パワハラに苦しめられても、必死に耐えている人もいるかもしれません。しかし、パワハラに耐えることが本当に得策なのでしょうか。パワハラに耐えるほど、自分を傷つけてしまうことになります。

パワハラに耐えることで自分の精神も体もボロボロにする

パワハラに耐えることは良いのか

パワハラにいつまでも耐えていると、いつか自分の精神をボロボロにしてしまいます。苦痛な状況を無理に耐える必要はありません。実際にパワハラを受けても、耐え続けて、自殺してしまう人もいます。真面目な人ほどパワハラに耐えようとしてしまうのですが、それは自分の心や体を傷つけてしまうだけなのです。

もっと自分らしく生きることが大切

パワハラを受けても、耐えるしかないと考えるかもしれませんが、もっと自分らしく生きることが大切です。人間はみなのびのび生きていいのです。誰からも、自分の人格を否定されたり、暴力や暴言を受ける筋合いはありません。ましてや頑張って仕事をしているのならば、立派な社会人です。それを精神的にも肉体的にも追い込まれるまで、パワハラを受けることはないのです。

パワハラはあってはならない行為です。パワハラを受けたら、すぐにでも専門機関や上層部に相談すべきでしょう。そして、なかなか改善しないようであれば、転職を考えた方が良いです。

貴重な自分の人生を台無しにするのは勿体無いこと

パワハラを受けているならば、すぐに転職すべきです。貴重な自分の人生を台無しにしてしまうのは勿体無いことです。より良い生活を送ることはできるのです。今ある会社が全てだと思わないこと。パワハラをしてくる人は何かと脅したりしてきますが、それにも動じないことです。仕事はいくらでもあります。今は、多くの企業が働き手を必要としているのです。自分らしく働ける場所はいくらでもあることを覚えておきましょう。

せっかくもっと自分らしく働けるのに、奴隷のようにパワハラを受けながら働かされる会社にいるのは、とても勿体無いことです。もっと自分らしく働くためにも転職を考えてみるべきでしょう。

仕事するにも体が資本

体が資本

仕事するにしても体が資本なのです。パワハラに耐えて、体を壊しては意味がありません。自分の体こそ一番大切にしないといけないのです。パワハラを受けているならば、今すぐ転職するなり、状況改善を考えるべきです。でないと、体を壊して、働けなくなる可能性があります。今は、体を壊して思うように働けない人は、驚くほど多いのです。自分もそうならないためにも、パワハラを受けたら、無理して耐えることなく、状況改善を考えていきましょう。