連絡を取ってあげると喜ばれる

東京暮らしに慣れると、地元への連絡も途絶えがちになりますが、適度に連絡を取ってあげると喜ばれます。

やはり、親も子供の生活や健康が気になると思うので、時間があるときに、連絡してあげるといいでしょう。

いつでも地元に帰ることはできる

また、東京の生活が嫌になったら、いつでも地元に帰ることができます。

あまり緊張や不安ばかり抱えることなく、ある程度ラフな気持ちで東京に来てみるのもいいでしょう。いつでも帰れると思えば、気負わずに東京に来れるかもしれません。

東京に来たから後戻りできないわけではないので、興味があるならば、とりあえず東京暮らしを始めてみるのもありでしょう。

東京には数多くのチャンスがある

東京には数多くのチャンスがある

東京に行けば、誰しも夢が叶うわけではありませんが、数多くのチャンスがあるのは確かです。

これまで東京暮らしを経験したことがない方は、人生一度きりなので、思い切って上京して東京ライフを経験してみるのもいいと思います。東京で実際に生活してみれば、見えてくるものや新たな考えが生まれるかもしれません。

経験に勝るものはないので、東京暮らしに挑戦してみるのも悪くないと思います。

「TokyoDive」ならば、仕事と住まいが同時に見つかる

「TokyoDive」ならば、仕事と住まいが同時に見つかる「TokyoDive」

ただ、いきなり東京へ上京しようにも、仕事探しや住居探しが大変だと思います。

そういう方こそ、「TokyoDive」がオススメです。「TokyoDive」というサイトを利用すれば、仕事も住まいも同時に見つけることができます。

一人暮らしが寂しいと感じる方は、シェアハウス物件を見つけることもできます。また、通常の1人暮らしで必要な、敷金・礼金・仲介手数料などが一切かからないので、30~60万円程度の初期費用を抑えることができます。

家具・家電付きの物件もあるので、わざわざ時間やお金をかけて、家具や家電を揃える必要もありません。また、条件によっては、毎月家賃補助が出る仕事もあるため、さらに東京暮らしがしやすくなるでしょう。

「TokyoDive」を運営する株式会社アプリは、厚生労働省から人材派遣事業と有料職業紹介事業の認可を受けている企業なので、信頼して利用することができます。

東京への上京を考えている方は、簡単に無料登録できるので、「TokyoDive」を利用してみることをオススメします!

「TokyoDive」の無料登録はこちらからできます。「TokyoDive」

「TokyoDive」