キャバクラ、ガールズバー、ラウンジ、クラブなど、水商売で働く方の中には、お客さんとうまく話せない方もいるでしょう。

でも、大丈夫。

どんなに話せない子でも、お客さんと話せるようになれる方法があります。

水商売の接客でうまく話せない

水商売の接客でうまく話せない

水商売でうまく接客して稼ぎたいのに、うまくお客さんと話せない。

頑張って会話しようとしても、話が噛み合わず、何を話せばいいのかわからない。

そう悩む方も少なくないはず。

水商売でうまく話せるようになるコツ

では、どうすれば会話が苦手な方でも、水商売でうまく話せるようになるのか。

実体験を踏まえて、驚くほど会話がうまくなるコツをお伝えしましょう。

まず無理して話そうとしない

まず、無理して話そうとしないことです。

話が苦手なのに、無理して話そうとして、会話が噛み合わないことがあります。

なので、無理に話そうとしないことです。

とりあえず話を聞いてあげる

ガールズバーアルバイトまずは話を聞く

こちらから強引に話すよりも、まずはお客様の話を聞いてください。

男性客は、自分の話(仕事のこと、自慢話など)をしたがるものです。

特にお酒が入っているので、饒舌にもなりやすく、普段はあまり話さないような男性でも、お酒の力で話し出すこともあります。

そういうときは、無理にあなたから話すのではなく、お客さんの話に耳を傾けましょう。

実は、会話というのは、話すよりも聞く方が大事です。

なぜならば、多くのひとは自分の話をしたがるものなので、聞き役という存在が、とても貴重なのです。

ですから、あなたは無理に話す必要はなく、まずはお客さんの話をよく聞きましょう。

相手の反応を見てリアクションする

また、ただ話を聞くのではなく、例えば相手が自慢話をしたときは、驚き、尊敬の言葉を投げかける。

そうすると、男性は喜ぶことが多いです。

「うんうん」と相槌をするときも、相手のペースの邪魔にならないように、タイミングよく返事します。

つまり、常に相手が喜ぶような返答を心がけること。

こうすることで、相手はもっと話をして、楽しい気分になります。

相手の名前・情報はしっかり覚えておく

相手の名前・情報はしっかり覚えておく

話が苦手な方でも、相手の名前は覚えられるはずです。

初対面の方のお名前は必ず覚えましょう。

覚えるのが苦手な方は、携帯や紙などにメモしておくのです。

そして、どういう話をしたかまで、しっかり記録に残しておきます。

こうすることで、次回会ったときは、相手のお客様を名前で呼ぶことができ、どんな話で盛り上がったかわかれば、次の接客でも楽しませることができるのです。

お客様の趣味、仕事、家庭関係など、何気なく出た情報も、しっかり把握しておきましょう。

「人見知り」もさらけ出す

「人見知り」もさらけ出す

人見知りがある方は、恥ずかしくて、人見知りを隠したがるかもしれません。

しかし、ここはあえて、人見知りもさらけ出すのです。

そうすれば、相手のお客様も、あなたが話し下手なのを理解してくれます。

相手が理解してくれれば、あなたに優しく話しかけてくれるものです。

男性は、女性を守ってあげたいと思うものです。

なので、無理に気を張らずに、見せたくない「人見知り」の部分も、カミングアウトすることで、接客がしやすくなることがあります。

人見知りは、決して悪いことではなく、接客においての一つのアプローチ方法になったりもするのです。

相手への気遣いが大切

ガールズバーバイトは気配りが大切

水商売の接客で大切なのは、上手に会話することよりも、相手への気遣いの方が大事です。

目の前にいるお客さんが楽しんでくれているのか、どういうことに喜びを感じてくれるのか、よく気遣ってみましょう。

そうすることで、あなたの接客の質も上がり、お客様を楽しませることができます。

あなたがどう見られるかよりも、お客様がどう楽しんでくれるのか、意識して接客しましょう。

気配りができるからこそ、質の高いサービスができるのです。

雰囲気を読む

お客さんと何気ない会話をするときも、雰囲気というものがあります。

相手が積極的に話したいひとなのか、それとも静かに飲みたいひとなのか、雰囲気から感じ取ることも大事です。

色々な方に対して接客していると、なんとなく相手が発する雰囲気がわかってきます。

この雰囲気を感じ取ることで、相手の方に合う接客ができるのです。

例えば、静かに飲みたいお客さんに対して、雰囲気を読まずに、うるさくノリだけで接客するのは禁物です。

相手がどのような雰囲気を醸し出しているのか、どういう接客を望んでいそうなのか、よく観察しましょう。

本から学ぶ

本から学ぶ

本当に接客を学ぶならば、本から学ぶのも、とても有効です。

今は、水商売の接客方法に関する書籍が多く出ています。

本を読むことで、実際に水商売で稼いでいる女性から、現場で使える接客テクニックを学ぶことができます。

下記のページでも、おすすめの本を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トークがうまいひとを真似る

あとは、お店には、接客がうまい方がきっといるはずです。

そういう方の接客方法をよく観察して真似てみましょう。

接客がうまいひとは、お客さんに対して、どのように話を進めているのか、どういう切り口で話題を提供しているのか、よく観察してテクニックを盗むのです。

そうすることで、あなたは会話できるようになり、接客スキルも向上していくでしょう。

幅広いジャンルの知識を入れておく

幅広いジャンルの知識を入れておく

お店には、様々なお客さんがいらっしゃいます。

それこそお客様によって、仕事や趣味も違います。

例えば、スポーツが好きな方、ビジネスに詳しい方、賭け事が好きな方など、本当に様々な方がいらっしゃいます。

どのような方が来ても、ある程度会話ができるように、あなたも幅広い知識を身につけておくといいです。

深く知識をつける必要はなく、初心者が知るレベルで構いませんので、浅く広く情報を吸入すると、接客にも役立つでしょう。

水商売で稼ぐ女性は、新聞や雑誌、ネットなどから、幅広く知識を吸収して、接客に生かしています。

仕事の意識を持つ

仕事に慣れないうちは、お客さんの話に興味を持てずに、適当な返事をしてしまう方もいるかもしれません。

しかし、お金をもらうプロの仕事である以上は、プロ意識を持ち、接客することが必要です。

たとえ、本心では興味ない話でも、お客さんが喜ぶためにも、しっかり話を聞き、共感なり返答をしてあげること。

こうやって丁寧に対応することで、あなたの接客スキルは向上して、お客さんからも好かれる存在になるのです。

もし、水商売で稼ぎたいならば、目の前のお客さんを大事にしましょう。

口下手はチャットで改善できる!

口下手はチャットで改善できる!

これは実体験を踏まえて言えることなんだけど、どんなに口下手でも、チャットで改善できます。

私自身もコミュ障で、最初はなかなかお客さんと話しができませんでした。

けれども、ひょんなことから、チャットレディの仕事を始めて、男性とも気軽に話せるようになったんです。

チャットだと、顔を見せなくても、男性とやりとりできるので、気が楽です。

そうやって、少しずつ男性になれていくと、水商売でも仕事ができます。

だから、コミュ障に感じている女の子は、チャットで男性免疫をつけるといいですよ!

経験を積むことが大事

慣れれば接客もできてくる

水商売でうまく話せない方は、まず経験を積むことが大事です。

失敗を恐れる必要はありません。

誰もが最初は初心者であり、失敗はつきものです。

失敗しても前進あるのみで、色々な方の相手をするからこそ、あなたの接客力も磨かれていきます。

うまく接客できないこともあるかもしれませんが、上記でお伝えしたコツも参考に、ぜひ前向きに取り組んでみましょう。