FXは、普通の専業主婦でも十分稼ぐことができます。

今回はFXについて、詳しく取り上げていきたいと思います。

FXは普通の主婦でも儲かる!

FXは普通の主婦でも儲かる!

FXは「外国為替証拠金取引」といって、投資金額の何十倍ものお金で外国為替の売買ができ、その差額を稼いでいきます。

為替は常に値動きします。

その外国為替の値動きで稼ぐのがFXです。

実はFXは会社員やOL、そして主婦の間でもひそかに人気で稼いでいる主婦もいます。

8億円稼ぐ普通じゃない主婦

実は、都内では8億円FXで稼いだ主婦がいると言われています。

もちろんいきなり8億円稼いだわけではありませんが、コツコツFX投資をしてFXで儲けている主婦もいるのです。

FXは少額で大きな金額を動かせるので、相場にうまく乗れれば、FXで儲かる主婦もいるのです。

アベノミクスで稼ぐFX主婦たち

少し前では、アベノミクスで稼いだ主婦たちがいます。

以前、ドル円は急激な円高で75円まで上がりました。

そこからドル買に参入できた人は大きく儲けることができたでしょう。

歴史的な円高、その背景には主婦たちがFXで稼ぐチャンスがあったのです。

うまく市場に乗れた主婦は、数十万、数百万を稼いでいきました。

大金を失う主婦たち、震え上がる市場

大金を失う主婦たち、震え上がる市場

しかし、その反面で大損した主婦がいるのも事実です。

相場は激しく動きます。

特にドルよりポンドやユーロの方が激しく動く傾向にあります。

なので、ポンドやユーロでFX投資している主婦はうまくいけば儲かりますが、下手をしてかなり損をしている主婦も少なくありません。

リーマンショック・サブプライムローンで主婦が一千万円の損失

ある主婦はサブプライムローン問題で、FXで一千万円損失しました。

マイホーム購入のための頭金であった一千万円をFXで溶かしてしまったのです。

最初は少額でFX取引しているつもりでも、ついつい含み損をカバーしたいがために大金をつぎ込んでしまうものなのです。

この主婦も貯金額全額をFX投資に回してしまい、大きく負けてしまいました。

普通の主婦が大損!イギリスのEU離脱でポンドショック発生

つい最近でもイギリスのEU離脱によるポンドショックが発生しました。

ポンドドルでポンドの価値が急落したのです。

何十円も下がる歴史的な相場でした。ここでも多くの主婦たちがFXの犠牲にあったことでしょう。

スイスフランショック暴落

記憶に新しいスイスフランショックもあります。

突然、フランが大きく値動きし、強制ロストカットされた主婦も少なくないでしょう。

FXではある日突然に相場が大きく動きます。

それは誰にも予想ができません。

一部はわかる人もいるかもしれませんが、時間帯も突然です。

日本時間の深夜に動くこともあれば、朝に値動きが激しくなることもあるのです。

暴落は主婦がFXで儲かるチャンス

暴落は主婦がFXで儲かるチャンス

このようにFXは大きく暴落することもあるのです。

確かに暴落しチャートが逆に動いたら損をします。

けれども、この動きにうまく乗れれば、大きくFXで主婦も儲けることができるのです。

その額はお小遣いなんてものではありません。

普通に生活費を稼ぐこともできます。

FXは外国為替の相場が大きく動くので、恐怖を感じることもあります。

相場に泣く主婦もいるでしょう。

でも、しっかり判断できれば、稼ぐことは主婦にもできるのです。

普通の主婦がFXで最小限の損失で儲かるためには!

普通の主婦がFXで最小限の損失で儲かるためには!

ここで、普通の主婦がFXで稼ぐための方法について、下記で触れていきたいと思います。

運で取引しない、優柔不断にならない、感情的にならない

まず、運で取引しないこと。ギャンブルで取引しないことです。

自分なりの取引ルールを持って、取引を行うことが大切です。

何も考えずに適当にトレードしても、簡単に稼ぐことはできません。

FXはそんなに優しいものではないのです。

しっかり自分のルールを守り、負けても感情的にならないことです。

負けると感情的になりやすいかもしれませんが、FXで儲かるために冷静さを保つことが大切です。

感情に流されると負けてしまう可能性が高いです。

FXでは冷静に保つことが大切なのです。

損失を最小限に抑えるために損きりをする

FXで儲けるためには、損きりのルールを守ることです。

損きりできれば、相場が逆に大きく動いても、最小限の損失で抑えることができます。

いつまでも含み損を抱えたままにしていると、含み損に耐えられなくなり、大損する可能性があります。

そうなる前に、損きりをして、損失を最小限に抑えることが大切です。

金利狙いは必ずしも賢い方法とは言えない

FXは、通貨ペアによっては金利が発生するので、金利狙いで取引するひともいるかもしれません。

しかし、金利狙いは必ずしも良い方法とは言えません。

なぜならば、金利狙いの場合は、たとえ大きな含み損になったとしても、金利のために、含み損を耐えなくてはいけなくなるからです。

持ちこたえられるほどの潤沢な資金があれば良いですが、そうではない場合は、強制ロスカットに遭い、多くの資金を失う可能性もあります。

なので、金利狙いは決して賢い方法とは言えないのです。

最初は少額資金から取引を始めると良い

たとえ負けても大きな損失を生まないために、取引を始めるならば、少額から始めた方が良いでしょう。

稼げる金額にこだわるのではなく、まずは勝てるトレード手法を確立することが先決です。

勝てるようになってから、資金は増やしていけば良いので、まずは負けたときのリスクも考えて、少額資金で取引を始めると良いです。

FXで稼ぐためには、勉強することが大事

FXで稼ぐためには、相場をよく見て、研究することが大事です。

相場の動くパターンがつかめるようになってくれば、FXで稼げる可能性は高くなってくるはずです。

多くのひとは、FXについて何も勉強しないまま始めてしまい、結局負けてしまうのです。

FXで稼ぐためには、相場をよく観察して、よく勉強することが大切です。

FXでの損失は主人に言うべきか、離婚するべきか

また、FXで損失をしたときに、主人に言うべきか、損失額が多い場合は責任を取って、旦那さんと離婚するべきか、悩むひともいるでしょう。

これは額によっても違うでしょう。

数万円、数十万ならまだしも、数百万、数千万となるとさすがに旦那に言おうか考えるのも無理ありません。

ただ、FXで大損したからといって離婚すべきかどうかは考えものです。

なぜなら、夫婦で協力すれば乗り切れることもあるからです。

すぐに離婚とは考えずに冷静に考える必要があるでしょう。

普通の主婦でもFXで儲けることができる!

普通の主婦でもFXで儲けることができる!

FXは損をする可能性もありますが、主婦でも稼ぐチャンスはあります。

儲けるためには、ある程度のリスクは仕方ありません。

資金を失うリスクをかけなくては、FXでは稼ぐことはできません。

ただし、リスクをしっかり把握しておくことが大切です。

いくらまで含み損を耐えられるのか、損きりはいくらになったらすべきか、常に考えながら取引する必要があります。

ちなみに、主婦やママさんがFX投資の勉強をするならば、こちらの教材もおすすめです。

そのようなリスク把握、資金管理は、FXで稼ぐためにも必要なことです。

また、FXをしていると、負けるときもあります。

しかし、ただ負けて終わりではなく、負けからも何かを学び、次の取引に生かしていくことが大事です。

FXで稼ぎたいならば、稼げるようになるまで、決して諦めないことが大切です。