看護師というと、女性の憧れの仕事ですが、実際は人間関係でドロドロした職場でもあるのです。看護師のドロドロした人間関係について詳しく見ていきましょう。

看護師業界は年下の先輩がつくこともよくある

看護

看護師業界は転職する人も多いわけで、年下の先輩がつくこともよくあります。年下だろうが、気にせず仕事に徹する看護師も多いと思いますが、特に一つの病棟した経験していない年下の先輩看護師こそ、ひがみや妬みがあるものなのです。年上の後輩に対して、何が気に食わないのか、きつく当たる先輩看護師も少なくありません。

狙いをつけた後輩看護師にだけ、厳しく当たりつけたり、罵倒したりといったことも、少なからずあります。そのような先輩看護師には、手下のような看護師がいたりして、いじめてきやすいものです。残念ながら、このようないじめにも近いものは看護師業界でもあります。

年配独身看護師に結婚話をしてはいけない

また、40代を迎える独身看護師女性に対しては結婚話はしてはいけない、という暗黙の了解も中にはあります。そのような独身看護師は、既婚している若い女性看護師を妬む傾向にあり、注意が必要です。嫉妬という言葉には、両方女偏がありますが、女性の嫉妬は怖いものです。ちょっとしたことでも、嫉妬を持たれてしまうことはよくあることなのです。

相手が認めざるおえないほど仕事をする

看護師

ドロドロした人間関係を払拭するためには、相手が自分を認めざるおえないほど、仕事ができるようになることです。たとえ嫌味を言われても、仕事ができるようになれば、文句は言えないはずです。できる人材を組織がほっておくわけはありません。もし、ドロドロした人間関係に悩まされているならば、仕事で見返してやるのも一つの方法です。

また、頑張る姿勢は周りも見ています。辛そうにしていたり、頑張っていると、周りがフォローしてくれるものです。良い同僚ができたら、お互い励ましあって、仕事をするのも良いでしょう。仕事を続けていけば、仲間はできるものです。

嫌味や妬みはずっと続けられるわけではない

覚えておいてほしいのが、今受けている嫌味などは、ずっと続くわけではないということです。これが一生続くわけではありません。必ずどこかで変化が訪れます。人の人生は変わっていくように、仕事や周囲の環境も耐えず変わっていきます。ですから、頑張り続ければ、嫌味や妬みはきっと解消されていくはずです。そして、いつしか自分が上に立つ時がくるでしょう。

なので、今辛くてもまだ頑張れそうならば、このまま続けてみるのも一つの方法です。仕事ができるようになれば、環境はきっと変わるでしょう。ただ、どうしても今の環境、ドロドロした人間関係に馴染めない場合は、転職を考えるのも一つの方法です。職場が変われば、人間関係も変わるでしょう。