老人の面倒を見るのは大変、でもグループホームに入れるお金がない

お金がないのでグループホームに預けられない

祖父や祖母の面倒を見るのは大変ですね。自宅で介護しようとしてもなかなか簡単にはできません。プロの介護士にお願いしてやっと介護ができるレベルです。簡単に介護することはできないのです。では、グループホームに入れるかというと、これまた予算で難しいです。グループホームに入れると年間数百万円が飛んでいきます。一人の老人をグループホームに預けるのは相当なお金が必要なのです。簡単にできることではありません。

お金のない家族は高齢者を見殺しにしてしまうのか

お金がない家族は老人の介護で苦しみます。高齢者は寝起きするのもままならず、家族が助けてあげるしかありません。昔より長生きする分、介護する方も大変です。あまりの介護苦に殺人事件までおきます。しかし、これは他人事ではありません。介護とはそれほどまでに過酷で家族を苦しめるものだからです。あんなにも好きだった親を殺してしまいたいと息子や娘が思ってしまうのです。それが介護の現実です。華やかなことは何もありません。介護では汚い現場があるのです。それを人間が直視するには相当な体力が必要です。

一度役所へ相談しに行こう

お金のない家族は一度役所へ相談しましょう。介護のことで相談するのは恥ずかしいと感じるかもしれません。でも、本気でつらいのが介護なので、真面目に相談しに行きましょう。泣きついてもいいです。泣いてもいいでしょう。本気で助けを求められば、行政も動いてくれます。困る前に役所へ相談するべきです。

世帯分離すれば生活保護が受けられることも

高齢者を世帯分離することも可能です。そうなれば、生活保護がうけやすく、国からの支援もうけやすくなります。本当にお金がない家族は世帯分離を考えましょう。そうすれば、グループホームへの道も開けるかもしれません。

世間体など所詮幻想でしかない

親をグループホームに預けるというと、世間体を気にする人たちがいます。グループホームに預ける人間は冷たい人間だと見られるのを恐れています。しかし、果たして冷たい人間なのでしょうか。グループホームは高齢者が住みやすい最適な施設です。グループホームに老人を預けることで、お互いが幸せに暮らせるかもしれません。これからの人生を考えていきましょう。また、世間体を気にする必要はありません。他人の目なんて一時的です。また、心ない人の言葉は聞かなくていいです。自分のことを大切にしましょう。その選択は間違いではありません。

お金がない人でも借りれる金融機関とは