新型コロナウイルスの影響で、世の中が不況化しており、休業や失業を強いられる方も多くなっています。

新型コロナでお金がない!失業者増加?!

新型コロナでお金がない!失業者増加?!

新型コロナでお金が稼げず、お金がないひとも増えて行くでしょう。

今後益々生活が苦しくなる可能性があります。

生活福祉資金貸付で足りるのか?!

そこで、国は生活福祉資金貸付を発表しました。

特例 貸付金額
緊急小口資金 10万円以内(特別な場合は20万円以内)
総合支援資金 単身世帯 月15万円以内
複数世帯 月20万円以内
※原則として3ヵ月以内

引用:一時的な資金の緊急貸付に関するご案内

上記のように、特例措置で資金貸付を受けることができます。

なので、お金がないひとは、相談してみるといいでしょう。

しかし、このような特例措置だけではお金が足りないひともいると思います。

特に家族を持っているひとは、少ないお金だけでは、生活していくのは大変でしょう。

一時的にお金を借りる

なので、どうしてもお金が必要なひとは、一時的にでもお金を借りるのも選択肢の一つかもしれません。

上記のように、即日お金が借りられるサービスもあります。

特にこのようなときは、お金がなく困るひとも多いでしょう。

一時的にもで借りることを検討してみてもいいかもしれません。

お金を借りしても仕事をすれば、またすぐに返すことができます。

まずは、経済的な安定を得ることも大切です。

セントラルセントラル

すでに借金している

また、すでに借金をしている方は、「司法書士法人杉山事務所」で借金減額・過払い請求の相談をすることもできます。

「司法書士法人杉山事務所」の公式サイトは、こちらになります。「司法書士法人杉山事務所」

すでに借金をしていて苦しい方は、相談をしてみるといいでしょう。

無駄な支出を避ける

いずれにしても、お金がないときは、無駄な支出を避けることです。

お金がないときは、少しでもお金を確保できるように、支出面には注意しましょう。

仕事先を探しておく

また、現在仕事がない方は、今からでも仕事を探しておくことです。

今後は、益々仕事が見つからない可能性もありえます。

お金を稼ぐためにも、リクナビNEXTなどで仕事を探してみるといいでしょう。

仕事でお金を稼げるようになれば、精神的にもだいぶ楽になるはずです。

リクナビNEXTの公式サイトはこちらになります。

リクナビNEXT