銀行にお金がない

銀行にお金がない

いざ、銀行口座を見てもお金がないという状況があるかもしれません。いつの間にかお金を使っていて、残高がゼロになっていることもあります。そのような、場合はどうしてもお金が必要ならば、銀行からお金を借りることも考えるでしょう。

銀行でお金が借りれない

しかし、銀行でお金が借りれないこともあるのです。お金がどうしても必要なのに、銀行はお金を貸してくれません。それは、以下のような原因があるからです。

過去に自己破産や債務整理をしている

もし、過去に自己破産や債務整理を行っていた場合は、銀行からお金を借りることができない場合があります。債務整理や自己破産を行なった人は、「信用情報機関」に名前が残ります。つまり、ブラックリストに載ってしまうのです。このブラックリストは金融会社が共有して持っています。なので、どこの銀行で借りようとしても、ブラックリストに載っているため、お金を借りることができないのです。ちなみに、自己破産した場合は最低でも7年は銀行からお金を借りることができないとも言われています。それほど、銀行からお金を借りるのは簡単ではないのです。

住宅ローンなど借金を滞納している

また、住宅ローンなど借金をしていて、ローンの支払いが滞っていると、銀行からお金を借りることができません。銀行はローン滞納記録も持っています。そのような滞納記録が残っていると銀行からお金を借りることができないのです。また、クレジットカードのわずかな支払い滞納も残ります。たとえば、仲間との飲み会をクレジットカードで払い、その支払いをずっと滞納していると、信用情報機関の記録に残ってしまい、銀行からお金を借りることができないのです。なので、銀行からお金を借りようと思ったら、借金の滞納がないか、まずチェックしてみましょう。

銀行以外でお金を借りる方法を探す

もし、銀行でお金を借りれないならば、銀行以外から借入を検討するのもありです。銀行以外ならお金を貸してくれるかもしれません。ただ、中にはヤミ金業者もあるので、高金利でお金を借りないように注意しましょう。もし、お金を借りたいのならば、以下のサイトを検討してみましょう。

お金がない人が借りるなら、こちらの金融会社を参考にしましょう!