夢にまで見ていた看護師の仕事。しかし、実際に看護師として仕事をすると、いかにきつい仕事であるかがよくわかります。

鳴り止まないナースコール

看護 - ナースコールに悩まされる日々

看護師の仕事をして驚かされるのが、ナースコールの多さです。異様なまでの数のナースコールが1日のうちに鳴り響きます。看護師は休むことなく、ナースコールの対応に追われてしまいます。仕事中は休まることがありません。ナースコール以外にも急患が出たりと、常に対応に追われることになるのです。

先輩からの厳しい指導

命に関わる仕事なので、どうしても先輩も厳しく指導してしまいがちです。「看護師に向いてないんじゃないの?」など厳しい言葉を言われることも少なくありません。新人看護師時代は特に先輩看護師から厳しいことを言われて、傷ついたり、トラウマになってしまったりするものです。しかし、生命に関わる仕事なので、ついつい先輩も口調が厳しくなってしまうのでしょう。

休みが不規則になりがち

看護 - 不規則な休み

また、看護師は休みが不規則になりがちです。土日に休めない日も多いでしょう。シフト制となり、休みが一般職の友達となかなか合わないということもあります。休みがあっても時間を持て余すだけで、なかなかリフレッシュできないということもあるのです。

勉強しなければいけないことがたくさんある

また、看護師は働き始めてからこそ、覚えることが多く、日々勉強しないといけません。医療も日々進歩していくため、自分自身も時代に適応できなくてはいけないのです。社会人となってからも、勉強することは多くなるでしょう。

汚い作業が伴う仕事でもある

また、患者さんの排泄の面倒を見なくてはいけないことも出てきます。看護師は外からみれば、清楚なイメージを持たれるかもしれませんが、実際には汚い臭い部分も対応しなければいけない大変な仕事です。

病菌の巣で働かなくてはいけない

看護師

看護師が働く病院は、いろんな患者が来る、いわば病原菌の巣のような環境でもあります。患者はもちろん、自分の健康にも気を使わないといけません。看護師は常に過酷な環境で働くことになるのです。

夜勤が精神的肉体的な負担をかける

また、看護師は夜勤で働くこともあります。夜勤は精神的にも肉体的にも大きな負担をかけるものです。夜勤慣れしていない看護師は、なかなか大変な日々を送ることになるでしょう。

先輩看護師からのいじめがひどい

看護師 - 先輩看護師からのいじめ

また、看護師のなかには、先輩看護師からのいじめや嫌がらせに悩まされている人も少なくありません。本人のためを思っての指導ならまだしも、単なる八つ当たりや、責任転嫁などで先輩看護師から攻撃される人は、相当苦しい思いをするでしょう。理不尽なことにも耐えさせられる環境は、心身すり減らすことになります。いつまでも耐えて、精神や体を壊さないためにも、転職を真剣に考えるべきかもしれません。

転職すれば地獄の環境から大きく変わることもある

看護師

今の環境が本当に地獄で耐えられない場合は、転職することで、環境を大きく変えられる可能性もあります。今の状況が全てとは思わないことです。1年続けるのも厳しい状況の場合は、転職を考えた方が良いかもしれません。看護師の需要は今後もまだまだあるので、転職に困ることはそれほどないでしょう。転職すれば、年収がアップする可能性は十分にありますし、人間関係が改善される可能性もあります。

現状、休みずらかったり、人間関係に苦しんでいて地獄のような日々を過ごしている看護師は、自分のためにも、転職を検討するべきでしょう。