携帯料金を延滞している人は、ブラックリストに登録される可能性があります。ブラックリスト入りすると、キャッシングや銀行ローンが組みずらくなります。

携帯料金の延滞を甘く見てはいけない

携帯料金の延滞を甘く見ないこと

「今月はお金がなくて、携帯料金が払えない」なんてことがあり、携帯料金の延滞をしてしまう可能性があるかもしれません。けれども、携帯料金を延滞してしまうと、ブラックリストとして「個人信用情報」に記録として残り、キャッシングやローン審査が通りずらくなってしまいます。

そうなると、自動車やマイホームを購入するときのローン審査が通らなくて、購入を断念する羽目になる可能性があります。たかが携帯料金、されど携帯料金と甘く見てはいけないのです。たとえ少額の携帯料金の延滞だとしても、いつまでも記録に残り、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。

61日以上携帯料金を延滞するな!

借金・キャッシング - 携帯電話料金延滞

携帯電話を延滞している人は、61日以上延滞しないようにしましょう。61日以上延滞すると、ブラックリストに入る可能性が極めて高いです。逆に、まだ短い期間の延滞ならば、即刻返済しましょう。けれども、延滞したことは事実なので、個人信用情報に残らないとは言い切れません。気になる人は情報管理機関に問い合わせてみると良いでしょう。

携帯代に延滞はしてはいけない

借金・キャッシング

以上のように、携帯代の延滞についてお話ししてきました。携帯料金の延滞をすることで、自動車ローンや住宅ローンが組めなくなる可能性があります。たかが携帯料金代と甘く見るのではなく、延滞しないように注意しましょう。

もし、携帯代が払えないならば、分割やローンを組むなどして、延滞を防ぐことです。延滞することで、キャッシングなどできなくなる可能性がありますので、しっかりと返済期限日までに支払うようにしましょう。