高血圧持ちの方が生命保険加入を検討する場合は、担当者とよく確認・相談する必要があります。高血圧の程度によっては、生命保険に加入できない場合もありますが、必ずしも加入できないわけではなく、状態によっては加入できる場合もあります。

まずは担当者に相談してみること

生命保険 - 高血圧

高血圧は生命保険・医療保険の保険対象にもなっているので、高血圧持ちの方は、審査で落とされる可能性もあります。しかし、どれくらいの症状だから加入できない、という正確なことは、ここではいうことができません。なぜなら、基準というのは、保険会社によって、それぞれ違うからです。なので、まずは保険の担当者に相談してみることが大切でしょう。

嘘なく、包み隠さず話そう

大切なことは、嘘なく包み隠さず話すことです。高血圧だと保険に加入できないのではないか、という思いから、嘘をついたり、内緒にしたいという、悪い気持ちが働いてしまうかもしれませんが、そのようなことをしても、あとでバレる可能性が高く、結局保険に加入していても、保証してもらえないというケースも出てきます。なので、正直に高血圧のことについて話す必要があるでしょう。保険会社によっては、きちんと審査が行われるので、嘘をつくのはご法度です。

まずは専門家にいち早く相談を

生命保険・医療保険の相談

生命保険や医療保険の相談は、何はともあれ、いち早く専門家にアドバイスを求めることです。ライフプランナーに自分に最適な保険プランはないか、ざっくばらんに相談してみましょう。今は、複数の保険会社を組み合わせて、独自の保険内容を作ることもできます。素人にはなかなかできないことなので、専門家に相談してみましょう。

また、保険は年齢が若いほど、安く加入できるので、いち早く加入を検討することです。高血圧だからといって、必ずしも保険加入できないわけではありません。まずは、気軽に専門家に相談してみましょう。下記でも、オススメの保険に関するサイトを紹介しているので、ぜひ検討してみると良いでしょう。