フリーランスや個人事業主に言えること、それは毎月の報酬や売り上げの浮き沈みが激しいということです。収入が安定せずに、不安な思いをするフリーランスは少なくありません。

稼げる時もあれば、激しく落ち込む時もある

フリーランスは売り上げの浮き沈みが激しい

フリーランスは稼げるときもあれば、稼げないときもあります。浮き沈みはなかなか激しいものがあるのです。ある月では100万円稼げていたのが、次の月では10万円しか稼げないということもあります。フリーランスはとにかく、売り上げが安定しないので、毎月の収入額に差が出ることがあるのです。

したがって、一年目に稼げても、二年目に稼げるとはわかりません。毎月売り上げ額が違うため、日々金額に感情が左右されることもあるのです。

税金などの心配が尽きない

たとえ、今年が稼げも、次年度は稼げるとは限らないので、税金面での不安があります。前年分の税金額が重くのしかかることもあるのです。必要な生活費が稼げないとさらに不安になり、眠れないこともあるでしょう。フリーランスや個人事業主の仕事はとにかく収入が安定しない仕事でもあるのです。

フリーランスは太い顧客を掴むことが大切

フリーランスは安定した仕事が必要

やはり、フリーランスで活躍するためには、安定した収入が見込める、定期的に仕事をくれるクライアントを見つけることが大切です。定期的な売り上げや報酬が見込めれば、安心感も増すでしょう。それまで、フリーランスの人は開拓していかないといけません。太いお客がつけば、生活もだいぶ楽になるはずです。それまでは苦しい思いをするでしょう。安定して稼ぐためにも、継続して仕事がもらえる顧客を多く持つことが大切になるでしょう。

いかに経費を抑えるかが大切

収入が安定しないうちは、いかに固定経費を抑えるかが大切です。収入が少ないときは、コストカットをしましょう。不必要に経費を膨らましてはいけません。収入は安定しないことを肝に銘じて、大きな支出を出さないことです。

フリーランス向けのサイトを利用して積極的に仕事を取っていく

フリーランス向けサイト

フリーランス向けのサイトが今は多くあるので、そのようなサイトを利用して積極的に仕事を取っていくことです。個人でも、企業から仕事をもらえるチャンスもあるでしょう。フリーランスであまり実績や人脈がないのであれば、まずは実績を作ることが大切です。仕事をしていきながら、実績や人脈を得ていきましょう。そうすれば、さらに稼ぎやすくもなるでしょう。まずは色々動いてみて、人脈を広げていくことが何よりも大切になるでしょう。

報酬に浮き沈みある時こそ、いかに底上げできるかどうかだと思います。それには、行動していくしかありません。少しでも仕事の量を増やして、ベーシックインカムを増やしていくことが大切になるでしょう。