もし、脱サラするのであれば、住宅ローンは真剣に考えた方がいいです。

脱サラしたら住宅ローンを組むのは難しい!

脱サラしたら住宅ローンを組むのは難しい!

何故ならば、脱サラしたらローンが組みにくくなるからです。

脱サラすると、会社員のときのように、固定収入も会社の信頼性もありません。

なので、脱サラすると信用がなくなり、住宅ローンも組みにくくなるので、注意してください。

住宅ローンを組直せ!

また、もし住宅ローンを現在組んでいるならば、今すぐ組み直しを検討してみることです。

もしかすると、住宅ローンの組み直しで、大きく減額できる可能性もあります。

特に高い金利のままの住宅ローンを組んでいる場合は、低金利の住宅ローンにすることで、大きくローン残高を減られる可能性もあります。

そして、住宅ローンを組み直すならば、脱サラ前の、まだ信用力がある会社員のときに行うべきです。

もし、脱サラしてからだと、安定収入や信用力がないため、ローンの組み直しも難しいかもしれません。

後々の融資にも影響してくる

また、あまりに高いローンを組んでしまうと、後々の融資にも影響を及ぼします。

特に脱サラして事業を起こそうとなると、融資を使うことも多くなります。

そこで住宅ローンが高いと、他の融資がおりづらくなる可能性もあるのです。

だからこそ、住宅ローンの組み直しも、脱サラ前にすべきでしょう。

無理のない範囲でローンを組む

また、脱サラをすると、安定収入もなくなるので、無理のない範囲でローンを組むことです。

会社員時代は平気であった住宅ローンであっても、脱サラすると返済が難しくなる可能性があります。

なので、脱サラも考えた住宅ローンを検討することです。

脱サラ後は想像以上に大変です!

脱サラすると、本当に大変です。

安定した収入も仕事もないので、自分で切り開かなくてはなりません。

想像以上に大変なので、脱サラ前に住宅ローンも慎重に検討しましょう!