看護師の仕事で年収800万円を目指す!

看護師年収800万円を目指す!

看護師をしている人の中には、もっと収入を得たいと思う人も少なくないでしょう。看護師という仕事は、夜勤もあり、ハードワークですし、中小企業より多く年収があると言っても、さらにもらいたいと思う看護師も少なくありません。そして、度々、看護師の目標年収として出てくるのが、800万円なのです。看護師の平均年収は、およそ480万円から500万円と言われている中、800万円という年収は、看護師業界でかなりの収入です。800万円くらいになると、医者レベルの年収になり、400万円代の看護師もいるので、そのような看護師で考えると、2倍の働きをしないと追いつけない年収です。それくらい、年収800万円得るのは、看護師では難しいのです。では、実際にどのような看護師が年収800万円を狙えるのか見てみましょう。

年収800万円以上の看護師とは?

年収800万円を狙えるのは、ズバリ師長や部長クラスの看護師です。これくらいの役職につく看護師だと狙えます。逆に言うと、これくらい活躍している看護師でないと狙えないのです。看護師の年収は大体600万円くらいが頭打ちではないでしょうか。500〜600万円が看護師として多い方の収入だと思います。なので、800万円という収入は、相当得ている方なのです。しかも、先ほどにもあげた、師長や部長クラスの看護師でも、年収600〜700万円が相場だったりしますので、やはり800万円というのは、かなりの大台なのです。では、普通の看護師が年収800万円を目指すには、どうすればいいのでしょうか。

認定看護管理者の資格取得を目指す!

一つは、認定看護管理者の資格を取得することです。この資格は、いわば看護師を管理する、リーダー的な人に与えられる資格になります。実際に、師長クラスの多くの人が取得している資格です。やはり、年収800万円を目指すには、普通の看護師よりも上に立ち、管理職的な立場で働く必要があります。チームをまとめられる看護師が、貴重な看護師であり、収入を高くなる傾向にあるのです。なので、将来的に年収800万円を目指す看護師ならば、認定看護管理者の資格取得を目指しましょう!

看護師として働く病院を選ぶ必要あり

また、看護師が年収800万円を目指すならば、勤務先の病院選びも大切です。なぜなら、やはり地方よりも都心の方が、年収が高い傾向にあるからです。なので、高い年収を目指すならば、都心の大きな病院で働くようにしましょう。そのような病院ならば、資金も他の病院より潤沢にあり、人件費に当てられています。また、大きな病院で、師長や部長看護師クラスになることも大切です。このような役職に行くまで、相当の時間がかかるので、高収入を目指すならば、早いうちから、都心の大きな病院で働くのを目指した方がいいでしょう。もっとも、看護師はお金だけではないかもしれませんが、やはり皆、人間なので、収入が高いとモチベーションにもつながるはずです。年収800万円を目指すならば、勤務先も吟味していきましょう!

高収入を得られる看護師求人の一覧はこちら!