パチンコ・スロットでお金がなくなる

パチンコ・スロットでお金がなくなる

パチンコ・スロットに行くことで、多くのお金を失っています。本当にお金がないのに、パチンコ・スロットに行ってしまうのは、ある種の病気です。スロット大好きな人は、間違えた観念を持っているのです。

間違えたスロットの捉え方

パチンコ・スロットに行く人は、勝てると思っていきます。もし、負けても、お金を預けている感覚でしょう。しかし、そのお金はいくら待っても帰ってきません。お金は二度と戻ることなく、常に総額で赤字になります。決して預けているのでなく、お金を失っているのです。

時給換算するとマイナスになっている

考えてほしいのは、時給に換算すること。今までのパチンコ・スロットに興じる時間で総額を割ってみましょう。時給-800円、-900円なんていう数字が出てきます。つまり、一時間ごとに1,000円近く失っているのです。稼ぐはずが、失う単なるギャンブルになります。パチンコ・スロットでは稼げない、確実に資産を減らすのです。

パチンコ・スロットで多くの時間を無駄にしている

パチンコ・スロットで何がもったいないかというと、お金ではなく時間です。もし、毎日1時間パチンコ・スロットしていたら、年間で365時間を失っていることになります。もし、これだけの時間を何かに費やせたら、どんなに違うでしょうか。自分のビジネスや、筋トレ、家族サービスに費やせたら、かなり違う結果になっていたでしょう。実はお金だけでなく、パチンコ・スロットすることで多くの時間を失っているのです。

キャッシングするならこちらがオススメ

違うことに時間を使う必要がある

パチンコ・スロットは儲かるかもしれない。でも実際は多くの人が損をして、時間を無駄にしています。そうではなく、自分の貴重な時間を別のことで使うべきです。時間を使えば使うほど、本当にお金になる、能力が上がるものに集中するべきです。それが、自分の人生を豊かにしてくれます。

転職するならこちらのサイトへ!