新型コロナウイルスの影響で、医療で働くひとたちにも、大きな負担がかかっています。

コロナ影響で仕事を辞める看護師も増えている

看護 - 土日休み

実際に、コロナ影響で家族を守るためにも、仕事を辞めている看護師も少なくありません。

ある統計では、新型コロナウイルスの影響で、全体の2割の医療従事者が仕事を辞めているとも言われています。

世間からの差別

また、医療機関で働くひとは、世間から差別を受けているケースも少なくありません。

医療従事者の家族は、周囲から感染リスクがあるように見られたり、人の命を助ける仕事をしているにもかかわらず、世間からの視線は冷たいときがあります。

院内でも意識の違い

また、院内でもコロナ担当とそうでないものでの、意識の違いもあるようです。

特にコロナ問題時は、担当によっても、患者数は増減しているので、忙しいところとそうでないところがあり、医療従事者によっても少なからず意識の違いがあるのです。

心ない職場からの声

また、同じ医療で働く人間からも「忙しくなって良かったな」などと、心ない言葉を浴びせられるケースも出てきており、本当に分かり合えるひとが周囲にいなく、精神的にも負担をきたしてしまう医療従事者もいるでしょう。

押し売りする使命感

そして、世間を見ると、やたらと使命感を押し売りしてくる風潮に、やり場のない悲しみや葛藤を抱く医療従事者も少なくないでしょう。

それでいて、天気が良いと外に出るひとも少なくなく、いつ感染拡大が起きてもおかしくはありません。

このような最前線で働く人間と世間とのギャップで、「なんのために働いているのか」疑問に感じてしまう看護師がいても、不思議ではありません。

エールや歌だけでは、医療の世界は救えない

それでいて、メディアは医療従事者へのエールや励ましの歌ばかり取り上げる傾向にあります。

しかし、励ましだけでは医療の世界は救えないのは、誰から見てもわかることです。

あまりにも少ない手当

さらに危険手当も1日300円という現状も浮き彫りになってきており、リスクを負う医療従事者にとっては、あまりにも報酬が少ないのが現実です。

政府は表面的には医療従事者への報酬倍増を発言していながら、本当に末端の医療従事者にまで、妥協できる報酬が届くのかは疑問です。

事実、コロナの前線で働く看護師の中には、「私たちは所詮ひとつのコマでしかない」という言葉も出てきています。

仕事より家族の命

仕事より家族の命

そのような環境下では、仕事より家族の命を優先するのは当然のことです。

もちろん、最前線で働く医療従事者たちには敬意と感謝を抱かずには入られませんが、だからと言って、仕事を辞めるひとたちを否定する気持ちもありません。

周囲の意見は気にする必要なし

なので、仕事を辞めたいならば、周りの意見や考えなどは気にする必要はないでしょう。

特に国家資格を有する医療従事者ならば、働き口には困らないはずです。

コロナがおさまるまで仕事を休むという選択肢も十分にありえます。

おそらく、医療従事者のいる家族ほど、仕事から離れて欲しいと思っているでしょう。

また、メディアも片方の面だけを流すのではなく、最前線で働く医療従事者のリアルな声にも、耳を傾ける必要があるでしょう。