WEBデザイナー(IT系)が転職を考える理由

WEBデザイナーの転職理由

WEBデザイナーは転職の多い業界として知られています。一般的な業界であれば、長く一つの会社で続けた方が良いかもしれませんが、IT業界、WEBデザイナーという仕事は、必ずしも一つの会社だけで長く働くことが良いこととは、限りません。さて、WEBデザイナーの人たちは、なぜ転職するのでしょうか。その転職理由を見ていきたいと思います。

webデザイナー転職するwebデザイナーに転職する

WEBデザイナー転職理由!年収をアップさせたいから

まず、一番最初に挙げられる、WEBデザイナーの転職理由が給与面になります。WEBデザイナーと聞くと、デザインをする人ということで、聞こえが良く、カッコ良いイメージがしますが、実は給料はさほど高くありません。一般的なWEBデザイナーの収入は、平均して年収が300万円前後だと思います。会社で活躍するWEBデザイナーでも、このくらいの収入です。ちょっと良い会社で違う業種で働けば、すぐに超えてしまう年収ではないでしょうか。しかも、この年収は、WEBデザイナーとしては良い方かもしれません。実際には、もっと低い年収でWEBデザイナーとして働く人も少なくないのです。このように、WEBデザイナーという仕事は、決して高給取りの仕事ではなく、非常に厳しい給与体系とも言えるかもしれません。なので、自分が培ってきたスキルを活かして、少しでも年収が高いところで働くために、転職を考えたりします。

webデザイナー 転職理由!労働環境(ワークバランス)を整えたいから

WEBデザイナーは激務を伴う仕事です。仕事は、休暇がないと、しっかり休息できず本来の力を発揮できません。しかし、WEBデザイナーは納期に追われたりするので、終電まで働くこともありますし、間に合わないと徹夜して働くこともあります。当然、休日出勤することもあるので、相当忙しく休みがない仕事と言えます。あまりにも過酷言ゆえ、WEBデザイナーは労働環境を変えるために、転職を考えることもあります。しっかりと休める職場が、やはりデザインをする上でも大切になります。

webデザイナー 転職理由!スキルアップしたいから

WEBデザイナーは、だいたい3年周期で転職する人が多いです。なぜ、3年周期で転職するのかというと、新たなアイディアや知識を呼び込むためです。3年も同じ仕事をしていると、デザインに偏りが生じてきます。常に流行をキャッチしてデザインしていくためには、自分自身も一新させなくてはなりません。自分の環境を変化させることで、また新しいデザインが生まれます。仕事に慣れすぎないためにも、転職を考えます。

マイナビでwebクリエイターマイナビでwebクリエイター未経験から

また、自分の新たなスキル向上のために、転職も考えます。今の仕事だけでなく、他のクライアントを相手にしたデザインをしたいと考えた時に、転職して別ジャンルのデザインを考えます。このように、他のジャンルのデザインを経験することで、自身のスキルアップにもつながります。意識が高いWEBデザイナーは現状に満足することなく、行動していきます。

webデザイナー 転職理由!別の分野に携わりたいから

WEBデザイナーとして働くと様々な業務にも興味が出てきます。DTP専門で仕事をしていた人がWEBデザイナーに転職するように、WEBデザイナーだった人が、プログラミングに挑戦することもあります。デザインだけでなく、プログラミングやシステムに携わりたいと考えた時に、転職を選ぶことがあるのです。

未経験からwebデザイナーになれるwebデザイナーになる未経験から

webデザイナー 転職理由!自社開発に携わりたいから

これまで、他社のサイト構築をしてたい人は、自社サイト(自社開発)に携わりたいと考える人もいます。自社開発であれば、厳しい納期は他社制作ほどありません。また、いろいろとチャレンジすることができます。自社開発で、様々な試みをしたい人は転職することがあります。

web未経験者でもデザイナーになれるIT業界未経験からwebデザイナーに

また、これまで末端で仕事を請け負っていた人は、よりクライアントに近い上流工程で仕事をするチャンスにもなります。よりクライアントに近いところで働ければ、クライアントの声を間近で聞くことができます。これは、デザインする上でも貴重な情報になります。なるべく、上流工程で働くことは、WEBデザイナーの醍醐味とも言えるでしょう。

未経験からITエンジニア無料でITエンジニア研修

webデザイナー 転職理由!人間関係がきつい、嫌気がさしたから

WEBデザインというのは、至極抽象的な分野でもあります。なぜなら、デザインの良し悪しは共通ではないからです。誰かが良いと言ったデザインが、必ずしも他で受けるとは限りません。しかし、デザインはクライアントありきなので、顧客の嗜好に合わせる必要があります。そのデザインを制作する時に、チームで動く場合は様々な衝突が生まれます。意見を出し合うのは良いのですが、関係がもつれて派閥や亀裂が生じることも少なくありません。

女性未経験者でもITエンジニアになれる業界未経験者ITエンジニア女性""

また、社長や同僚との板挟みになることもあります。ある意味で、中間管理職のような立場になることもあります。誰が誰のデザインが好きではないとか、この人のスキルはないとか、影で悪口を言ったり、聞いたりすることが少なくありません。そのような人間関係に嫌気がさして転職を考えることもあります。また、社長が自分の考えを聞いてくれない、社長の考えに振り回されるなど、不満を抱いて転職することもあります。

WEBデザイナーが転職を考える理由!まとめ

以上が、WEBデザイナーの転職を考える理由になります。この他にもいろいろあるかもしれませんが、大筋は上記のような理由です。よく転職は良くないという声も聞きますが、WEBデザイナーにとっては、必ずしも当てはまりません。転職することでスキルアップできることも少なくないのです。ただ、人間関係の転職については、一概に言えません。なぜなら、組織に属する以上、それなりの人間関係による板挟みは生じるからです。なので、WEBデザイナーとして転職する場合は、スキルアップや労働改善や給与などに集中して、転職活動を行いましょう!