フリーランスで仕事がない状態は結構ヤバイです。

たまにの休みならまだしも、仕事が減ってきているならば、危機感を持った方が良いでしょう。

フリーランスで仕事なし収入なしは精神的にやられる

フリーランスで仕事なし収入なしは精神的にやられる

実際にフリーランスなり、仕事がなく収入もないと結構精神的にもやられます。

食事をしても美味しくなく、夜も寝れない日が続きます。

既存客だけでは、売り上げは落ちていく可能性が高い

既存客ばかりに頼っていると、売り上げが落ちていく可能性が高いです。

既存客もいつ潰れるかわかりません。

既存客ばかりに頼っている場合は、共倒れしてしまう可能性があります。

一度フリーランスになると、会社員には戻れない

一度フリーランスになると、会社員には戻れない

フリーランスとしてやっていくのが難しくても、なかなか会社員には戻れないでしょう。

好きな時間に起きて、好きなときに仕事ができるフリーランスを体験してしまうと、その自由さから、なかなか会社員に戻れないのです。

会社員に戻ると、人間関係など仕事以外で悩まされることがあります。

また、年齢的にも満足いく給料を得るのは難しいかもしれません。

一度フリーランスになると、再度就職するのも大変になります。

仕事がないなら動いた方が良い

仕事がないなら動いた方が良い

フリーランスで仕事がないならば、今のうちから動いていくことです。

自ら動かないことには、なかなか仕事は得られません。

小さな仕事でも取っていく

まずは、小さな仕事でも取っていくことです。

仕事がもらえる知り合いがいないのであれば、クラウドサービスなどを利用して、小さな仕事も取っていくと良いでしょう。

小さな仕事でも、実績を積み上げていくことで、大きな仕事が得られる可能性もあります。

ただし、単価を上げていけるように工夫する

小さな仕事をもらう際も、ずっと小さな仕事ばかりするのではなく、どこかのタイミングで単価を上げられないか、工夫してみることです。

ある程度実績を上げられるようになったら、値段交渉してみるのも良いでしょう。

いつまでも安い仕事をしていると、仕事に忙しいだけで、満足いく収入が得られない可能性があります。

週に数回だけ会社に勤務する

また、フリーサンス向けの求人の中には、週2~3回程度出勤するだけの仕事もあります。

会社勤めしたくないけれども、安定した収入が欲しい方は、そういう求人に応募してみるのも良いでしょう。

また、案件によっては、自宅勤務可能なものもあります。

ポートフォリオを作っておく

ポートフォリオを作っておく

また、営業を行い仕事を取ってくるためにも、仕事がない暇なときこそ、ポートフォリオを作成しておくことです。

ポートフォリオを持っているひとも、古いままのことがあります。

そうすると、十分にスキルをアピールできないので、ポートフォリオは空いてるときこそバージョンアップさせておくことです。

自分の仕事に付加価値をつけていく

自分の仕事に付加価値をつけていく

また、これから仕事を得ていくためにも、自分の仕事に付加価値をつけていくことが大事です。

例えば、デザインができるならば、プログラミングもできると、さらに仕事の幅も広がり、ライバルとの違いを見せることもできます。

これからは、自分の価値を高めていくことも大切です。

現状に甘んじていると地獄を見る

現状に甘んじていると地獄を見る

現状に甘んじ、売り上げが落ちたままにしていると、かなり追い込まれることになります。

最悪の場合は、フリーランスで生活できなくなってしまうでしょう。

そうならないためにも、今からでも行動に起こすことです。

少しでも収入が得られるようになると、精神的にもだいぶ違います。

まずは、小さな仕事でも良いので、探してみることです。

状況を打破するには、自ら動くしかありません。