30代からの新人看護師

新人看護師の辛さ、仕事を辞めたい!

社会人経験を積み、30代から新人看護師になる人も少なくありません。30代の新人看護師は、周りの同期に比べて、年齢的にも高く、同年代の看護師に追いつくように、覚えなければいけないことも多くあります。

社会人経験がある新人ほど、先輩からの当たりが強い

傾向的にみると、社会人経験がある新人看護師ほど、先輩から強く当たられやすいです。それは、向こうが社会人経験を持っている看護師に対して、ある程度の期待を持っているからかもしれません。もしくは、看護師を長く続けてきた先輩看護師たちのプライドがあるのかもしれません。

不器用で要領が悪い自分に嫌気がさす

どうしても、新人看護師は仕事を覚えるのに時間がかかります。要領の悪さに嫌気がさすこともあるでしょう。しかし、それはしょうがないことです。新人の看護師は、誰もが最初苦戦する時でもあります。誰しもが先輩看護師に迷惑をかけながら、仕事を覚えていくものです。

それに比べて他の同期たちは、先輩も優しく楽しそう

ただ、周りの若い年代の同期を見ていると、先輩は優しく接して楽しそうに見えます。自分だけ厳しく当たられているように感じてしまうのです。そう思うかもしれませんが、他の同期も苦しみながら仕事を覚えているものです。もし、話し相手ができる同期がいた場合は、悩みを打ち明けてみましょう。少しは気分が晴れるかもしれません。

看護師の仕事にもいじめは存在する

これまで、先輩看護師の擁護的な立場で話をしてきましたが、実は看護師業界にもいじめは存在します。いかに、新人看護師を陥れようかと考えている先輩看護師も、残念ながらいるのです。そのような先輩看護師に当たってしまうと、非常に嫌な目に遭います。多くの看護師の前で怒鳴られたり、罵倒されることもあるのです。挨拶してもシカトされたり、嫌味を言われることもあります。このようにする理由は、様々あります。期待の表れからすることもあれば、将来長く働きそうな看護師を辞めさせるために、いじめ続けることもあるのです。看護師の世界は、なかなかダークな業界と言えるでしょう。

先輩たちが怖く、対人恐怖症気味になる

このような仕打ちを先輩看護師から続けられると、対人恐怖症にもなってきます。人の目を見れずに、怖い思いをしながら仕事をしなくてはいけません。常に自信がない状態で仕事をするので、ミスしやすい状況にもなります。先輩看護師は追い込むのが得意なので、簡単に窮地へと新人看護師を追い込んでいきます。

手が震えたり、摂食障害や鬱になり休みがちになる

そのような日々を過ごしていると、新人看護師は手が震えたり、摂食障害や鬱にもなります。ひどい場合だと、病院を休むことになり、退職し、職場復帰できないこともあるのです。それほどまで追い込むのは、本当にふさわしいのか疑問です。誰しもが耐えられる環境ではありませんし、そんな人は稀だからです。単なるいじめに終わってしまうこともあるでしょう。それほど、壮絶ないじめが看護師業界にはあります。

仕事ができなくても、まずは焦らないこと

大事なことは、仕事ができなくても、焦らないことです。誰もが最初は不慣れなので、焦ることはありません。自分のペースでゆっくり覚えていけばいいのです。また、先輩看護師の暴言も気にしないようにしましょう。なかなか難しいことかもしれませんが、全てを真に受けては身が持ちません。あまり意味のない言葉は、聞かなくていいでしょう。

職場から少し離れて考えてみる

仕事に煮詰まってしまった場合は、少し仕事から離れることも大切です。休日に外へ出かけたり、一度、頭をリセットする必要があるでしょう。気分や頭を切り替えれば、また新たに仕事をすることができます。いろいろ言われて悩んでしまった時こそ、仕事を離れて気分をリセットさせましょう。

変なプライドを捨てて、新人として仕事に徹する

大切なことは、変なプライドは捨てることです。たとえ、社会人経験を積んでいたとしても、新人としてなんでも吸収するくらいの気持ちでいましょう。プライドを捨てて開き直れば、どんな環境でも適応できるはずです。誰かに言われて、怖気付いているのは、やはり変な入らないプライドがあるからかもしれません。そんなものは、どこかへすっ飛ばして、スッカラカンの状態で仕事に挑みましょう。プライドを捨てて、なんでもしてやるくらいの気持ちでいくと、案外、ことが進むことが多いです。

社会人経験を積んだナースは、メリットもある

社会人経験を積んでいるのは、メリットになることも忘れてはいけません。人生経験を積んでいると、様々な視野を持つことができるのです。これまでには、感じられなかったことを吸収することは、今後の人生にも生きていきます。学生から看護師に上がった人にはない、考え方ができるのです。これは、必ず看護業界でも生かすことができます。プライドは捨てつつも、社会人の経験を随所に生かしていきましょう。

死にたいとか考えるより、なぜ社会人辞めてまで看護師を目指したのか思い出す

あまりにも看護師の仕事が辛いと、最悪の状況の場合、死にたいとか、怪我して勤務できなくなりたいとか考えるようになります。そのような状況は、かなり追い詰められている時です。しかし、この辛い時を越えれば、光は見えてきます。苦しみ耐えた後にこそ、得られるものは大きいのです。そして、人生を豊かにもしてくれます。どうしても超えなければいけない壁があります。今は、その大切な時であるということを忘れずにいましょう。そして、どうして社会人を辞めてまで、看護師になったのかを思い出してみましょう。きっと、自分を動かした理由があるはずです。もう一度思い出してみましょう。そして、立ち止まってもいいので、動き続けましょう。きっと未来が見えてくるはずです。

看護師専門の転職サイト一覧はこちら!