キャバクラや風俗にハマり、多額の借金をしてしまう方も少なくありません。

返済できないほど借金が膨らんでしまった場合はどうすれば良いのか、下記で詳しく見ていきたいと思います。

キャバクラや風俗は一時の快楽でしかない

キャバクラ・風俗は一時の快楽でしかない

まず、肝に銘じてほしいのが、キャバクラや風俗は一時の快楽や幸せでしかないということです。

どんなに快楽や欲望が、キャバクラや風俗で満たされようとも、店を出た瞬間にまた欲望が出てきます。そして、また欲望を満たすために、キャバクラや風俗に通う。

このように、お金で快楽を買うということは終わりがなく、スパイラルに陥るのです。自分で欲望をコントロールできない人ほど、キャバクラや風俗に行くのをやめたくても、なかなか出来ずに通ってしまいます。

これ以上、キャバクラや風俗で借金を増やさないためにも、行かないようにしなければいけません。

欲は他のことで使えば大きなエネルギー源になる

人間の性欲をうまく使う

人間の欲というのは、とても大きなエネルギーを持っています。特に性欲は、凄まじい力があります。あまりにも強力なので、抑えようとしても、抑えきれないのです。性欲が強い人ほど、そのような傾向にあります。

キャバクラや風俗を絶つならば、その性欲を他で使うことです。性欲を仕事に使う、趣味に使う。性欲を単に発散するのではなく、別の形で発散することです。無意味に性欲を発散しても無駄なだけです。もし、強力な性欲を持っているならば、仕事の成果につながるような活動に持って行く。趣味でもいいので何か目標を持って打ち込むなど、のめり込める何かを必死に探して見つけることです。

そうすれば、そちらに夢中になり、キャバクラや風俗に行かなくなります。結局、キャバクラなどに行ってしまうのは、暇だからです。打ち込める何かがあれば、暇もなく、またキャバクラや風俗に通うこと自体が勿体なく感じます。本気で、キャバクラや風俗をやめるならば、別の本気になれる何かを見つけることです。

キャバ嬢や風俗嬢に惚れ込んでも、所詮相手はビジネスとしてしか考えていない

キャバクラや風俗に通い続けると、そこで働く女性に対して恋愛の気持ちを抱くひともいるかもしれません。

しかし、相手の女性はあなたのことをビジネス相手としてしか考えていない女性が殆どです。

ですから、いくら惚れ込んでも、なかなかその思いは実らない事が多いです。

金の切れ目が縁の切れ目というように、金がなければ、その関係は終わってしまうでしょう。

その程度の関係なので、あまりお金をかけ過ぎず、早く目をさますことも大事です。

借金は延滞してはいけない

借金・キャッシング

また、キャバクラや風俗などで膨らんだ借金は延滞しないことです。

延滞してしまうと、延滞料が発生して、さらに支払いが難しくなってしまいます。分割なりして、確実に支払っていく必要があります。

また、返せないからといって消費者金融に借りないようにしましょう。かなりの高い利息が発生して、なかなか元本が返せない状態に陥る可能性があります。借りるならば、銀行やカードローンを利用するようにしましょう。

最終手段は債務整理・自己破産

借金・キャッシング

しかし、どうしても返済できないほど、風俗などで借金が膨らんでしまった場合は、債務整理または自己破産などを検討します。これらを利用すれば、返せる額まで減額することができますし、自己破産すれば、借金は全てチャラになります。

ただ、これらをすると、最低でも5年以上はローンが組めなくなります。ですから、あくまで最終手段として頭に入れておきましょう。どうしても借金返済が不可能であれば、これらも考えておくことです。

いずれにせよ、増えてしまった借金は、返済プランなどをよく考えて返していくことが必要です。また、返済するためには、真面目に働きコツコツ返済していくことが大事なのです。

債務整理や自己破産を考えている方は、こちらの法律事務所に相談してみると良いでしょう。弁護士法人イストワール法律事務所