新型コロナウイルスの問題で、多くの企業が苦戦を強いられ、仕事を失ったひとも少なくないはず。

今、金を借りることは悪か?

今、金を借りることは悪か?

もちろん、給付金10万円もあるが、それだけでは無職の生活はやっていけない。

仕事もない状態になると、どうしてもお金を借りざるおえない。

お金を借りることは悪いことのように感じるひともいるかもしれませんが、この不足の事態では、本当に悪いことなのでしょうか。

命を取るか、金を取るか

もし、これから無理に仕事をして、仮にコロナにかかってしまったら、あなたは命を落とすかもしれません。

仮に、年齢が若くて、死ぬ確率が低くとも、前例にないことなので、何が起こるかもわかりません。

死に至らなくとも、後遺症が残るかもしれない。

今は、情報が十分ではないので、外に出て安全が保証できるような確実なことは何も言えないのです。

ならば、お金を取るのではなく、家にいて自分の命を守る選択肢も間違いではないでしょう。

あなたが外に出ないことが家族のため、医療のため

また、あなたが外に出ず、感染リスクを抑えることで、同居する家族の危機も免れることができます。

それではなく、あなたが感染しないことで、医療機関の逼迫を抑えることもできます。

医療機関はすでに崩壊状態であり、これ以上混乱させないためにも、ひとりひとりが外出自粛をする必要があるでしょう。

一時的な借金は必ずしも悪いことではない

また、貸付は社会福祉協議会でも、特例で受け付けています。

そちらの貸付ならば、無利子・無担保で利用することもできます。

下記は、利子が高いですが、キャッシングサービスもあります。

生活保護もある

また、それだけではなく、どうしても生活が厳しければ、生活保護も検討することです。

家や車は持てなくなる可能性はありますが、生活保護を受ければ、最低限の生活は続けられます。

今は無理して外で働いても、リスクがあるだけなので、一時的にでも生活保護申請をするのも悪くないと思います。

緊急事態だからこそ、よく考えよう

緊急事態だからこそ、よく考えよう

このような世界的な緊急事態だからこそ、よく考えて行動すべきでしょう。

お金は大切かもしれませんが、それよりも命です。

生きていなければ、いくらお金を稼いだところで何も意味はありません。

今は、生きていくためにも、借金することはある意味でしょうがないことなので、まず生きるために何をすべきか、考えた方がいいでしょう。